相互RSS募集中です

カテゴリ:サッカーの記事一覧

韓国メディア「U-20W杯で準優勝したU-23韓国代表が日本に屈辱的な惨敗をした……なにが間違っていたのか」

韓国サッカーの屈辱はもうダメです(スポータルコリア・朝鮮語)
韓国U-23以下男子サッカー代表チームが12日2022 AFC(アジアサッカー連盟)、アジアンカップの日本との8強戦(ウズベキスタン・タシュケント)で0-3で惨敗を喫した。 実に屈辱的な敗北に過ぎた2日ブラジルを相手にした評価戦で1-5を受けたベントゥ号に続き、韓国サッカーのもう一つの惨事といえる。 しかし、今回の黄善洪(ファン・ソンホン)号の惨事がもっと衝撃的なのは、彼らが韓国サッカーの未来を担う主役たちという事実だ。 (中略)

韓国サッカーが「じゃんけん」ですらも負けてはならないという日本に、それもU-23ですらないU-21のチームに翻弄され、歴史に残る恥辱の敗北を喫したという事実は実に韓国サッカーに示唆するところが大きい。 (中略)

日本は韓国よりおそらく一歩リードしていると見られる。そしてその結果がついにファン・ソン号に恥辱的な惨敗を強いたと見て差し支えない。
(引用ここまで)


 いまだにU-23 アジアカップでU-21日本代表に惨敗したことが尾を引いているようで。
 どうも韓国国内では「U-20ワールドカップで準優勝した韓国のこの世代は世界最強になり得る」くらいの意識があったっぽいのですよ。
 韓国サッカーの未来は順風満帆だと。
 特にU-20ワールドカップで最優秀選手になったイ・ガンインがいる、ということで。

 その幻想が今回のU-23アジアカップで木っ端微塵に砕けた、という感じ。
 世代別の大会だと、時としてジャイアントキリングが起きがちですし、早熟な人種のほうが有利。
 U-17ワールドカップとかアフリカ大陸からの代表チームが勝つことが多いし、U-20でも3位くらいに来ることが多い。U-23になるオリンピックになるとそうでもないんですけどね。

 イ・ガンインの成長曲線が期待したように描けていない、というニュースもありました。

イ・ガンインの不運… 後退する韓国サッカーの未来(プレビュージャーナル・朝鮮語)

 去年のA代表との親善試合に続いてイ・ガンインが日本に通用しなかった、ということもけっこうなショックだったようですね。


 イ・ガンインはそこそこよいプレイヤーだと思いますが、メッシでもネイマールでもないっていうだけの話なのですけどね。
 これはソン・フンミンについてもいえますが。

 んで、9月のAマッチデーで日本代表はヨーロッパでアメリカ代表の親善試合が決まったことについても「日本と韓国の状況が違いすぎる」と焦っているようです。
 というか9月はUEFAネーションズリーグがあってヨーロッパの強豪国との試合は難しい。アフリカネイションズカップ予選もあってアフリカともできない。
 というわけで日本がアメリカ代表との試合を組めたのは、なかなかのヒットでしたね。

足速い日本、9月ヨーロッパで米国と評価戦確定… カタールワールドカップでのコントラスト(ニュース1・朝鮮語)

 韓国代表は韓国国内で2試合をこなす予定とのこと。
 ただし、対戦相手は未定。ゆったりしてますねー。

 20年前のワールドカップでなにがあったかという特集記事が組まれたことで、多くの国々で記憶がリフレッシュされたっていうのもあるかもしれませんね。

Twitterで更新情報をお伝えしています。フォローよろしくお願いします。→

日韓ワールドカップ20周年で語られる思い出→イギリス人記者「日本は最高だった!」→イタリア・スペイン「……いや」

カテゴリ:サッカー コメント:(107)
Al Ghandour, 20 años después: "Lo mantengo, hice un arbitraje excelente"(MARCA・スペイン語)
2002 韓日ワールドカップスペイン展主審、誤審議論に「私の判定は素晴らしかった」(スポーツ京郷・朝鮮語)
6月22日で20年になる。ホセ・アントニオ・カマーチョが監督を務めたスペインが、日韓ワールドカップでベスト4にわずかに届かなかったことで、ここでは怒りと共に記憶されている20年。
(引用ここまで)

