相互RSS募集中です

カテゴリ:自尊心の記事一覧

韓国「古くなった日本のソメイヨシノから韓国独自の王桜に植え替えていこう!」

カテゴリ:自尊心 コメント:(108)
ソウル汝矣島、日本の桜をなくす…韓国品種に植え替えへ(中央日報)
ソウル永登浦区(ヨンドゥンポク)が汝矣島(ヨイド)桜通りの日本の桜の木を韓国固有種の済州(チェジュ)王桜に植え替えると1日、明らかにした。

現在、汝矣島桜通りの桜の木は昌慶宮(チャンギョングン)を復元する過程で汝矣島に移されたもので、日本の桜の系列という。

区は現在の桜の木をソウル植物園で管理中の韓国固有種の済州王桜に植え替える計画だ。

区によると、現在、汝矣島の桜は計1365株で老齢木が多い。毎年、枯死したり病虫害被害が発生したりした木およそ50本を植え替えているが、新しく植える木も済州王桜だった。
(引用ここまで)


 韓国の汝矣島にある桜はほぼすべてがソメイヨシノなのですが。
 それを韓国の王桜に植え替えようとするプロジェクトが地方自治体の予算をつけて行われるとのこと。

 漢江の中州である汝矣島はソウルでも指折りの桜の名所とされています。
 そこにある桜のうち、96%までがソメイヨシノ
 残りもシダレザクラなど日本由来のものばかりで韓国の桜は1本すらなかったとされています。

 かつ、2018年には「ソメイヨシノと王桜は別種。ソメイヨシノの起源は韓国ではない」と国立樹木園が発表してしまったことで、韓国人の自尊心は大いに損なわれたのです。


 というわけで、ソウル植物園が培養している王桜を育苗し、街路樹にできるようになったら古くなった樹から植え替えると。
 よいんじゃないですかね。
 ソメイヨシノは葉が出る前に花が満開になるなど、鑑賞に適したことから一気に広まったもの。
 ひとつの樹からクローンされているためにその形質は固定されています。

 その一方で済州王桜はエドヒガンとオオヤマザクラの雑種。当然、木ごとに形質も多用にならざるを得ません。
 このことから「王桜はソメイヨシノよりも多様性に富んでいて病害虫に強い」なんて話になっていたこともあるのですが。

 ソウル植物園が行っているのは、ひとつの樹から採取したものを培養しているとのことで。
 多様性どこ行ったのって話ではあります。
 これまで知られていなかった病害虫への耐性のなさとかが発見されないとよいですね。

Twitterで更新情報をお伝えしています。フォローはこちらから→

韓国人「日本からも中国からもモテモテ。これが韓国の地位が高まった結果だ」……はあ、さいですか

カテゴリ:自尊心 コメント:(109)
時視各角】日本の記者、中国の記者との対話=韓国(中央日報)
今日本は韓国に近寄ろうとする。ほぼすべての日本人が韓流を楽しみ、若年層は韓国に憧れる。だが、政治的には鋭敏だ。生活水準が日本を凌駕するほど豊かになった韓国が繰り返し過去の賠償問題で未来の足を引っ張っていると考えている。(中略) もちろん右翼政治家の妄言が繰り返されて戦犯の位牌を安置した靖国に供物を捧げるのは真の謝罪を疑わせる。

だとしても、日本の公式立場は金大中・小渕宣言で明らかにした通りだ。日本の記者と協力方案を話してみたが問題診断は新しいものがなかった。もう残されているのは政治的決断だけだ。特に両国首脳の大胆な決心が必要だ。北東アジア安定のためにも韓日は手を握らなければならない。北核脅威はいまや韓国と日本が別々に対応する次元の問題を超えた。

