相互RSS募集中です

カテゴリ:漢字関連の記事一覧

韓国の総選挙で躍進した祖国革新党、「祝日の『勤労者の日』を『労働節」に変更する法律」を上程へ……「勤労」って言葉が日本残滓なのだそうで……でも「労働」って言葉も日本語ですけどね

「勤労者の日を『労働節』に変えよう」…法改正しようという野党、なぜ?(毎日経済・朝鮮語)
劣悪な勤労条件を改善し地位を向上するために各国の勤労者たちが連帯意識を固める意味で制定された「勤労者の日(5・1)」が今年134周年をむかえた中で政界ではこの名称を「労働節」に変えようという主張が出てきている。

4日、政界によれば祖国革新党は前日釜山で当選者ワークショップを開き特講「労働運動の理解」を聞いた。 祖国革新党のチョ・グク代表はワークショップに参加し「勤労者の日を迎え、今回の国会で関連法改正を通じて『勤労』ではなく『労働』の名前を取り戻すと国民に約束した」とし、「労働が尊重される社会、その価値を新しくするために記念日の命名を変えることが重要だ」と明らかにした。

チョ代表は先立って1日にもフェイスブックに「勤労者の日という名称は直さなければならない」とし、「5月1日はホン·ギルドンの日か? なぜ労働を労働と、労働者を労働者と呼べないのか? なぜ勤労、勤労者と呼ぶべきなのか」と書いた。

彼は「勤労、勤労者は日本による植民地時代、軍事独裁の残滓だ。 人を使う側で『熱心に仕事をしなさい』と催促する用語」とし、「勤労は正しく労働は不純だという偏見は破られなければならない。 もう正さなければならない。 祖国革新党は22代国会で『勤労者の日』を『労働節』に変えるよう法を改正する」と強調した。
(引用ここまで)


 チョ・グクが代表を務め、4月の総選挙で12議席を獲得して躍進した祖国革新党が国会に向けて最初に出す法案のひとつが5月1日の「勤労者の日」を「労働節」に改名しようとするものだそうで。
 なんで改名するのかというと、「勤労」って言葉は日本残滓だから。
 これ、以前から韓国でいわれている話なんですけどね。

日帝残滓を理由に「勤労」を「労働」に言い換える韓国自治体(朝鮮日報)

 2019年にソウル市がはじめています。パク・ウォンスン市長時代のことですね。
 実際にはこちらの朝鮮日報の記事にあるように、韓国の漢語が使われていた李氏朝鮮時代の編年史でも「勤労」って言葉は使われています。


 メーデーといったら左派のお祭りみたいなもので。
 その記念日に「日本残滓の言葉が使われている」ことが心情的に許せないのでしょう。

 ……っていうかですね。
 労働の「働」って字、日本の国字なんですけどね。
 「労働」も日本で作られた単語。19世紀後半には「労働」と「労動」が併用されていて、だんだんと「労働」に統一されていったとの話。

 まあ、そもそも韓国では漢字は使っていないし。
 そんな言葉の由来とか考えるわけもないのでOKです。

Twitterで更新情報をお伝えしています。フォローはこちらから→

韓国のホラー映画・破墓で使われた「魔除けの漢字フェイスペイント」に中国から「韓国人は漢字も使っていないくせに笑わせる」と嘲笑の声

カテゴリ:漢字関連 コメント:(122)
「中国ネットユーザーよ、韓国映画をあざ笑う前に“盗み見”やめよ」…かの韓国学者が逆ギレ反論(KOREA WAVE)
韓国映画「破墓(パミョ)」の漢字タトゥーに対し、中国のネットユーザーが「滑稽だ」と嘲笑しているのに対し、韓国誠信女子大学のソ・ギョンドク教授が「それなら映画を盗み見するようなことをするな」と批判し、神経戦が続いている。