2002年6月22日。韓日ワールドカップ8強に上がった韓国が勝負次期の終わりに5-3(正規時間0-0)で「無敵艦隊」スペインに勝利し、アジア諸国では初めてワールドカップ4強進出の歴史を書いた日だ。しかしワールドカップの歴史は韓国のスペイン戦勝利を誤審の歴史として記憶する部分が少なくない。 (中略)

誤審議論の代表的な場面は延長序盤に出てきたフェルナンド・モリエンテスのヘディングゴールだ。主審はその前に右側面を掘ったホアキン・サンチェスのクロスの時ラインを抜け出したと判定してゴールをキャンセルした。リプレイシーンを見れば議論の余地があるのは事実だ。韓日ワールドカップ16強韓国-イタリア戦と共にこの試合を歴代級誤審に挙げるメディアも少なくない。

ガンドゥルは「状況を見ると、そんなシーンはただひとつだけだった」とし、「線審が間違って見た状況であり、私のせいではない」と説明した。判定のためでなくても数多くのチャンスを生かせなかったスペインが勝利する資格がないともした。ガンダルは「スペインは韓国戦敗北の原因で私を責めることはできない。明らかに試合でゴールを決める機会があって、PK戦になる前にでも勝利できた」と釈明した。
(引用ここまで)


 イタリアが「20年前のワールドカップでモレノのレフェリングは無茶苦茶だった」とする記事を掲載するのであれば。
 スペインも同様に主張するでしょう。……そりゃするわな。

 当時の審判であったガマル・ガンドゥールに、スペインのスポーツ紙であるマルカがインタビューしています。
 で、「当時、VARがあればスペインが準決勝に進んでいたでしょう」って言ってしまうっていう。
 なんだかな。
 いや、本当に120分間、スペイン代表はなにをしても認められないっていう地獄でした。
 「歴史的な強盗」って書かれても当然ですわ。


 スペインでもイタリアでも日韓ワールドカップは怒りに彩られたものであったというわけです。
 さて、それではここで日本の記事でイングランド代表を取材していたイギリス人記者へインタビュー記事を見てみましょうか。

日本は「すべてが素晴らしかった」 日韓W杯で来日、8大会取材の英記者が語る思い出(THE ANSWER)

 イングランド代表は大当たりだったのですよね。
 グループリーグからずっと日本に滞在。ノックアウトステージでも日本でプレイし続けられた。
 ブラジルなんてグループリーグ1位なのに韓国に飛ばされましたからね。
 フランス代表リザラズの「ソウルの空気は汚い。練習で皮膚がかゆくなった」って言葉は衝撃的でしたわ。
 イングランドは最後は準々決勝で敗退しましたがイングランドサポーターが「Thank you Japan, Perfect host」っていう国旗を掲げてくれてましたっけ。

 それに比べて海外で語られる韓国でのワールドカップでの思い出のひどさよ(笑)。

Twitterで更新情報をお伝えしています。フォローよろしくお願いします。→

20年前の日韓W杯でイタリアを敗退させたアン・ジョンファン「イタリアの人々はもうこれ以上ぼくらを嫌わないでほしい」……無理だろ、そりゃ

「もう僕らを嫌いにならないで」元韓国代表アン・ジョンファン、“遺恨”のイタリア戦が理由で解雇!? 20年前の日韓W杯を回想(THE DIGEST)
 イタリア国民の怒りを買い、波紋を広げたこの試合で、韓国に勝利をもたらす値千金の決勝弾を決めたアン・ジョンファン。彼はこれまでもあらゆるメディアで、当時の想いを語ってきたが、約20年の時が経ち、あらためて振り返っている。

「あの試合では地獄から天国を同時に味わった。自分にとっても、韓国にとっても、特別な試合だったんだ。誰も僕らがイタリアを破るとは思っていなかったからね。人々はレフェリーのジャッジを話題にするが、もっと僕らの試合に向けた準備やプレーに目を向けてほしい。ヒディンク監督がフィジカル的にもメンタル的にも強いチームにしてくれたから、僕らは誰のことも恐れていなかった。

 それに僕らは常にレフェリーの判定を尊重してきた。それは最終的なものであり、取り消すことはできない。モレノはミスを犯したかもしれないが、VARなしでは全ての笛が問題だったよ。もし、だから、自分たちにとって痛い結果になったとしても、全てを受け入れたと思う」

