相互RSS募集中です

カテゴリ:パクリ・偽物の記事一覧

韓国の都市洪水予防マニュアル、日本のものからほぼコピペしたものだった……あー、改変もしてないからあんな風に大洪水起きるんだ

カテゴリ:パクリ・偽物 コメント:(143)
タグ: パクリ 洪水
【単独】洪水予防施設基準、18年前の日本資料を写して放置(KBS・朝鮮語)
政府は2010年、都市洪水予防施設を雨水を集める「貯留施設」と土壌に吸収させる「浸透施設」に区分し、施設基準を規定した行政規則を告示しました。 正式名称は「雨水流出低減施設の種類・構造・設置及び維持管理基準」です。 (中略)

さて、この基準の相当部分は20年前に日本で作った基準を事実上書き写したものであることがKBSの取材の結果確認されました。

KBSが確保した日本の雨水貯留浸透技術協会の「雨水浸透施設技術指針」を見れば、「雨水流出低減施設基準」のような内容の文句と同じ表、写真などを探すことができます。

特に、雨水流出低減施設基準の「第4章浸透施設の種類・構造・設置及び維持管理基準」は、日本側の指針と序文から内容が類似しています。 (中略)

日本の指針に入っている雨水関連施設や施工写真などをそのまま載せているために「雨水流出低減施設基準」に載せられた一部の写真では日本語が目につくこともあります。

このように「雨水流出低減施設基準」全体180ページ余りの分量の中で70ページほどが日本側の指針を事実上そのまま移した水準です。 (中略)

当時、基準制定のための研究に参加した関係者も「日本協会の資料を正式に購入して参考にしたもの」とし「韓国になかった内容なので、日本の資料をベンチマーキングしなければならなかった」と説明しました。

行安部は「日本資料を参考にした行政規則に対する国産化が必要だという指摘に共感する」とし「変化した時代に合うよう再改正作業を推進する」と明らかにしました。
(引用ここまで)


 韓国における「都市洪水予防マニュアル」ともいえる指針書のほぼ半分が日本からコピペしただけのものであったことが判明しました。
 透水性路面舗装や、雨水の一時貯蔵施設などについて書かれているものなのですが。
 その180ページ中、70ページまでが日本からのコピペ。

 ……まあ、このていどの国であるのは間違いない。
 図表とかはこっちの映像からも見れるのでごらんください。



 素直に「パクりました」って自白しているのは珍しいですかね。


 記事中にもありますが、日本は火山灰大地。水はけはいい。
 韓国は花崗岩ベースで地盤はしっかりしている(ただし、空間放射線量が日本よりもはるかに高い)。
 もしかして花崗岩って水はけが悪いから、あんなにばかすか浸水が起きているんですかね。
 こないだのマンションとか延世大学とか。

韓国人「ウォーターパークかよ!」 韓国の一流大学で壮絶な雨漏り。学生が一時避難
韓国の新築マンションで「ウォーターパークかよ!」って言われるくらいの水漏れが発生。想像の3倍くらいはウォーターパーク

 あ、嫌味です。

 まあ、法体系自体が日本のパクリなのだから、こうした安全制度も日本のパクリでなんの不思議もない。
 で、国の違いをなにも考慮せずに導入して、あんなんなってしまうわけです。
 ……韓国、だなぁ。

Twitterで更新情報をお伝えしています。フォローはこちらから→

韓国でも横行する「久石譲のいない久石譲コンサート」に対して久石譲公式サイトが警告「断じて認められるものではありません」

カテゴリ:パクリ・偽物 コメント:(71)
久石譲のいない久石譲のコンサート。これは可能ですか?(YTN・朝鮮語)
日本の作曲家久石譲が許可もなしに自分の名前を掲げた公演が盛んになると不快な心境を表わした。 彼はアニメ「千と千尋の神隠し」、「ハウルの動く城」、映画「トンマッコルへようこそ」などの音楽監督を務め、韓国国内でも名を知らせた人物だ。

26日、久石側は公式ホームページとSNSに立場文を掲示し「公演名に久石の名前を冠し、久石本人が関わる演奏会であると多くの方に受け取られかねないものも見受けられますが、当方ではこれらについても承認しておりません」と明らかにした。