中国は北核に対して何の制裁や圧迫も加えないでいる。あわせて米中競争構図では韓国の協力を切実に期待する。特に経済の側面で目立つ。最近、中国の記者と対話した席で、彼らは一様に自由貿易の価値を強調した。半導体をはじめとして米国の技術統制を受ける中国としては韓国の経済的地位を重視するということだ。国際社会はもちろん北東アジアで韓国は過去の弱小国ではない。理由は違うが、日本と中国が互いに韓国と組もうとする。韓国の地位が高まりながらだ。政治だけ成熟すれば地位はさらに強くなることができる。最近日本・中国の記者との対話を通じて感じることができた韓国の変化した地位だ。
(引用ここまで)


 「日本も中国も韓国の協力を必要としている。これが韓国の地位の高まりだ」

 はいはい、韓国モテモテ王国。
 韓国人はこうした妄想の垂れ流しを臆面もなくやり遂げます。

 パク・クネ政権時代もユン・ビョンセ外交部長官(外相に相当)が「韓国のハイレベルな外交手腕は卓越している」として韓国モテモテ論を垂れ流していました。
 2020年の駐米韓国大使の「我々は選択を強いられる立場ではなく、選択ができる立場になった」という発言も同様の文脈といえるでしょう。
 コーンウォールG7での「主催国のジョンソン首相とバイデン大統領の間にムン・ジェイン大統領が立った。これが韓国の現在地だ」「もはや実質G8だ」っていうのも同じ。

 常に韓国人の中では「かつてないほどに韓国の外交的価値は最高になった」ことになっているのです。


 そこまで韓国の協力とやらを必要とするのであれば、それこそ「韓国が拒否感を持つ」はずの日本の防衛力増強なんて行われないはずですけどね?
 VOAでのワシントントークで「韓国人は日本の軍事的役割が増大することを非常に懸念している」って司会者の韓国人が言っていた通りに、ですよ。



 こうした翻訳とかちょくちょくTwitterでやっていく予定です。

 公開されている防衛力整備計画とか見ているんですが、もうマジのガチ。
 弾薬備蓄を増やしてかつ拡散するとか、空中給油機を倍以上に増やすとかもう確実に「その日」を設定しての行動ですよこれ。

 中国も「韓国の手助けが必要」なのであれば、なんで国賓のムン・ジェインをあそこまで冷遇できたのかって話なんですけどね。

 まあ、韓国モテモテ王国は韓国人の胸の中で大きく育っているのでしょう。
 浦沢直樹のMONSTER冒頭だわ。

Twitterで更新情報をお伝えしています。フォローはこちらから→


韓国メディア「韓国人はクラシックのコンクールで最強だ!」……ただし、韓国のクラシックを取り巻く環境は……

カテゴリ:自尊心 コメント:(122)
タグ: クラシック
【萬物相】「コンクール強国」韓国の裏側(朝鮮日報)
1974年にはピアニストの鄭明勲(チョン・ミョンフン)が1位該当者なしの露チャイコフスキー国際コンクールで2位になった。優勝同然の快挙に韓国中が沸いた。空港からソウル市庁までパーレードが行われ、数万人が集まって太極旗(韓国国旗)を振った。 (中略)

世界的なコンクールの決勝で韓国出身者が米国・ロシア出身者を上回る「Kクラシック全盛時代」という声も聞かれる。 (中略)

 プロサッカー選手のソン・フンミンが英プレミアリーグ(EPL)で得点王になったからと言って、韓国のサッカーもプレミア級になるわけではない。サッカーファンがサッカー場を訪れるように、演奏会を訪れるクラシック音楽のファン層が厚ければ厚いほど、プロの演奏家が実力を磨き、ステージに立つ力もつく。国際コンクール入賞経験者の新進演奏家の中には、本業である演奏ではなく副業に追われる人もいる。世界トップクラスの楽団は日本には1カ月間滞在するが、韓国には見向きもしない。その理由も韓国市場が小さいからだという。
(引用ここまで・太字引用者)


 この記事を読んでていて思いだしたものがひとつありまして。
 ブルーノートっていうジャズクラブがあるじゃないですか。日本では東京にあるのですが。あれがソウルにオープンしたことがあるのですね。
 2004年3月末にオープンして、6月頭に閉店しました。
 いや、間違いとか勘違いとかじゃなく。
 2ヶ月ちょっとしか保たなかったのです。