 さらに「僕らはイタリア戦のために全選手を細かく分析していたんだ」と強調したアン・ジョンファンは、大会後に当時所属していたペルージャを強制的に退団されたと告白。カルチョでも指折りの名物会長だったルチアーノ・ガウッチ氏から「もう君に給料は払わない。あのゴールデンゴールでイタリア・サッカーを台無しにしたんだ」と言われたという韓国のレジェンドは、こう続けている。

「色んなことがあったけど、後悔はしていない。いま、僕が全てのイタリア人に言いたいのは、もうこれ以上、僕らのことを嫌いにならないで欲しいということだ。韓国人選手として、国のために戦っただけだ。誰かを痛めつけたかったわけではないんだよ。イタリアで自分はとてもうまくやっていたし、誰よりもハードワークをしていた。あの試合でのゴールは、ファンの信頼に応えたかっただけだ」
(引用ここまで)


 イタリアのスポーツ紙ガゼッタがアン・ジョンファンのインタビューを掲載。
 曰く「もうこれ以上ぼくらを嫌いにならないでほしい」とのこと。
 いや、無理でしょ。
 あの大会でもイタリア代表は優勝候補であったし、少なくともベスト16で終わる陣容ではなかった。
 どこがどう企んだ不正なのかは最後まで分からないだろうと思われるけども。

 3回以上、誤審で片方が有利になることが繰り返されたらそれはもう確率的に「不正」なんよ。
 誰がどう、なんのために企図したのかはともかく。
 不正があったことは間違いない。
 それを理解していたから、ヨーロッパ各国は韓国を親善試合に招かなくなった。
 イタリアに至ってはいまだに韓国代表とは親善試合をしようとはしない。


 ダビド・シルバは「スペイン代表は不当に苦しめられ、すべてが不公平だった」と語り。
 マルディーニは「やり直したい試合があるとすればあの韓国戦」と回顧。
 ブッフォンは「奇妙な試合だった」と述べる。
 そして、ホアキンは「あの泥棒事件を忘れることはできない」、メンディエタは「なにかが起きていた。悪い臭いがしていたよ」と語ったあの試合。

 それぞれに最悪の思い出を叩きつけて、フットボールの醜悪な部分を煮詰めたようなあの試合をやっておきながら「嫌わないでほしい」とか片腹痛いんですよね。
 嫌われて当然のことをしたんだから嫌われておけ、な?

Twitterで更新情報をお伝えしています。フォローはこちらで!→

日韓ワールドカップから20年、あの「世紀の大誤審」のモレノはいま……

〈W杯史に残る誤審劇〉韓国vsイタリアから20年…「レフェリー人生最高の試合の1つ」忌み嫌われた審判モレノが認めない“2つのミス”(Number Web)
 バイロン・モレノの名を聞けば、カルチョの国は今でも胸中にざわめくものを感じずにいられない。

 モレノは、世紀の誤審試合として知られる日韓W杯の「韓国対イタリア戦」を裁いたレフェリーとして、イタリア中で忌み嫌われている。

 今から20年前、南米サッカー連盟派遣審判として日韓W杯へ出向いたモレノは、大田(韓国)で行われた決勝トーナメント1回戦の笛を吹いた。延長戦にもつれこんだ試合は、FW安貞桓(アン・ジョンファン)のゴールデンゴールによって韓国が優勝候補イタリアを破る金星を上げたが、開催国有利に働いたジャッジには誤審との非難が殺到した。
(引用ここまで)


 日韓ワールドカップから20年ということで、さまざまな回顧記事が上がってます。
 記事によるとイタリアのスポーツ紙であるガゼッタがバイロン・モレノについて特集したそうです。
 「韓国がベスト4」ではなく、バイロン・モレノの現在が扱われているっていうのが当時からの評価を如実に物語っていますね。

 スペインは10年後に親善試合をやってボッコボコに叩き潰した上で、国歌演奏なし、ユニ交換どころか握手すらなしということで態度を明らかに見せて。
 イタリアは20年経っても親善試合すらしない。
 それが「韓国のベスト4」への評価ですわ。


 VARがあれば結果は変わっていたでしょうが、当時はそれもなく。
 「韓国」というものをあれで知った人も多いだろうなぁとは思います。
 というか「韓国というものの実態を知らせるサイトを作ろう」って思ったのもアレきっかけだしなぁ。

 そういう意味においては役立った……とは思いますが、スペイン、イタリア、ポルトガルの犠牲は大きかったですね。
 あと3位決定戦でのドイツも背中に手を回し続けてファウルを取られないようにする。
 さらにFIFAが原則を曲げてUEFA所属の主審を採用するまでやってましたっけ。