また「正規の手続きがなされていない利用や編曲は一切許可をいたしません」として「現在、許可なく久石の楽曲を編曲し利用する催しが世界各地で多数行われています。無断で久石の楽曲を編曲することは作曲家の著作権および著作者人格権の侵害にあたり、断じて認められるものではありません」と強調した。

久石氏側は最後に「私たちはここに、作曲家の正式な許諾を得て著作権法に則った楽曲利用がなされることの重要性を訴えます」として「楽曲が正当に利用されることを強く求めます」と終えた。

該当の立場文は韓国国内にも翻訳伝達され、直ちに論難になった。 久石氏側の主張どおり、彼の名前を掲げたオーケストラ公演がここ数年間、韓国国内で盛んに行われてきたためだ。

特に、久石が直接指揮に乗り出した正式ツアー公演が世界各地で開催されているだけに、さらに敏感に受け止めている様子だ。 久石氏の来韓公演は2017年が最後であり、韓国で予定された公演の便りも皆無だ。

この中で国内チケット前売りサイトによると、久石譲の名前を掲げ、主催社が互いに異なる公演が今年だけで4個以上予定されている状況だ。 公演名が少しずつ異なる水準のこの公演は、単発性ではなく、全国各地を回りながら開かれるため、高い接近性で根強い人気を集めてきた。

このうちある公演の主催社側は最近の論難に対して「韓国音楽著作権協会(韓音協)に舞台利用申請物を提出して公演を進めており、公演終了後に精算資料を提出して著作権料を納付している」と明らかにした。

公演名に久石譲の名前を使ったことに対しては「正常に申告しているので答える義務がない」と一蹴した。

しかし、韓国音楽協会側は「協会と相互管理契約を締結した海外アーティストの音楽を使用する時、協会に適法な手続きを経て合法的に利用できる」としながらも「アーティスト声明や編曲などが該当する『著作人格権』は著作者に一身専属される権利であり著作権者当事者に許可を受けなければならず、協会側から関与できない」と線を引いた。

韓音協は著作物を利用しようとする人々と著作権者の間で利用許諾過程と著作権料の徴収が容易に行われるよう仲介する仕事を受け持っている。 信託管理する範囲は著作権のうち「著作財産権」に限定される。

したがって、公演側が協会に使用音楽を申告するだけでは、著作権者の名前を公演名にかけることまで合法的に解決されるわけではないわけだ。
(引用ここまで)


 久石譲公式サイトで「久石譲の楽曲利用に関して」との注意喚起文章が出ています。
 ポップアップする文章なので直接は見に行けないのですが、サイトのNewsコーナーで最新のもの(5月30日時点)になっています。

News (JoeHisaishi.com)

 けっこうきつい物言いになっていて、神経を尖らせていることが分かります。
  「著作人格権」に言及してることはそんなに見ない……というか、楽曲使用についてここまで警鐘を鳴らしている文章って見たことないですね。

 森進一がおふくろさんによけいな言葉を足して、作詞者から「おまえもう歌うの禁止」ってした時を思い起こさせるくらいの強い文章。
 あれは著作権における同一性保持権の主張でしたっけね。


 さて、韓国のちけっとぴあ的な存在であるインターパークにて「히사이시 조」(久石譲)で検索してみると、18件ヒットします。こんな感じ。

スクリーンショット 2024-05-30 16.28.36.png

 終わったものも検索結果に入れると200件近く。
 すごいやってんな……。

 「久石譲コンサート」みたいな「あたかも本人が登場するかのような名称」のものもあれば、明らかにトトロのシルエットを使っているものもあり。
 ふむ。

 久石譲公式サイトで具体的な国名は出ていませんけども。
 まあ……どこに向けての発信であるのか、ってことはちょっと理解した気がします。
 元ネタはカイカイ反応通信から。

Twitterで更新情報をお伝えしています。フォローはこちらから→

誰も語らなかったジブリを語ろう 増補版
押井 守
東京ニュース通信社
2021-12-01

韓国のテコンドーグループがゴットタレントに出場、公式SNSが「日本からきたサウラビが出場」と書いてしまって韓国で炎上……え、ちょっと待っていま「サウラビ」って言った?