 実際、韓国のCD売り場とかに行ってもジャズとかクラシックの棚ってほとんどない。
 棚に入っているCDも日本版だったりします。というか、「韓国版」って韓国人奏者以外であるのかなという感じ。
 韓国のクラシック奏者がコンクールで優勝することはままあるのですが。
 これ、実は兵役免除に直結していたりもするのです。


 で、韓国国内の環境がどうなのかというと、パイプオルガンが設置されているコンサートホールがひとつもないってレベル。
 記事中にあるようにオーケストラは日本に来ても韓国には来ない。


 奏者もコンクールで入賞してもどこに行ってしまうのかわからない、なんて言われてましたね。

韓国人のクラシック演奏力は世界最高…でもコンクール入賞後は?(中央日報)

 2013年の記事。
 いまでも状況が大きく変わっているとも思えません。

 あと先日、ちらっと「韓国ではパレードのハードルが異様に低い」というエントリを書いたのですが、ここでもその様子が描かれてますね(太字部分)。
 なんかあったらすぐパレードやりたがるのです。

Twitterで更新情報をお伝えしています。フォローよろしくお願いします。→

韓国政府「G7の記念写真でジョンソン首相とバイデン大統領の間に立ったムン大統領! これが韓国の地位、実質G8だ!」→すべて嘘でした

 コーンウォールG7の招待国としてやってきたムン・ジェイン大統領が韓国の位置を高めてくれた、とする話がもうすごいことになってまして。
 政府、大統領府、メディアのすべてが大騒ぎ。

 文化体育観光部(省庁に相当)がFacebookへの投稿で、G7の招待国を含めた2日目の記念写真で「写真1枚で見る大韓民国の地位」として「この位置、この姿が大韓民国の地位です。私たちはこれほどになりました」と書きこんだのだそうですよ。
 その位置というのがジョンソン首相とバイデン大統領の間。

g7_2021.jpg
(画像引用元・韓国大統領府)



 開催国のイギリスと最大の大国であるアメリカの間に韓国は入ったのだ。「もうこれは実質的にG8」と舞い上がりまくったのですね。

 ついで会議の席でも上座に座ったと。

g7_2021b.jpg
(画像引用元・韓国大統領府)

 ジョンソン首相のすぐ隣。見たか、これが韓国の位相だ、と。
 メディアが言っているのであればともかく、政府広報サイトでそう書いているんですよ、これ。

文大統領、成功G7サミットデビュー……韓国政府「高まった韓国の位相を確認する」(THE FACT・朝鮮語)
特に政府は国政広報サイトである政策ブリーフィングのサイトで「大統領府はムン大統領のG7首脳会議に出席は世界的なリーダーであるG7諸国と肩を並べる、先進国の仲間入りを果たしという意味だと説明したが、実際の現地の写真を見ると、韓国の変わった位相があちこちで捕捉されている」と述べた。

それとともに12日(現地時間)、各国首脳の記念撮影の写真で主催国である英国のボリス・ジョンソン首相が最初の列の中央に立ち、すぐ横にムン大統領が、またその隣の右にバイデン米大統領が位置し、菅義偉日本首相が、2行目の左端位置を比較して言及した。

また、同じ日にコロナ19ワクチンの供給を議論するための最初の会議でムン大統領がジョンソン首相右隣の中央上席に座って、ジョンソン首相左側にはバイデン米大統領が位置を言及しながら「コロナ19事態を経て変わった韓国の位相を十分確認できる様子だった」と評価した。
(引用ここまで)

 政府だけでなく、もちろん例の「もう韓国は実質的にG8」発言をしたパク・スヒョン国民疎通主席補佐官は「ムン・ジェイン大統領の座っている場所が大韓民国の今日であり、私たちの次の大統領の位置はより栄光のあるものであると確信する」とか述べていたそうですわ。

米国バイデンと英国ジョンソンの間、事実上「G8」誇示……「この位置こそが大韓民国の今日」(ニュース1・朝鮮語)