Twitterで更新情報をお伝えしています。フォローよろしくお願いします。→

韓国メディア「日本戦でフル代表、U-16、U-23と3-0の惨敗が3連続。大惨事を繰り返してる」と憔悴気味

日本に会ったら「0対3、0対3」… ファン・ソンホン、「横浜惨事」連想(スポーツ朝鮮・朝鮮語)
韓国サッカーが、年齢を問わず日本に会ったならば、惨事を受けている現状に直面した。

「レジェンド」ファン・ソンホン監督が率いる23歳以下(U-23)代表チームが12日(韓国時間)、ウズベキスタン・タシュケントのパフタコールスタジアムで行われた日本との2022年アジアサッカー連盟(AFC)U-23アジアカップ8強戦で0対3で衝撃の敗戦を喫した。 (中略)

韓国が23歳以下レベルで日本に「無得点3失点」以上で敗れたのは今回が初めてだ。 U-23アジアカップで8強脱落したのも最初だ。

「韓日戦0対3」はいつのまにか国内サッカーファンに親しまれたスコアになってしまった。 同日の試合は自然に昨年3月25日、日本横浜で行われた日本とのA代表チーム親善試合を思い起こさせた。 当時、ベントゥ号は無気力な競技力で0対3で敗れた。 パウルル・ベントゥ監督は長い間非難世論に直面した。

わずか4日前、ビョン・ソンフヮン監督が率いる韓国17歳以下(U-17)代表チームも日本ユアテックスタジアム仙台で行われた日本との2022年U-16インターナショナルドリームカップで0対3のスコアで敗れた。 1年3ヵ月間でフル代表チーム、23歳以下代表チーム、17歳以下代表チームが日本と対戦して一様に0対3で負けた前人未踏の事態が展開されたのだ。
(引用ここまで)


 昨日のサッカーU-23アジアカップの準々決勝でU-21日本代表に3−0の惨敗を喫したU-23韓国代表。試合結果については試合終了後にすぐにお伝えしましたが。
 かなりの衝撃を受けている模様。
 そして、1年前の横浜、4日前のU-16、昨日のU-23とすべて3-0で負けているということに言及するメディアも出てきました。

 現在のサッカーにおける日本と韓国の関係性はこうだよね、という感じですか。
 でもまあ、2年前のU-20ワールドカップでU-20韓国代表は準優勝しているし、悪いチームではないと思うのですけどね。
 今回はいいとこなしで完封しましたが。

 U-16についてはJFAのサイトを参照のこと。


U-16 インターナショナルドリームカップ(JFA)

 韓国、ウルグアイ、メキシコのU-16を仙台に招いての親善試合。それぞれ3-0、4-0、2-0で勝利。
 ホームでの試合とはいえ、この世代も順調に伸びているっぽいですね。


 ダイジェストもあるので掲載しておこう。



 3点目とかすごいな。中継あったら「ゴラッソー!」とか叫びそう。

 で、日本が2日に4-1で圧勝したパラグアイに対して韓国は後半アディショナルタイムでぎりぎり追いついての2−2。
 韓国が5−1と惨敗したブラジルに対して日本は1−0の惜敗。
 そしてU-16、U-23での試合で3-0で勝利。
 位置づけというか格付けが終了したっぽいなぁ。

 あ、それとワールドカップの予想で韓国代表についてグループリーグ敗退とされて自尊心(実際には虚栄心)が傷んでいるようです。

米CBS、韓国サッカーを見くびる「ワールドカップ本宣書1無2敗最下位脱落」(朝鮮日報・朝鮮語)
NBCも「韓国組3位、16強脱落」展望(スポーツ京郷・朝鮮語)

 どちらでも日本も敗退予想なんですが。
 珍しく朝鮮日報のほうはスポーツニュース扱いになっていないのでコメントがついています。
 「残当」「3連敗も覚悟してる」の連発。

 なお、来月のE-1ではフル代表の日韓戦がありますが、まあAマッチデーではないのでいつものようにJリーグ選抜。
 中国開催予定が急遽日本になったのでホーム開催はありがたいところかな。

Twitterで更新情報をお伝えしています。フォローよろしくお願いします。→

韓国メディア「U-23 アジアカップで21歳以下の日本代表に3-0の惨敗。『大惨事発生』だ」……U-21日本代表が圧勝!