カテゴリ:パクリ・偽物 コメント:(131)
韓国テコンドー公演に「JAPAN」紹介…「ゴッドタレント」の荒唐無稽なミス(韓国経済新聞・朝鮮語)
世界的なオーディションプログラムがグローバル公式社会関係網サービス(SNS)にテコンドー公演映像を載せ、韓国示範団を「日本チーム」として紹介し論難だ。

全州(チョンジュ)大学テコンドー示範団「サウラビ」は最近、英国オーディション番組「ブリテンズ·ゴット·タレント」に参加し、ゴールデンブザーを受けて準決勝に進出した。

ところがこの過程で「ブリテンズ·ゴット·タレント」側は示範団公演映像をSNSに紹介し、国家表記を「日本(JAPAN)」にした。

これに対し、誠信女子大学のソ・ギョンドク教授は24日、「多くのネットユーザーの情報提供を通じて確認した結果、テコンドー示範団を『日本』と紹介するというとんでもない間違いを犯していた」とし、「現在、この映像は再生数約750万回、いいですね。 約60万個を記録して大きな人気を集めている状況なので、全世界のネチズンが誤解しないように必ず是正しなければならない」と指摘した。
(引用ここまで)


 ブリテンズゴットタレントに韓国人大学生のテコンドーパフォーマンスグループが出場したとのこと。
 映像もあったのでこちらをどうぞ。



 で、ゴットタレントの公式SNS(インスタグラム)でこの動画が紹介された際に、「日本の格闘技集団」と紹介されたのだそうですよ。

スクリーンショット 2024-05-25 11.31.05.png
(画像引用元・冒頭記事から画面キャプチャ)

 これ、ふたつの意味で面白いですね。
 ひとつは「どう見てもテコンドーなのに日本だと思われている」って韓国メディアが書いているところ。
 一般的にはテコンドーの理解がそこまででもないってことなんでしょうね。

 「ああ、あれはkarateだから日本か」って認識になってしまう。
 なんだかんだでThe Karate Kid(ベストキッド)の影響って大きいんだなぁ。
 「Karate!」とは言っても「Taekwondo!」とは言わんわな。発音も分からんし。


 で、もうひとつの見どころが彼らのグループ名。
 Ssauluabi、つまりサウラビです。

 ……サウラビ、サウラビじゃないか。俺だよ、楽韓Webだよ。久しぶりだなぁ。22年ぶりか。
 2002年に「サウラビは侍の起源」ってトンデモ映画が韓国でだけ上映されて、DVDスルーだったんだよな。
 昨今のサブスクにも乗ってないからどこに行っていたか心配したんだよ。
 こんなところにいたのか。
 映画はNetflixなら会えたんだ。いや、そこには加入してなくてな。

 ──ってな感じで22年の時を超えて「サウラビ」に再会することができました。
 「かつてもっとも韓国で有名だった日本人」である水野俊平教授の著書によると、1983年に「戦う男、『サウル・アビ』がサムライの語源なのではないか」との主張が出て、そこから「サムライの起源はサウラビ」とのトンデモ説が発生しているのですね。

 で、このテコンドーグループはその「サウラビ」をグループ名として採用し、かつ「日本から来たサウラビがパフォーマンスしています!」ってゴットタレントの公式SNSに書かれるっていう。
 もう面白さの多重構造が過ぎて伝わらないこと甚だしい。
 「これを解説できるのは楽韓Webだけ!」ってことで解説してみました。

Twitterで更新情報をお伝えしています。フォローはこちらから→

韓国人「孔子が韓国人だなんて我々は言っていない。中国で誤解が広まっている!」……言っていないわけじゃないよね?

カテゴリ:パクリ・偽物 コメント:(94)
「韓国人が孔子を韓国人だと主張しているって?」(朝鮮日報)
 最近弟との会話で衝撃を受けたことがあった。先日インターネット上で「中国人は韓国人が孔子は韓国人だと言い張っていると思っている」という書き込みを見た。それで弟に「本当か」と聞いたら、自分も中国留学当時に聞いたことがあると言った。初めてその話を聞いた際には、あきれて中国人の友人に「本当にそんなうわさが流れているのか」と尋ねたが、その友人も急に表情が硬くなり「お前も孔子が韓国人だと思うのか」と真顔で問い返してきたという。私が国際情勢にあまりにも鈍感だったのかもしれないが、中国は改めて遠い国のように思えた。