 ところで、こういった「ムン・ジェイン大統領の立った(座った)位置で韓国の高まった位相を把握することができる」という話は全部デタラメです。

 外交プロトコールでこうした場合の立ち位置等はすべて決まっていて、国家元首を優先し、行政の長である首相は後列に並ぶことが基本です。
 開催国のボリス・ジョンソン首相が中央なのは当然として、それ以外は在任期間の長い順で中央から配置されるというのもまあ常識。

 もちろん、それぞれの国でやりようは微妙に異なっているのでしょうが、基本はこう。
 一時期、日本は端っこばかりだったのですが、1年と政権が持たないことが連続していたからなのですね。
 分かりやすい画像を探していたら2017年のイタリア・タオルミーナの画像があったのでピックアップしてみましょう。

g7_2017.jpeg
(画像引用元・首相官邸HP

 中央は開催国のジェロンティーニ首相(当時・以下同)。左右にトランプ大統領とマクロン大統領。
 その横に安倍総理とメルケル首相、その横はトルドー首相とメイ首相。一番外側にはEUの欧州理事会議長と欧州委員会委員長。
 一目瞭然。
 翌年のカナダでの記念撮影も同様です。
 招待国が入るとぐだぐだになったりもするのですが、そこはイギリス。外交プロトコールをしっかりと守ったということでしょう。

 2枚目の会議での画像も中央のジョンソン首相以外はすべて大統領。左端にメルケル首相がいますから、ここでも在任期間の長さが優先されているのが分かります。

韓国の位相? ムン大統領、G7の記念写真で前列の理由は別にある(朝鮮日報)

 あまりにも韓国政府、大統領府、メディアが浮かれているので朝鮮日報はわざわざイギリス側に「なぜこのような並びになっているのか」と問い合わせしたそうですよ。
 まあ、「我々は実質的にG8だ」くらいのことを言っているのが韓国には似合っていると思いますけどね。
 イ・スンヨプが松井稼頭央と対談した時の「私はすでにメジャー級」発言を思い起こさせますわ。
 あれも悲しい出来事でしたね……。

韓国大統領府高官「韓国は事実上、G8として外交的に位置づけられた」「国際的評価はすでにG8」

パク・スヒョン靑疎通首席「韓国、事実上G8として位置づけ」(聯合ニュース・朝鮮語)
パク・スヒョン青瓦台国民疎通首席は14日、ムン・ジェイン大統領の主要7カ国(G7)の首脳会議に出席について「韓国が事実上G8に位置付けたものではないかとの国際的評価が出ている」と明らかにした。

朴首席はこの日、MBCの 「2時のニュース外伝」に出演、「今回のG7サミットに招待された4カ国のうち、インド、オーストラリア、南アフリカ共和国が議長国である英国と関係のある英連邦国家であるだけに、韓国が事実上唯一の招待国であり、韓国は2年連続G7首脳会議に招待された」と述べた。

朴首席は「保健」をテーマにした拡大会議1セッションで、各国首脳の韓国に対する言及を紹介した。

朴首席によると、バイデン大統領は「韓米首脳会談でも最高だったが、ドア大統領が来てG7サミットもうまくいく」と述べ、ジョンソン首相は「そうだ。韓国は断然最高の防疫模範国」と呼応した。

ここでアントニオ・グティエレス国連事務総長とエマニュエル・マクロン仏大統領が「正しい」、「みんな考えが同じである」と語ったという。
(引用ここまで)


 韓国大統領府のパク・スヒョン国民疎通首席補佐官が「我々の外交的地位はすでに実質的にはG8」とか言い出しました。
 その理由として「オーストラリア、インド、南アは英連邦で、議長国からの招待だからだ」なのですって。
 まあ、普通は「英連邦に偏りすぎで数合わせで招待された」とか思えてもよさそうなもんですが。
 それでも彼らの意識の中では「実質的にG8」なのだからしかたがない。