米動画配信大手ネットフリックス(Netflix)で公開された映画「破墓」は韓国の観覧客800万人を突破した。海外ではモンゴルを手始めに133カ国に販売と封切りが確定した。

最近、中国のSNSで映画「破墓」に対してあざ笑う書き込みがアップされ始めた。

中国のあるネットユーザーは、X(前ツイッター)に「破墓」の俳優たちが怒りを避けようと顔や体に刻んだ漢字についての書き込みをした。

内容は「中国では顔に文字を書いたり刻む行為が非常に侮辱的で屈辱的な行為だ。韓国人は、自分たちは漢字を知らないくせに、それを顔に書いている。本当に滑稽だ」とからかった。

この書き込みは、再生回数約600万回を記録し、議論になっている。
(引用ここまで)


 破墓、という韓国映画がありまして。
 あ、破墓は「墓暴き」とかそんなような意味。
 韓国の英雄であるペク・ソンヨプ将軍に対して墓暴きをして国立墓地から追い出そうとする運動がありましたね。

 なんでも日帝の鉄杭がストーリーに出てくるそうで、「うわ、もうそれだけでも見たいわ」ってなっているんですが。
 どうもホラー、スリラー系の映画の模様。
 日本語字幕のついているトレーラーがあったので置いておきますね。



 これは韓国エンタメを専門に扱うチャンネルがやっているもののようで、日本での公開予定はいまのところないのかな。
 韓国ではまもなく観客動員が1000万人に達しようかというヒット作になっているそうです。

 で、上の第1弾トレーラーにはお祓いかなにかのシーンで顔面に漢字を書いているシーンがあるのですが。
 耳なし芳一的なものかな。


 中国人からそれに対して「中国では顔に文字を書いたり、刻んだりすることは侮蔑的、かつ屈辱的な行為。韓国人は漢字を知らないくせに、漢字を顔に書いているなんてバカげたことをしている。あいつらにとっては『漢字』ではなく『月字』とても言うべきなんじゃないの」といったコメントがついたそうですよ。

 ちなみに月字云々は「Maybe Koreans should not call it Chinese character, but call it "Lunar Characters"」って書かれていて、旧正月のことを「Chinese new years」ではなく、「Lunar new years」と呼べと韓国国内で盛り上がっていることを皮肉っています。

韓国人「旧正月をChinese New Yearと書くヤツは事大主義者だ!」……息苦しそうな社会だこと(楽韓Web過去エントリ)

 で、それに対してソ・ギョンドク教授が「中国人は違法ダウンロードをやめろ」とか言い出している、とのニュースなのですが。
 まあ、漢字の話とまったく関係ないですね。

 実際、韓国人は自分の名前を漢字で書ける人は、少なくとも40代以下ではごく少数です。
 もはやこの世代以下では漢字は「別の文化圏のなにか」と化しているのです。
 漢字を学ぶのはより深く韓国語を理解しようとする一部の知識層だけ。
 韓国ドラマでも四字熟語をどれだけ知っているかを言い争ってマウントを取り合うなんてシーンがあって、英語やフランス語と同じ距離なのだなと感じたことがあります。
 ラテン語を学ぶことで英語の知識がより増すような感じ……かなぁ。

 この顔に漢字を書いて云々というのも、ファッション漢字とでもいうべきか。
 それっぽさを優先した演出に過ぎないことを見破られて皮肉られているんですよ。

Twitterで更新情報をお伝えしています。フォローはこちらから→

韓国「これは李朝由来の純銀の壺! 韓国の登録文化財にしなければ!」→14年後→「あの……底に小林って書いてあって日本企業が作ったものでした」

カテゴリ:漢字関連 コメント:(191)
韓国文化財に登録された花瓶、日本時計店の製品だった…登録抹消(中央日報)
文化財庁は「銀製梨花文花瓶の底の『小林』の押印は東京の小林時計店の製品であることが確認され、登録を抹消する」と明らかにした。