 孔子が韓国人だなんて。これまで「明太子は日本食」と言う日本人ユーチューバーに抗議した人は見たことがあったが、孔子を韓国人だと主張する人は一人も見たことがない。とんでもない話だが、問題はこんなデマが中国や台湾にかなり広がっている点だ。2011年、台湾の馬英九総統(当時)が台北郊外の新北市にあるセントジョンズ科技大学(聖約翰科技大学)を訪問した当時、ある韓国人留学生が「台湾で孔子と豆乳を韓国が盗もうとしているという誤解を受けている。誤解を解いてほしい」と求め、馬英九が代わりに釈明したことがあった。韓国のバラエティー番組「アブノーマル会談」の中国版である「世界の青年は話す(世界青年説)」という番組では、韓国人出演者が「孔子は中国人だ」と発言し、出演者から大きな拍手を受けたりもした。

このような孔子論争の震源は、政界や学界ではない。孔子が東夷(東方に住む未開の異民族)だったという韓国の一部主張が根拠として示される場合があるが、大半は「そう言っていた」という程度のうわさにすぎない。それでも看過できないのは、そんなデマが積もり積もって相手国に対する認識を形成し、外国人嫌悪感情を助長するからだ。実際に中国版X(旧ツイッター)の微博(ウェイボー)には今も「孔子韓国人説」を非難する投稿があり、中国人の怒りを誘っている。我々も偉そうなことは言えない。
(引用ここまで)


 韓国起源説、について。
 実は中国でもかなり「韓国起源説」は浸透していまして。

 記事にある「孔子は韓国人」との話は「誰が言っているのかは知らないが、そういう話があるのは知っている」くらいの浸透度になっています。
 「韓国人は『実は中国のものは全部韓国起源だ』と言っている」なんて話もわりと浸透していますね。
 少なくともネット上ではよく語られている、と言っても過言ではないでしょう。
 「孔子は韓国人」って言っているくらいなら、すべての起源を主張していてもおかしくはない、と思われても当然というべきか。

 もちろん、冒頭記事の人物のように「そんなことを言っている人がいるとは知らなかった」とする韓国人も少なくないでしょうね。
 ただまあ……そう主張している人は確実にいる。
 別に火のないところから煙を立たせたわけではないですから。


 たとえば直近でいうと「ソメイヨシノ韓国起源説」も同じですよね。
 いまでは遺伝子調査で韓国からも「韓国に受けられているソメイヨシノは日本のソメイヨシノのクローン」との結果が出てそれが一般に浸透するに至っていましたが。

韓国の研究でもソメイヨシノと王桜が別物と判明→韓国人「街路樹のソメイヨシノを王桜に植え替えなければ!」(楽韓Web過去エントリ)

 それ以前は「日本は自生地もないのにソメイヨシノの起源は日本だなどと妄言を述べている」くらいの扱い。
 それ以前に日本側から遺伝子調査の結果は発表されていたのですが、一切を聞き入れることもなく。
 延々と「日本の国花(勘違い)であるソメイヨシノの起源が済州島であることを否定している」みたいに言っていました。

 そうした「ウソをやめない」ことが、この中国での騒動に通じているのです。
 この記事では「フェイクニュースを広めたのは中国人」みたいな文章になっていますが。
 韓国側にこそ火元があることをしっかりと認識しろって話ですね。
 フェイクニュースを潰さないから、こうした状況になるわけです。

Twitterで更新情報をお伝えしています。フォローはこちらから→

韓国で「あ、ブランド物の財布だ!」と拾う→残念、それは焼肉店のチラシだ……思いっきりLVマーク描いてるんですが大丈夫?

韓国の路上で財布だと思って拾ったら焼肉店のチラシ…ネット民の反応さまざま「斬新」「違法」(朝鮮日報)
 複数のネット・コミュニティー・サイトでは22日、通行人が路上で有名ブランド品の財布のようなものを発見し、開いてみる様子が写っている動画がシェアされた。動画を見ると、撮影者は「財布かと思った」と言った後、拾った物を開いて「違う」とつぶやいている。

 実はこれは焼肉店のチラシだった。有名ブランドのロゴが入っている紙を広げると、さまざまなカードや5万ウォン(約5600円)札の絵などが描かれている。紙を裏返すと、焼肉店オープンを宣伝する広告が出てくる。このチラシには「この財布を持って来た人には茶わん蒸しをサービスする」とも書かれていた。 (中略)