 あとイ・ナギョン元総理は「G8を超え、G5に入れるよう期待する」とか言いだしてます。

ムンのG7参加にパク・スヒョン "G8"、イ・ナギョン "G5"(マエイル新聞・朝鮮語)

 いやぁ、舞い上がってますね。
 事前から「韓国の外交的地位がアップグレードされた」とか舞い上がりまくってましたからね。

文大統領 今週開催のG7に出席=「韓国外交のアップグレード」(聯合ニュース)
韓国大統領府「文大統領のG7への参加、韓国の地位向上を示す」(ハンギョレ)

 で、挙げ句の果てに「実質的にはG8」「2年連続で招待されたからG8」なんですって。


 これまで韓国がG7にゲストとして招待されたこともありましたし(2008年洞爺湖サミット)。
 2年連続で招待されているのはインド、オーストラリアも同じなのですけどね。

 というか、アメリカでのG7はけっきょく開催されなかったので2年連続もクソもないもんですが。
 はじめて海外旅行に出た子供かってくらいにキョロキョロしてますね。
 ま、実質的にG8ならそれにふさわしい責務が課せられるのですが。そんなもんを背負うつもりはミリほどもないんだろうなぁ。

 Twitterで更新情報をお伝えしています。フォローよろしくお願いします。→

韓国人「日王と呼ばずに天皇と呼ぼう」「なぜなら我々は日本人よりも上位の存在だからだ」……ですって

カテゴリ:自尊心 コメント:(190)
【歴史と現実]天皇か、日王か(京郷新聞・朝鮮語)
コラムを書いてみると新聞社の日本の天皇をしばしば「日王」と置き換える。日本の君主をなんと呼ぶべきか。解放後は長い間、天皇と呼んできたがおおよそ1990年代からマスメディアが「日王」と表記しはじめた。しかし、韓国政府は公式にはまだ天皇と読んでいる。イ・ナギョン首相が日本を訪問した際も、カン・チャンイル駐日大使が赴任した時も、天皇と呼んだ。

1868年明治維新が勃発、日本は朝鮮に新政府の承認を要請したが見事に断られた。その外交文書に中国皇帝のみ使うことができる「皇」の文字があり、明治という日本の年号を使用したからだ。朝鮮は建国以来、中国の皇帝だけを皇として認め、その年号を使ってきた。日本がこのような古い外交慣例を突然無視したので、朝鮮の対応は正当といえる。

今はどうか。天皇という呼称を拒否している人に、なぜそのようにしているのかと聞いてみると、ほとんど気分が悪く自尊心が傷つけられたとする。私たちが日本の下にあることはありえないということだ。今、私たちは王朝時代に生きていますか? 天皇といえば、私たちの大統領よりも地位が高いのか? その後、私たちも大韓帝国に戻り、皇帝も作り、年号も制定すれば自尊心が回復されるか? 康熙帝、乾隆帝のような中国の皇帝はそのまま呼んでも大丈夫なのか? そうであれば、それこそ王朝時代の人である。

1919年3・1運動で大韓民国臨時政府が誕生した。辛亥革命で皇帝支配体制が崩壊した中国では袁世凱が皇帝の復活を試みた。しかし、韓国人はみじんの未練もなく王政を廃止し、堂々と共和国を樹立した。日本は若い青年たちを神風に追いやった自国の天皇制を、国が崩壊しても最終的に清算していなかった。だから公式国名は日本王国でも、日本共和国でもなく中途半端に「日本国」である。王政廃止どころかまだ平成、令和との年号で時代を感じて、お互いの年齢も確認する。天皇であろうと日王であろうとそもそも、このような時代錯誤的な歴史感覚に気を使う必要があるのか​​。