小林時計店はかつての日本の有名な時計店で、美術品制作所として知られている。19世紀半ばから1943年まで東京で営業し、時計のほか銀製品や装身具を制作した。宮内省をはじめ各官庁にも納品していたという。

銀製梨花文花瓶の中央には大韓帝国の皇室紋章「李花」模様がある。文化財庁は2009年、この遺物を登録文化財に登録しながら「王室で使用する工芸品を制作するために設立された李王職美術品制作所で1910年代に制作」と説明した。

しかし花瓶の底に小林を意味する押印があった。登録当時、文化財委員と専門家は遺物の形態、保存状態、製作技法などを調べたが、小林の押印にはいかなる言及もしなかったことが確認され、文化財鑑定専門家としての威信が損なわれた。
(引用ここまで)


 韓国で「重要な文化財」として認められていた李朝由来の銀製花瓶が「日本の時計店によって作られていたもの」と判明して、登録抹消されたとのこと。
 まあ、みっともない話ではありますね。
 その理由もかなりみっともなくて、花瓶の底に「小林」と彫ってあったことに気がつかなかった、というもの。

 ……これ、単純に漢字が読めなかったんじゃないかって思えるんですけどね。
 朝鮮日報の記事では「形だけに目をとらわれて、花瓶の底を確認しなかったようだ」ってあるんですけども。

底に「小林」の刻印…韓国の文化財・銀製李花文花瓶は日本製だった(朝鮮日報)


  その一方で2009年に登録文化財に決まった際の報告書に、全体に加えて底の写真も出てるんですよね。

大韓帝国時代の工芸品「銀製李花文花瓶」は日本製 文化財登録を抹消(聯合ニュース)

スクリーンショット 2023-02-08 19.29.54.png
(画像引用元・聯合ニュースから画面キャプチャ)

 なので「見なかった」なんてことはあり得ない。
 であれば、「純銀」「小林」が理解できなかったと考えるのが自然かなと。

 先日も韓国代表選手のファン・ヒチャンが、親会社の中国企業が旧正月の試合でジャージに簡体字の名前を入れた際に、ひとりだけ拒否していたなんてニュースがありましたが。
 あの時も「自分たちが漢字文化圏であることはおろか、自分の名前が漢字であることすらもはや覚えていない」って話をしましたね。

 そうそう、コメントで「最近の名前には漢字で表記できないものもあるなんてことを知らないのですか?」とか書いてた人いるんだけど。知らんわけないだろうに。
 女子プロゴルファーのパク・セリの時代からそんなのはいたっての。
 でも、中国では漢字を表音文字として使って選手の名前を書くのだから、それでも表記はできるんだよ。

 閑話休題。
 もはや「小林」っていうていどの簡単な漢字すら「専門家」が読めない。
 14年も放置していてようやく「これ、小林って書いてない?」ってなる。
 みっともない話だわ。
 国宝274号事件があるのだから、なにも不思議ではないのですけどね。

Twitterで更新情報をお伝えしています。フォローはこちらから→

プレミアの韓国人選手が「漢字での名前表記を拒否し、ハングルを貫いた」ことで「これぞ国家代表の威厳だ」と絶賛される……キミら、漢字の名前持ってなかったっけ?

ファン·ヒチャン漢字の名前拒否、「ハングル」運動着を着て登場「これが国家代表の威厳」(マイデイリー・朝鮮語)
ファン・ヒチャン(27・ウルバーハンプトン)が中国企業が球団主の所属チームで新年の挨拶と選手の名前を漢字で表記した中でも堂々とハングル運動服を着用して話題を集めた。 (中略)

ウルバーハンプトン選手たちは試合を控えて着用したスポーツウェアに旧暦説を祝う文句を漢字で入れた。

ウルバーハンプトンは中国企業復星国際グループが所有しているため、運動服の上に選手の名前を漢字で刻んだ。中央にはウサギを入れた。続いて漢字で春節をよく過ごすという意味の「新春快楽」を入れた。