カテゴリ:サッカー コメント:(60)
「大惨事発生」ファン・ソンホン、「2歳下の世代」日に0-3屈辱…(マイデイリー・朝鮮語)
韓国が日本相手に無気力に大敗に遭った。

ファン・スンホン監督が率いる大韓民国U-23サッカー代表チームは12日午後10時(韓国時間)ウズベキスタン・タシュケントのパフタコールスタジアムで開かれた2022アジアサッカー連盟(AFC)U-23アジアカップ8強戦で日本に0-3で負けた。日本は今大会にU-21選手たちで出場した。 (中略)

35分に日本の3番目のゴールが飛び出した。ユイトが韓国の守備陣を軽く放った後、左足シューティングを殴った。このボールは韓国のゴールの隅に正確に差し込まれた。韓国は0-3に引きずられながらも失点危機を何度も当たった。後半40分にセンターバックのキム・ヒョヌが出て、ミッドフィールダーのイ・ジンヨンが投入された。韓国はゴールなしで0-3になった。
(引用ここまで)


 日本代表はパリオリンピックを見据えてのU-21で出場しているU-23 アジアカップ。
 前回のU-23 アジアカップでは日本代表は史上初のグループリーグ敗退を喫したのですが。あれは予想された部分もありました。
 東京オリンピックに向けてのハードスケジュールがひどすぎてどうしようもなかったですね。

 今回はそれなりに準備できていて、グループリーグ2位(勝ち点7で得失点差)でノックアウトステージに進出。
 で、U-23韓国代表との戦いだったのですが。

 あっさりと3-0で危ないところなく勝利。
 この世代で2歳の差ってまだまだけっこうでかいんですが、それを一切感じさせない完封具合。


 というか……イ・ガンイン封じてたらこのチームなんもできなかった、というオチ。
 イ・ガンインがDMFの位置まで下がってビルドアップして、前に上がってパス受けてシュートとかやってました。
 まあ、それ以外に展開を作れなかったのですが。
 枠内シュートは2対9(DAZNスタッツ)。
 圧倒でしたね。
 試合後のインタビューとか見てても別に興奮するわけでもなく落ち着いて「相手強かったですね」くらいの冷静さでした

 こちらの記事もなかなかの味わい。

「ショック」… 韓国は「平均1.7歳の若い」日本に完全に制御された(ベストイレブン・朝鮮語)
韓国が日本に完璧に押されたと見られるが、さらに大きな衝撃は、日本の平均年齢が韓国よりずっと若かったという点だ。 スクワッド年齢基準で韓国は21.6歳、日本は19.9歳だった。 1.7歳の差があったが、国家代表チームならともかく、年齢別代表でこれほどの差であれば相当の格差があるものだ。 しかし、競技場では格差どころか、むしろ反対の結果をもたらして、いらいらした。 (中略)

韓国が競技のあらゆる面で押されたという点は、冷静に事実だった。 完敗、零敗、劣勢など2022年6月12日韓日戦はすべてつらいキーワードで綴られた。
(引用ここまで・朝鮮語)

 去年3月のフル代表戦に続いての3-0。
 「大惨事発生」はよかったな。
 来月のE-1(旧東アジア選手権)では怪我なく過ごすことを目標としましょう。

Twitterで更新情報をお伝えしています。フォローよろしくお願いします。→

ブラジル人記者「韓国代表は勇敢だったが日本代表は臆病だった」→韓国人「!!!!!」

カテゴリ:サッカー コメント:(99)
タグ: サッカー
「臆病でラフな日本と勇敢な韓国」ブラジル人記者が明かした“日韓の違い”。「どちらが得るものが多かったかは明白だ」(サッカーダイジェストWeb)
これは絶対に勝たなければいけないタイトルの懸かった試合ではない。かといって、ただの興行的な親善試合でもない。ワールドカップを見据えての試合だ。この時期の代表戦にはある重要な意味合いを持つ。W杯に向けての自国の問題を炙り出すためのもの、学びの場所だ。勝敗は関係ない。

 韓国はそれを探って大敗した。日本はそれをカモフラージュして1失点に抑えた。

 どちらが得るものが多かったか?
 それは明白だろう。

 韓国のベント監督は、この試合の意味を十分に理解していた。試合後に「我々は正々堂々とぶつかり、敗れた。ただし多くを学んだ。これでワールドカップに向かっていける」とコメントしている。 (中略)