 ネットユーザーたちは「マーケティングのアイデアがすばらしい」「普通のチラシは見ないが、これは気になって広げてみたくなりそうだ」「このように誰かが動画を撮って、その動画がネット上に広がること自体が既に広報効果を証明している」などと反応している。

 だがその一方で、「違法広告物だ」「路上に露骨にゴミを捨てたのと同じ」「良いアイデアだと褒めるのは、ゴミを捨てたのを褒めるのと同じ」などの声も多数ある。
(引用ここまで)


 「ルイ・ヴィトンの財布が道に落ちている!」と思わせて拾ったら、焼肉店のチラシだったとの広告が韓国のネットを騒がせているそうで。  朝鮮日報の記事だと画像が分かりにくいので、他から探してみました。こちら。

スクリーンショット 2024-02-26 11.47.49.png
(画像引用元・文化日報から画面キャプチャ)

 ……はい、アウト。
 韓国ではチキン店が「ルイ・ヴィトン鶏」とかやって、1000万ウォンクラスの和解金取られてるんですが。

韓国人チキン屋店主「高級感を出したくて」 → ルイヴィトン鶏 → 本家ルイ・ヴィトンが激怒(楽韓Web過去エントリ)

 まだこういうのができる胆力はすごいなって思いますが。


 ブランドを守る意識というか、尊重する意識が薄いのだろうなぁ。
 韓国ではよくあること。
 上記のルイ・ヴィトン鶏だけでなく、「バーバリーカラオケ」がバーバリーに250万ウォンを支払う。
 あるいは「シャネルマッサージ」が同じく1000万ウォンを支払っています。

裁判所、「バーバリー」を使用したカラオケボックス250万ウォンを支払い命令(ノーカットニュース・朝鮮語)
高級ブランドのシャネル、地元のマッサージ店を相手に1000万ウォンの看板価格で勝訴(ニュース1・朝鮮語)

 自分たちが築き上げたブランドがろくにないから、他人のブランドを軽々に使ってしまうのでしょうね。
 「無敵の人」状態ってヤツです。

Twitterで更新情報をお伝えしています。フォローはこちらから→

韓国のシャインマスカット栽培農家「価格下落でもう作る意味がない」と栽培放棄する農家が続出……「プレミアムブドウ」の地位も崩壊へ

カテゴリ:パクリ・偽物 コメント:(108)
ブドウ市場を席巻した「シャインマスカット」…栽培放棄農家が増えた(SBS・朝鮮語)
キャンベルブドウを栽培していたところ、高所得作物という噂にシャインマスカットに転換したキム・ミファさん。
2019年に8000万ウォンを投資して期待をかけましたが、心配ばかり大きくなっています。
栽培初期には2kg1箱3万ウォンだった価格が1万ウォン水準に急落したのです。

キム·ミファ(シャインマスカット栽培農家)「他人に追従して植えた部分もあるし、私たちも少し。なぜなら、正直な話、お金を稼ごうという欲で(栽培)はじめたことに後悔が甚だしいです」

キムさんと同じ理由で栽培をあきらめた農家もいます。
1000平方メートル規模のこのビニールハウスでは、このようにサンチュが育っています。
元々はシャインマスカットを栽培してきた場所です。

キム・ビョンオク(栽培農家)「ご存知のように2kgに1万ウォンもかかりません、値段が。 生産すれば人件費も出ないのにそれで折ってしまいました」

価格の暴落を招いたのは過剰供給です。
全国的に2021年に4196haだった栽培面積は1年で6000haを突破しました。
都内の栽培農家も2割近く増え、400農家を超えます。
かつて高所得作目として注目されていたトックリイチゴやブルーベリー、アロニアも同様でした。
栽培面積が増加し、代替作物まで登場して競争力を失いました。

トックリイチゴの主産地である高敞では、一時1450haまで増加していた栽培面積が価格が暴落し、半分の半分になりました。

高敞郡関係者「(農家が)多く枯死しているのは事実です。 2014年度に価格暴落まで起こり栽培面積がぐっと減ってしまいました」

高所得作物にはそれだけの危険も伴うだけに慎重な選択はもちろん、栽培、流通過程の競争力を確保できる差別化された戦略が要求されています。
(引用ここまで)


 韓国において「高価格作物」の代名詞であったシャインマスカットの栽培をやめる農家が増えている、とのニュース。
 まあ、当然というか。
 去年の時点で作付面積は6500ヘクタールを超えていたとの話。