しかしファン・ヒチャンは違った。ファン・ヒチャンは同僚たちとは異なり、漢字の名前の代わりにゴシック体のハングルの名前を打った運動服を着て出た。

漢字の名前を正面に拒否し、ハングルを通じて韓国国家代表の名誉を表わしたのだ。
(引用ここまで)


 ちょっと前の記事。
 かなり個人的には興味深いお話だったのでピックアップ。
 ウォルバーハンプトンは中国企業の復星国際がオーナー企業で、旧正月の試合で「新年おめでとう」とするジャージを着ていたのですね。
 で、選手名も簡体字で記したものになっていたと。
 こんな感じ。



 ユニフォームの上に着るジャージですね。
 ですが、ファン・フィチャンはそれを拒絶して、ハングルの名前を入れろと要求したとのニュース。


 本人もインスタでこんな風にしてその行動を誇ったのだそうですよ。

スクリーンショット 2023-02-07 17.25.35.png
(画像引用元・冒頭記事からキャプチャ)

 なぜかインスタからは削除されていますけどね。

 さて、これがかなり興味深い。
 というのも、韓国人のアイデンティティの中に「漢字の名前を持っている」ことが皆無なのだな、ということが理解できる。
 以前、韓国人俳優が日本に来て記帳する時に「金」という字の人部(はじめの2画)を完全に45度で書いていたことがありまして。
 「ああ、完全に漢字は外国語なのだな」と感じました。その人が根本的に字が下手って可能性も捨てきれないけども。

 それだけでなく、ほとんど「漢字の名前を持っている」ことすら意識していない。
 普通に「黄喜燦」って書けばいいのにね、と思うのですが。

 それを拒絶してハングルで書くことを「国家代表の誇り、威厳だ」としてしまう。
 メディアも「漢字の名前を真っ向から拒否し、ハングルを通じて韓国国家代表の名誉を表わしたのだ」とか書いちゃう。
 けっこう笑えますね。

 漢字の利点についての話はこのYouTube動画による「外国人の視点」が分かりやすく解説できてると思うのでついでに。



Twitterで更新情報をお伝えしています。フォローはこちらから→

漢字雑談 (講談社現代新書)
高島俊男
講談社
2016-05-13

漢字を使わなくなった韓国、同音異義語で混乱……それでも漢字語を使いたがる理由とは?

カテゴリ:漢字関連 コメント:(149)
外信コラム 退屈なおわびとは(産経新聞)
韓国語の約7割は漢字からきた言葉だが、漢字を使わなくなったため同音異義語でよく混乱する。たとえば「防火」と「放火」は共に「パンファ」と発音するので間違うと深刻だ。韓国の記者も苦笑していたが記事で「ヨンペ」とあっても「連敗」か「連覇」かすぐには分からないという。

最近、ある業者がおわびにあたって「退屈な謝罪」を表明したといって話題になっている。業者は「深い謝罪」の意味で「シムシム(甚深)」という言葉を使ったのだが「シムシム」には日常的に「退屈」という意味でよく使う韓国語がある。とくに若い世代は漢字に弱いのでネット世界では「退屈な謝罪」と解釈され炎上したというわけだ。

それでも政治家などは漢字語を使いたがる。「ヤンドゥクユク(羊頭狗肉)」などは日本人でも分かるが「ソイプダム(笑而不答=笑って答えず)」など、得意顔で言ってる本人しか理解されていないのじゃないかな?
(引用ここまで)


 産経新聞のソウル支局特別記者、という肩書きになっている黒田勝弘氏のコラム。
 漢字由来の言葉が多いのに、漢字を使っていないから同音異義語の意味が取れないというアレ。
 連覇と連敗は共にヨンペ。
 で、誰だったかがオリンピックで2回連続金メダルの偉業を成し遂げた時に新聞にもウェブニュースにも「連覇!」ってハングルが踊ったのですよ。