それでもなぜ天皇呼称をあえて選ぶべきなのか。いくら過去の歴史があり、仲がよくない場合でも、日本は私たちの敵国ではない。日本政府が輸出規制を挑発したとき、これに抗議する日本の知識人たちの声明タイトルも「韓国は敵なのか」だった。敵国でない場合は、その国の呼称を尊重するのが成熟した姿勢だ。韓国を除く全世界が天皇(Emperor)と呼んでいる理由だ。一時、日本極右が世界の中心でもないのに、なぜ「中国」なのかと「シナ」と呼ぶとしたことがあった。もしそのような人々が何が大きい大統領か、私は小統領に呼びたいとするのも不合理である。中華人民共和国の首班を感じが悪いからといって、主席の代わりに末席と呼ぶことができないのも同じ理屈だ。

大韓民国憲法第1条は「大韓民国は民主共和国である」だ。感激的な文章である。また、それでも足りなかったのか第2条は「大韓民国の主権は国民にあり、すべての権力は国民より出る」と明言する。一方、日本国憲法第1条は「天皇は、日本国の象徴であり日本国民統合の象徴として、その地位は主権を持つ日本国民の総意に基づく」だ。どうして国民ではなく、天皇が先頭に出る。次にも出てくるか? 「皇位は世襲され、国会の議決した皇室典範の定めるところにより承継する」これが第2条だ。国民の権利と義務は、第10条になってようやく出てくる。

日本国民の意識は「天皇」の下に抑えられており、日本の民主主義もその名の下に制限されている。私たちは誇らしい共和国の市民である。皇帝であろうが、天皇であろうが、君主であろうが、私たちはそのような世界と縁を切って共和国を樹立した。「皇」を使うのか、どのような年号を使うかが李氏朝鮮時代の人間には重要かもしれないが、わが共和国の市民にはない。天皇ではなく「玉皇上帝」ととしても軽く呼んでくれればよいのだ。それこそが民主共和国の市民の自負心だ。
(引用ここまで)


 京郷新聞にパク・フン ソウル大学 東洋史学科教授のコラムが掲載されていまして。
 「日王ではなく、天皇と呼ぼう」という趣旨のもの。
 ただ、その理由は「他の国の君主を尊重しよう」というものではないのですね。
 「我々は民主主義を勝ち取った優れた民族なので、天皇に支配されているような日本を下に見て、天皇でも玉皇上帝とでも軽く呼んでやれ」というもの。
 その根拠がまたすごいのですよ。

・「我々の憲法は第1条から国民主権を謳っている」「日本の憲法第1条は天皇だ。国民については10条以降」
・「我々は1919年3月1日に大韓民国臨時政府という共和国を成立させた」「日本はいまだに天皇の支配下にある」

 ──というわけで、韓国人のほうがはるかに上の階梯にいるので、日王でも天皇でもそんな呼称はどうでもいいのだそうですわ。

 成文憲法がないイギリスをバカにしているのかな?
 アメリカ憲法も第1章は議会について。第2章は大統領と副大統領について。3章は司法について。まあ、これはアメリカが連邦国家であるからという理由も大きい。
 フランス憲法は人権について。
 ドイツ憲法も同様に人権が最初。

 韓国が国民主権を最初に持ち出している理由は、軍事政権を倒してその再興を防ごうという考えかたが最初にきているからだけの話。
 国民主権が普遍的な考えかたなら、わざわざ強調する理由なんてないんだよね。
 日本は戦前から普通選挙ができていたのですから。

 逆説的にこうして「韓国人の自尊心(実際には虚栄心)」を上に持っていかないかぎりは「天皇」と呼ぶことすらできないのですよ。

「世界でトップレベルの技術力を持つ韓国」なのにバカみたいな事故が起こり続ける理由とは?