韓国のシャインマスカット作付面積、日本の4倍にもなっていた……それに伴って価格も品質も下落の一途(楽韓Web過去エントリ)

 過去エントリにあるように日本の4倍もの作付面積になっていて、過剰供給。
 韓国で一般的だったキャンベル種の作付面積(4600ヘクタール)をも超えて、圧倒的1位になっているそうです。


 要するにシャインマスカットの「プレミアムなブドウ」という地位が崩壊し、普通の品種になってしまったっていう。
 通常の品種より手間がかかるからこそプレミアムである、ということを理解せずに誰も彼もが参入した結果、ですね。

 おまけに「品質が高くなくなったもの」の象徴として扱われるようになってしまったっていう。
 とにかく量を作るために摘果もろくにしないために、「見た目だけはシャインマスカットだけども糖度が低い」ものが続出。

韓国でかつては「貴族の果実」とまでされていたシャインマスカット、作られすぎで「甘くもないぶどう」とレッテル貼りされ単価下落……残当ってヤツだなぁ(楽韓Web過去エントリ)

 いまでは「糖度保証!」って書かれてしまうほどになったとさ。
 前も書きましたけど、なにかの寓話にできそうなお話ですわ。
 パクってきたものが大評判、でも誰にでも作れるものだったのでみんながたかってきてしまって評判下落っていう。
 蜘蛛の糸かな。

Twitterで更新情報をお伝えしています。フォローはこちらから→

韓国歌手、また日本のサブカルチャーから丸パクリをしてしまう

韓流歌手のキャラクター、重ねてみれば…かの「うる星やつら」ラムちゃんにピッタリ(KOREA WAVE)
韓国の歌手チョン・ソミが出した新曲のミュージックビデオ(MV)に登場するキャラクターが、日本の有名アニメ「うる星やつら」のメインキャラクターにそっくりだという指摘が相次いだ。 (中略)

所属事務所THE BLACK LABELによると、MV公開以後、「映像に登場するアニメキャラクターが他の作品のキャラクターと外形が似ている」という情報が寄せられたという。事務所は「作品を詳細にチェックできず、深くおわびする」と伝え、問題シーンの削除・修正を決めたという。

「うる星やつら」のメインキャラクターの「ラムちゃん」と、MVのキャラクターを重ねるとかなりの部分が一致しており、一部には「トレーシング(原本の上に薄い紙を載せ、上から線をなぞって描く)ではないか」との見方もある。
(引用ここまで)


 韓国の歌手がミュージックビデオ中で日本のマンガからトレパク。
 以前にスラムダンクをまんまトレパクしている作者がいましたね。
 あるいはFF7ACの世界をそのまんまミュージックビデオに起こしてスクエアエニックスから訴訟を起こされた韓国人歌手もいました。
 結果は4億ウォンの賠償金を支払うことになりました。

 まあ、それ以外にもいろいろと韓国では日本のコンテンツ、知的財産をパクリまくっていますが。
 ひとつ、特徴がありますね。
 それは「日本のコンテンツを韓国がパクる」構造です。


 K-POPがどうのこうの言ってますが、まんまのパクリはない。
 フォーマットを研究して寄せることはあっても、パクリはない。
 水は高いところから低いところにしか流れない、というヤツですね。

 で、今回のトレパク騒ぎを見てみるとこう。

スクリーンショット 2023-08-14 23.39.39.png
(画像引用元・MoneyS記事から画面キャプチャ)

 ……なんでそんな大御所からすぐに分かるレベルでパクった。
 まあ、これが日韓の「著作権意識」の差なんでしょうね。

Twitterで更新情報をお伝えしています。フォローはこちらから→


韓国メディア「日本のソメイヨシノは韓国起源ではないという研究は決め手ではなかった!」と大喜び……精神的勝利を手放したくなかったんだろうなぁ

桜、ワンボンナム、日本ソメイヨシノ···これさえ分かれば区分できるんだって!(ハンギョレ・朝鮮語)
最近、路上と公園を飾る桜は「ワンボンナム」だ。木の名前を案内する立て札に大体そのように書かれている。木に詳しい人に聞くと、「日本で改良したソメイヨシノという品種であり、その起源は済州漢拏山に自生するワンボンナム」という答えが返ってくるだろう。実際、天然記念物に指定された済州道の韓国特産桜の自生地には「ワンボンナム自生地」という立て札が立っている。しかし、山林庁国家標準植物目録には日本産ワンボンナム桜の名称を「ワンボンナム」とし、自生ソメイヨシノの名前を「済州ワンボンナム」と記している。 (中略)