 でも、漢字素養がゼロとなっている若い韓国人には「連敗」のほうになじみがあって「2回連続優勝したのになんで連敗したんだ?」という話になったっていう。
 文脈で分かるはずだって言われても、こんな場合はどうするんだって話ができますからね。


 たとえば敗者復活戦がある競技、あるいは予選リーグでポイントを満たせば決勝トーナメントにに上がれる競技だとして。
 Aという選手に負けたBという選手は前回王者だったとします。
 Bはなんとか決勝戦に上がってAと対戦した。
 Bは負けてもヨンペ(連敗)。勝ってもヨンペ(連覇)。
 決勝もリーグ戦でポイント制だったとしたら、Aに2回負けても連覇可能。ヨンペしてヨンペ。
 文脈でぱっと分かりますかね、これ。

 「肩甲骨」が「かたのほね」と表記されるようになった韓国社会では、「2かいれんぞくゆうしょう」とか「2かいれんぞくでまけた」って書かないと理解できないのです。
 それでもこうした漢字語を使いたがる理由ですか?

 いわゆるルー語的に英語を使うようなもんですよ。
 トゥギャザーしようぜ。
 なんかの韓国ドラマで主人公が「俺はこんな言葉(漢字熟語)を知っている」とマウントしあうシーンがあって、ひどく納得したことがあるのですが。
 もはや外国語扱い、なのですね。

Twitterで更新情報をお伝えしています。フォローはこちらへ→

ルー大柴のリバーとトゥギャザー! (アクアライフの本)
ルー大柴と川遊び生活向上委員会
エムピー・ジェー
2013-07-11

韓国の国会議員、財閥会長を「神社に行っただろ!」と聴聞会で吊し上げるも画像加工でクソコラしていたことが判明して大恥

フェイクニュース処罰を主導した与党議員、フェイクニュースで企業経営者を攻撃(朝鮮日報)
 共に民主党の盧雄来(ノ・ウンレ)国会議員は、鉄鋼大手ポスコの崔正友(チェ・ジョンウ)会長の日本での神社参拝疑惑を取り上げた。盧議員は崔会長が過去に東京を訪れた際の写真を公開した。盧議員は「東京で神社を参拝したのではないか。そんなことをしてもよいのか」と質問した。これに対し、崔会長は「2018年10月、世界鉄鋼協会総会の空き時間に東京タワー周辺にある寺を訪れたものだ。韓国の観光客も多く訪れる場所であり、明らかに寺と神社は異なると考えている」と述べた。それでも、盧議員は「神社参拝を認めるか」と尋ね、崔会長は「写真上部に明らかに『寺』という字がある」と反論した。産業災害の責任を追及する場で、おかしなことに親日問題を取り上げた格好だ。

 聴聞会で盧議員が公開した写真には「増上寺」という寺を象徴する紋様が隠されており、写真のねつ造疑惑も浮上した。これについて、盧議員は「徳川家康の位牌を祀った一種の祠(ほこら)に近い。そうだとすれば、寺とは言えず神社と見なすのが正しい」と主張した。 (中略)

 業界からは議員が票を意識し、企業経営者を叱責し、ひどい目に遭わせることに集中したとの批判が聞かれる。崔会長を集中的に追及したことも、最近労働界と市民団体が崔会長の続投に反対する声明を発表したからだとみられている。
(引用ここまで)


 韓国最大の製鉄企業であるポスコの会長が産業災害(産業事故のこと)についての聴聞会で国会に呼ばれて、国会議員から「おまえは神社に参拝したな!」と詰問される。
 ……なにがなにやら。
 しかも、その詰問するための写真がクソコラ画像だっていうね。

スクリーンショット 2021-02-23 11.16.54.png
(引用元:中央日報の記事からスクリーンショット)

