相互RSS募集中です

楽韓さん、本日の動向 - 新店開拓がうまく行くこともある

カテゴリ:管理人の独言 コメント:(4)
【PR】Amazon Music Unlimitedが3ヶ月無料のキャンペーン中!

 「お、マジか」って感想と「あ、これが狙いだったのか」ってなった記事をひとつ。
 上場廃止になる東芝とロームがパワー半導体で提携。

東芝とローム、パワー半導体共同生産 国が1200億円補助(日経新聞)

 日本全体ではパワー半導体のシェアがそれなりにあるのですが、ひとつひとつのシェアが小さいんですよね。
 業界再編は必須なのですが、ロームが東芝にけっこうでっかく出資してたのはこの辺を見据えてだったのか。ガッテンガッテン。
 個人的にはもう一歩進んでほしいかなーとも思います。  

ーーーーー

KADOKAWA 33円セール対象タイトル一覧
芳文社50%還元セール対象タイトル一覧
マッグガーデン50%ポイント還元セール対象タイトル一覧
文藝春秋50%ポイント還元セール対象タイトル一覧
白泉社50%ポイント還元セール対象タイトル一覧

 Kindleセールから何冊かピックアップしましょう。
 朝日新書のほったらかし投資術が対象でした。これ読んでおいてもよいと思います。
 あと山崎元氏の著書である難しいことはわかりませんが、お金の増やし方を教えてください!がアップデートされて新NISAにも対応したバージョンで新装刊。こちらは出たばかりなのでセール対象ではありませんが、投資未経験者には超おすすめです。

全面改訂 第3版 ほったらかし投資術 (朝日新書)
水瀬 ケンイチ
朝日新聞出版
2022-03-11



 KADOKAWAの33円セールではそらのおとしものが10巻まで33円。プランダラと同じ作者ですね。



   白泉社のセールからはナナとカオル、外伝的なBlackLabel、続編のLast Yearのすべてが対象。
 学生SMもの。カオルはいいヤツだよ……。





 マッグガーデンのセールからは転生貴族の異世界冒険録。これでほぼネタ切れかな。
 お気楽極楽ハーレムもの。それでも10巻まで出てるんだから、それなりには面白いです。



 中公新書からはベストセラーにもなった応仁の乱。オープンレターのいちゃもんに完全に勝利してテニュアを取り戻した呉座先生の著作です。
 もう一冊は前にもちょっと紹介した日本インテリジェンス史。内調や公安といった組織の由来と現在までの系譜がざっくりと理解できます。この面でも安倍総理になってから進歩を遂げていたのだなぁ……。

応仁の乱 戦国時代を生んだ大乱 (中公新書)
呉座勇一
中央公論新社
2018-06-08



 東洋経済新報社からは新しい世界の資源地図。エネルギーの偏在場所とそれぞれの国のやりかたを描いています。エネルギーから見る地政学、といったところ。
 ロシアのウクライナ侵攻とヨーロッパの(当初の)弱腰な対応を予言しているかのような部分もあって一読の価値がある本だと思います。高いけど。

新しい世界の資源地図―エネルギー・気候変動・国家の衝突
ダニエル・ヤーギン
東洋経済新報社
2022-01-28


【PR】通勤途中に本を聞こう! Amazon Audibleが2ヶ月無料のキャンペーン実施中です

 横浜まで足を伸ばす用があったのでついでに関内の南インド料理店 bondhi senaに。
 マトンチュッカバルバルとベジタブルミールス。

IMG_7495.jpegIMG_7498.jpeg

 現地のテイストをうまく活かしながら、日本人向けに若干のチューンをしているって感じのお店。
 サンバールが特濃で「カレー感」を出していますね。ポリヤルや野菜のカレーもかなりおいしかった。味強め。
 ついでがあったらまた来たいなぁ。近くにスリランカ料理店もあって、そこも気になる。

 今日のKindle日替りセールからのピックアップこちら。
 おっと、シンシアリーさんの新刊がワンコインに。


この記事へのコメント

  • Nanashi has No Name 2023年12月08日 09:59

    半年ほど前にJSRを産業革新機構が買収していて
    国主導で半導体材料メーカーの業界再編が始まってましたが
    今度はパワー半導体というわけですか
  • Nanashi has No Name 2023年12月08日 11:42

    関内の南インド店初めて知った。あそこらへんは主に官庁勤めの人が行くんやろなあ。なかなか行かないとこだ。
  • 2023年12月08日 12:06

    呉座氏は災難でしたが、攻撃的なとこのある人だから、また巻き込まれるかも。
  • Nanashi has No Name 2023年12月09日 10:17

    転生貴族の異世界冒険録は、異世界のんびり農家の宮廷版って感じですね。主人公がチートなのと女性にモテモテなところが。