一連の研究結果、韓国と日本のワンボンナムが違うという事実が明らかになり、自生種を普及しようという運動が起きた。昨年結成された社団法人「ワンボンナムプロジェクト2050」(会長シン・ジュンファン東洋大学教授)は、全国の公園や公共施設、街路樹などにワンボンナムの代わりに済州産ワンボンナムに植え替えようという運動を展開している。 (中略)

しかし、国立樹木園の研究が議論を終わらせることはできなかった。むしろ国政監査などで「ワンボンナムが日本原産だという主張を受け入れ、結果的に生物主権を渡した」という批判の声が出てきた。済州島の反発も大きかった。国立樹木院の研究で遺伝体を分析した済州ワンボンナムは5本だったが、その一つである観音寺ワンボンナムが日本ワンボンナムと遺伝体が同じだという特異な結果が出たことも議論を呼んだ。樹齢130~140年の観音寺ワンボンナムは代表的な済州自生のワンボンナムで済州郷土遺産3号に指定されており、国立山林科学院が後継木を育成普及している木でもある。これに対して学界の一部では「ワンボンナムの自生地は済州が唯一で、日本ワンボンナムは栽培種なので多様な要素が混ざって入ったはずなので済州起源の桜が材料として使われた可能性もある」として済州起源説を主張している。

論難が続くと国立樹木園は23日「ワンボンナムの起源に関する研究を3年間追加で行う」と明らかにした。国会と済州道はもちろん、韓国山林科学会と韓国植物分類学会など学界で追加研究が必要だと要求したことに伴う措置だ。国立樹木院のチェ・ギョン山林生物多様性研究課長は「今回の研究では済州はもちろん日本現地調査と人文・歴史学的研究も行う予定」とし「済州起源、日本起源、第3国起源などすべての可能性を開いておいてワンボンナム起源を巡る疑問を解消する」と話した。彼は「済州だけでなく海南など全羅南道のワンボンナム自生地も調査する」と付け加えた。
(引用ここまで)


 先日話した「国立樹木院が『韓国の王桜と日本のソメイヨシノは別種』との判断を糾弾されて3年間、追試を行わされることになった」という話の再録なのですが。
 これまでの「ソメイヨシノ韓国起源説」を追いかけながら、アメリカ、韓国で遺伝子研究で王桜とソメイヨシノが別種であると判明した……というこれまでの経緯を語っています。

 でも最後には「国立樹木院の遺伝子研究でも議論を終わらせることはできなかった」ってなって、3年間の追試が行われるってニュースにつながっている。
 担当者の「済州起源、日本起源、第3国起源などすべての可能性を開いておいてワンボンナム起源を巡る疑問を解消する」ってセリフが悲しさを演出していますね。
 ありとあらゆる可能性をつぶさないとダメなんだ……って話ですから。


 2018年に韓国政府の担当当局である国立樹木院が「王桜とソメイヨシノは別種である」と発表してからこっち、本当に韓国メディアがしょぼくれていました。
 唯一、済州島のメディアだけは「それでも、それでもまだ可能性はある!」って言い続けていたのが草生えたものでしたが。

 あ、先日もちょっと話をした国会議員の「王桜とソメイヨシノが別物だとは何事だ!」って国政監査で山林庁(国立樹木院の上部組織)糾弾した話も置いておきましょう。
 去年の10月の記事。

「ソメイヨシノが栽培種という山林庁、植物主権は誰が守るのか?」(ニュース1・朝鮮語)

 国会議員のやることじゃないと思うのですが、済州島選出議員としてはやらざるを得ないのでしょう。
 前も語ったように「日本人が愛でているソメイヨシノは韓国起源であるという精神勝利を彼らが手放すことができない」のですよ。

 ソメイヨシノ韓国起源説で韓国メディアが嬉々としてるのは本当に久々のことなので、鬱屈したものがあったのでしょうね。
 3年後にどんな結果が出るか楽しみでしかないですね。

Twitterで更新情報をお伝えしています。フォローはこちらから→