 日本だけが、臆病なプレーをしてW杯に向けて用意する大事なチャンスを失った。カタールでドイツやスペインを相手にしなければいけない日本にとって、このブラジル戦は多くのことを学べたはずだ。しかしただブラジルの創造性をつぶすことで、そうしたチームに対峙する学びを自ら放棄してしまった。その責任の多くは森保(一)監督にあると思う。
(引用ここまで)


 あやうくゼロ封されそうだったブラジルのメディアから「韓国はブラジル戦で得るものがあった。ブラジルも得たものがあっただろう。日本だけがなにも得なかった」との記事。
 うーん、まあ「お前がそう思うんならそうなんだろ。おまえの中では」かなぁ。
 スペイン、ドイツ戦がワールドカップ本戦で控えていて、強豪をどうやって抑えるかということについてまあ成功したわけで。
 なんなら勝ち点5点での勝ち抜けを狙っている部分もあるでしょうよ。

 もちろん、韓国メディアはこの記事を嬉々として報じています。

ブラジル記者「韓国は勇敢で日本は臆病だった」(スポーツ京郷・朝鮮語)

 先日の「日本がブラジル戦で惜敗した」という記事には1000くらいの「怒る」への投票がありましたが。
 この記事には3300を超える「いいね!」がついてます。


 韓国のポータルサイトではスポーツ記事にはコメントがつかない決まりになっているのでコメントこそありませんが。
 もしコメントあったらホルホルしててすごいだろうなぁ……。

 ブラジルにとってはアジアツアーなんて「自由自在に勝って当然」くらいのものなんで、「苦戦した」ということ自体が自尊心を損ねるのでしょうね。
 日系ブラジル人とちょっと話をしたことがあるのですが、マイアミの奇跡にはかなり自尊心を損ねていたようでした。
 まあn=1なのでそれがすべてのブラジル人に敷衍できるかといったらそうでもないんでしょうが。

 ま、親善試合でしかないんだよな。しょせんは。

Twitterで更新情報をお伝えしています。フォローよろしくお願いします。→

韓国メディア「韓国戦は5-1で大勝したブラジル代表、日本代表には1-0で辛勝」……韓国人は「気に入らない」に大量投票

「ネイマール決勝ゴール」日本、「韓国5対1で破った」ブラジルに0対1「敗北」(スポーツ朝鮮・朝鮮語)
日本代表チームは6日、日本東京国立競技場で行われたブラジルとの親善試合で0対1で惜敗した。 日本は、強い圧迫と堅固な守備から、ブラジルの強い攻撃をよく阻止したが、結局ネイマールに襲われてしまった。 韓国は直前の試合で、ブラジルに1対5で大敗した。

韓国戦争当時、レアル・マドリードとリバプール、欧州チャンピオンズリーグ決勝戦を行ったメンバーたちが完璧に合流していないために、ベスト戦力を構築しなかったブラジルは同日、最精鋭メンバーを立てていた。
(引用ここまで)


 いやぁ……。
 なんでしょうね。ブラジル戦ってやってもやってもどこまで行っても厚い雲に閉ざされて見えなかった山頂みたいなものだったんですが。
 今日はちらっと、本当にちらっとですが山頂とそこへ至るルートが見えた気がしますね。
 まあ、気のせいかもしれないけど。

 これまでだとスコア上は戦えているように見えていても、内容はぼっこぼこだったなんてことが普通。
 なんだったらアトランタ五輪でU-23が勝った時だって内容的にはアレでしたからね。最終的にブラジルが自滅していったというだけで。
 今日は本当にちらっと変わった気がする。
 でもまあ、まだ勝てはしないだろうけど。


 前もちらっと書きましたが、韓国のポータルサイトのニュース記事ではコメント欄が廃止されています。
 あまりにも悪口雑言がひどく、選手がそれを気にするためということで。
 ですが、当該の記事に対してどんな感情を持ったか、というアイコンには投票できるのです。で、その結果がこちら。

スクリーンショット 2022-06-06 23.33.03.png

 「怒り」が789……いま見たら1000超えてました。
 ま、韓国にとっては日本の健闘というのはあまりお気に召さない結果だったようですね。

 あ、そうそう。韓国代表はチリ戦をほぼ同時間にやってまして。
 珍しくソン・フンミンがゴールして2−0で勝利したそうです。

Twitterで更新情報をお伝えしています。フォローよろしくお願いします。→