カテゴリ:自尊心 コメント:(97)
【社説】世界トップレベルの技術を持つ韓国で相次ぐ作業中の事故(朝鮮日報)
 1日朝、京畿道南揚州市の地下鉄工事現場でガス爆発事故が発生し、地盤が崩壊した影響で作業員4人が死亡、10人が重軽傷を負った。地下15メートルで鉄筋を切断する作業を始める際、溶接機を点火した瞬間に燃料のプロパンガスに引火し爆発したものと推定されている。

 土木や建設工事の現場では、特に溶接作業の際に爆発や火災が発生する危険が高いため、これには格別の注意を払わねばならない。今回も作業前にガス漏れをしっかりとチェックさえしていれば、事故は起こらなかったはずだ。2012年に12人の死傷者を出した京畿道広州市の冷凍倉庫爆発事故や、14年に9人が死亡し60人が負傷した高陽市のバスターミナル火災などは、いずれもガス漏れに注意を払わなかったことが原因で発生した。土木や建設分野で世界トップレベルの技術を持つ国で、このような事故が相次ぐのは、何よりも安全管理の基本原則を無視しているからだ。

 28日にもソウル市地下鉄2号線の九宜駅でスクリーンドアの点検作業をしていた19歳の若い作業員が、駅構内に入ってきた電車とスクリーンドアに挟まれ死亡した。「作業は2人1組」「作業時は表示板設置」「作業の際は駅の管理者に報告」といった基本を守らなかったことが原因だ。犠牲となった作業員はソウル・メトロが点検作業を発注する企業の社員で、また上記のガス爆発で犠牲となった作業員もポスコ建設の下請け業者の社員だった。彼らのように低賃金で作業する下請けの作業員たちは、常に危険を甘受せざるを得ない環境で働いている。経費削減のため安全を度外視し、作業員を危険な状況に追いやる企業に対しては厳しく責任を追及しなければならない。
(引用ここまで)

 前々から楽韓Webで言っていることですね。

 先進国の女性で海外に渡航してまで売春するケースは珍しい→その国は先進国ではない
 後進国型の事故が続出する→その国は後進国
 先進国であるはずの韓国が、なぜ海外に孤児を輸出するのか→先進国であるという認識が間違い

 そして、今回は「高い技術力を持っているにも関わらず、作業中の事故が連続して起きる」ですか。
 であれば、その国は高い技術力を持っているということが勘違いであるか、実際に持っていたとしても上滑りしていて実際には身についていないってことですよ。
 浸透していないというべきか。
 この文脈で事故という形ではなく、そのまま工事にまで至ってしまったのがKTXの枕木に吸水性スポンジを使って凍結→コンクリート破壊ってなったことですね。
 技術をフランスから移転してもらっても、上滑りして身についていないからとんでもない工事をしてしまう。
 工事している最中にも誰も疑問に思わない。

 それが事故に転じるのであれば、こうして何人もの人が死ぬような自体になる。
 対策しても上滑りしたままで誰の身にもついていないから、同じことを繰り返す。
 セウォル号と同じことです。
 どこであろうとも事故自体は起こる。ただ、韓国では一度起こってしまうと目も当てられないような事態になってしまうのです。
 いつまで経っても変わらないし、未来永劫変化しないと思いますね。

韓国で企業会長が収監先で優遇されている疑惑……韓国ってそういうもんじゃないの?

カテゴリ:自尊心 コメント:(14)
【コラム】韓国人の自尊心を傷つける「根拠なき」司法不信(朝鮮日報)
 韓国の司法体系について「有銭無罪、無銭有罪」だと批判している人が少なくないように思える。罪を犯した人が相応の処罰を受け、適正に刑を執行されることはニュースにはならない。だが、その二つの過程の一方がぎくしゃくすると、大きなニュースになり、上記のような声が出てくる。専門家たちは「手続き上問題のない事案」によって市民の非難にさらされることもある。

 嶺南製粉の社長夫人、ユン・ギルジャ受刑者のケースがこれに該当する。ユン受刑者は娘婿の不倫を疑い、その相手だと考えた女子大生Hさんを殺害するよう自らのおいに指示した。拉致されたHさんは頭を空気銃で6発撃たれ死亡した。Hさんはユン受刑者のおいの母方のいとこに当たる。結局、娘婿の不倫は虚偽だったことが分かった。殺人教唆の罪で無期懲役を言い渡されたユン受刑者は、偽の診断書を提出して刑の執行を停止されたが、2年前にその事実が発覚し再収監された。 (中略)