 右が国会で「証拠」として提出された画像。
 ポスコ会長の前にある賽銭箱に「南無阿弥陀仏」って書かれた紙があるのですが、その文字を消しているっていう。

 でも、写真の右上にある寺の文字を消し忘れて「ここに寺とあるから寺だ」って反論されて終わり。
 漢字の意味が分かっていれば寺の字も消せたのでしょうけどね。
 国会議員がクソコラ作って、財閥の会長を貶めようとしているんだからなにしてんだかってところですが。
 まあ、でも韓国の国会らしい風景ではあるかな。

 記事中にあるように増上寺での記念写真のようですね。
 どちらにせよ「神社に行った、行かない」が国会の場で論争になる、しかも貶めるための材料として使われるのですから呆れる他ありません。
 「親日派かどうか」というのが、論点になるんだからなぁ。

「NO JAPAN」を叫びながら日本語由来の語彙を使い続ける韓国政府

カテゴリ:漢字関連 コメント:(93)
日本語を採用する「韓国」政府と自治体 日本の植民地時代の清算を叫びつつ(デイリー新潮)
 韓国の政府や与党は「日帝残滓の清算」を叫び、ソウル市は日本語表記をカタカナに変えているが、カタカナの羅列は現代の日本人には読みづらく、誤った表記も多い。だから韓国に居住する日本人はカタカナを読まず、韓国語や中国語を参照している。 (中略)

 明治時代、米国や西欧との交流がはじまった日本は、欧米からもたらされた文化を表す新しい日本語を次々と生み出して、韓国や中国にも輸出した。 (中略)

 鉄道用語は日本語のオンパレードだ。韓国の鉄道は、渋沢栄一が仁川と漢城(現・ソウル)を結ぶ路線を敷いたのが最初で、汽車、改札、入口、出口、乗換、手荷物、受取、取扱、取消、割引、特急、急行等々、日本語漢字の韓国語読みが並んでいる。

 また日常的に使われる個人、義務、鉛筆、電話、飛行機、新聞や哲学、環境、化学、科学、芸術、写真なども日本製漢字語の韓国語読みで、代替する韓国語はない。 (中略)

 韓国政府やソウル市は、日本が持ち込んだ漢字語をなくすというが、そんなことは本当に可能なのだろうか。

 日本語漢字の排斥は、不便さと同音異義語の乱発を引き起こしている。

 韓国の政府や自治体は日本製漢字語を韓国の固有語に置き換えて、搭乗口を「タヌンゴッ(乗るところ)」、出口を「ナガヌンゴッ(出るところ)」など、国際都市を標榜しながら辞書にはない表現に変え、K-POPにハマって韓国を訪れる韓国語学習者の旅行を妨げている。
(引用ここまで)


 あー、これなぁ。
 ソウルの地下鉄内に路線図があるのですが全部がカタカナで表記されているのですよ。
 なので日本人の脳が理解を拒否するのです。
 ソウル駅がソウルヨクくらいならまだマシなほうで。



 以前に韓国に行った際の最寄り駅の隣が「誠信女大入口」という駅だったのですが。
 これがソンシンヨデイック。わからんよ。

 日本で事前に情報を仕入れている場合、駅名はほとんど漢字表記されています。
 韓国観光の最大手であるKONESTで配布している地下鉄路線図も漢字表記。
 でも、現地はカタカナ表記されてわけがわからないものになってます。

0696CB70-B3C7-491D-BABE-D4682957E503.jpeg

 画像はソウルメトロ(seoulmetro.co.kr)が配布している日本語対応路線図。
 これ、絶対日本人に聞き取りせずに作ってるよなぁ。
 記事中にあるように簡体字か繁体字もあることが多いので、そちらで判断してました。
 韓国人にとっては「より平易な文字だから理解できるだろう」という気分なのでしょうけどね。
 以前にロッテマートで受け取った免税についてのレシートを受け取って、ハングルで暮らすということについて書いたエントリがこちら→楽韓さん、韓国を往く - ハングルで暮らすということ