遺族は死んだ娘が生き返るのを願っていたのではなく、犯人らが真っ当な審判を受けることを望んでいたのだ。だがユン受刑者は、偽の診断書を提出し、豪華な病室で過ごしていた。「有力者がバックにいるらしい」「嶺南製粉は社名を『ハントップ』に変えて、今でも商売を続けている」「義母(ユン受刑者)から(不倫を)疑われても、積極的に疑いを晴らそうとしなかった娘婿は、裁判官を辞めて弁護士になった」…このような話が次々と出ている。遺族は苦しみから抜け出すことができなかった。 (中略)

ユン受刑者は現在、「華城職業訓練刑務所」に収監されている。一般的には出所を間近に控えた模範囚が、裁縫や溶接、製菓・製パンなどの職業教育を受ける所として知られている。そこに71歳にもなるユン受刑者が収監されているというのはおかしい。またそこで教育を受けてもいないというのも疑わしい。新たな疑惑も浮上した。2009年に設立された同刑務所が、ほかの刑務所に比べ、暖房などの設備が優れていることも背景にある。

 「なぜユン受刑者が」と聞けば、このような答えが返ってきた。

 「名前は『職業訓練刑務所』だが、一般の刑務所の機能に、職業訓練の機能を一部追加したものだ。職業訓練を受けていない受刑者もかなりいる(刑務所側の説明)」「この刑務所の環境が快適だという報道はかなり相対的なもので、根拠のない話だ。模範囚だけを収容しているのではなく、ほかの無期懲役の受刑者もいる。受刑者に関する基準をいちいち公開することはできない(法務部〈省に相当〉の説明)」。記者が確認したところ、この刑務所は模範囚(S1)専用ではなく、ユン受刑者と同じ等級(S3)の受刑者も収容されているというのは事実だ。手続き上の問題はないとみられる。

 だが疑問は残る。ユン受刑者が主に「施設が優れている」刑務所ばかりで過ごしているといううわさは事実なのか。それは単なる偶然なのか。あるいは誰かが配慮したからなのか。こんなに運のいい人がどれだけいるのか。ユン受刑者が刑の執行を停止されたことがあるため、多くの市民はこの事件に関する疑惑を「合理的な疑念」と考えている。ユン受刑者も関する情報が「個人情報」に分類されれば、それだけ疑惑は深まるばかりだ。「量刑の基準」と同じように、「受刑の基準」も公開されるべきだ。

 このようなあらゆる事態が、法律家たちの目には「心を傷つけられた被害者遺族の意識や、大衆の感傷主義」として映るのかもしれない。

 だが、法務部の説明通り「かなり相対的なもので、根拠のない」疑念によって、韓国の司法体系に疑いの目が向けられることは、韓国国民として自尊心を傷つけられる。「かなり絶対的で根拠のある」説明をしてほしいものだ。被害者の家族を考慮することもまた、法務部のなすべきことだと考えてくれることを望む。
(引用ここまで)

 ふむ、不思議なもんですね。
 韓国で一定以上の企業の会長、社長が優遇されないわけがないのですけどね。
 「非正常の正常化」を公約として掲げていたパク・クネですら、財界マスコミからの圧力でSK財閥会長に特赦を施さなければならなかったほど。

 「諸侯」である彼らは優遇されて当然だし、そうして韓国はその「諸侯」の下で成長してきたのですよ。
 韓国においては彼らの犯罪は犯罪として扱われないし、よしんば犯罪として裁かれたとしても収監やらなんやらで手心を加えられて当然なのですよ。
 そうやって韓国はセウォル号沈没事故が起こるべくして起きるように、社会全体で醸成してきたのですから。

 こういう話を糾弾している韓国人だって、いざ自分が「甲」の立場になったら同じことをやるくせにね。

 この事件の真犯人というか、仕掛け人である会長は財閥までいかないのですが、そこそこ大きな企業でした。
 事件の詳細についてはこちらのエントリ、なかば脱獄状態だった話に関してはこちらのエントリを参照してください。

「反日韓国」の苦悩 老いも若きも未来に希望がない