 記事で最後のほうにある「日本語から韓国語に切り替えて不便になっている」というものにつながっている感じですかね。
 かといって漢字を復権させることはできない。

 豊田有恒先生は著書の中で漢字を復活させることができない理由について「日本の功績を隠すためだ」と仰られていて、なるほどと膝を打ったことがあるのですが。
 漢字を使っていると日本文化にアクセスしやすくなる。
 日本が韓国に及ぼした影響が分かりやすくなってしまう。
 そうなると実際に日本がなにをしてきたのか、植民地時代でもそれほど悪い施策をしていなかったのではないか、ということが理解されてしまうわけで。
 NO JAPANとか言っている場合じゃないっていうことが分かってしまう。

 まあ、文字オリンピック2連覇のハングルを使うことは幸せなこと、なのでしょう。
 でも、さすがに駅名表記はちょっと考え直してほしい。


韓国の改憲作業で「日本語由来の漢字語から分かりやすい韓国語」に条文を変換する作業が進行中……っていうか「憲法」って言葉自体が日本語なんですが……

カテゴリ:漢字関連 コメント:(172)
日本式用語の多い韓国憲法・法令用語、文大統領が韓国語化を指示(朝鮮日報)
 文在寅(ムン・ジェイン)大統領は13日「法令はもちろん、憲法においても韓国固有の言葉に修正する作業が必要だ」と述べた。この日行われた国務会議(閣議に相当)でキム・ウェスク法制処長から「韓国の法令で使用される漢字語や日本式用語を韓国語に修正する作業を進めている」との報告を受けた際、文大統領は上記のように指示した。韓国大統領府の金宜謙(キム・ウィギョム)報道官が明らかにした。

 国務会議で文大統領は「憲法を分かりやすい韓国語に直す作業は進んでいないのか」と質問した。文大統領は「漢字語が多く使われている憲法を分かりやすい言葉に修正する作業を事前にやっておけば、憲法改正について議論する際に参考になるだろう」「従来の法令を修正することも重要だが、新たな法令が制定される際には最初から韓国語で作業を行うことが重要だ」などと指摘した。文大統領によると、これらの作業を怠れば「籠で水をくむ」のと同じく成果がでないため、終末段階(最終段階)で法制処が分かりやすい韓国語に修正する必要があるという。しかし文大統領が使用した「終末段階」という表現も法律や軍隊で主に使用される日本式の漢字語だ。
(引用ここまで)

 そこまでやるんだったら、憲法という言葉自体を変更しないと。
 フランス語の「Constitution」を「憲法」と訳して適用したこと自体、日本によるものですからね。
 明治8年に「憲法」の言葉を当てはめて使ったのがはじめてだそうです(日本国語大辞典より引用)。
 科学用語も同様で、韓国語で水素は感じをそのまま読んだ「スソ」。原子力発電なんかも日本語ですが「ウォンジョン」(原発)と言っています。
 まあ、斯様に日本語が韓国という社会構造に入りこんでいるのですよ。
 それも当然でもともと文化、文明になかった概念を導入するには多くの場合、言葉もそのまま導入するしかないのです。

 日本の場合はこういった西洋からの文物をうまく漢字を用いて翻訳語を当てはめているのですが。これは本当に明治前後の国語者に感服するしかない。Philosophyを哲学と訳すとかどういうことなのよっていう。西周がいてくれて本当によかった。一度、青山霊園にお参りに行かなければ。
 というわけで中国も韓国も大半を日本で訳された言葉をそのまま適用しているのですよね。
 でも、韓国ではそれを「積弊」として韓国語に翻訳しているわけですが。

 一昨年あたりは小学校の教科書から「日本語風の言い回し」を除去してましたね。
 医学用語でも腰椎や肩甲骨のことを「こしのほね」や「かたのほね」と言うようにしているとの話でした。
 まあ、こうしてどんどん純化していけばよいと思います。
 より多くの「ハングルは読めるけど意味が取れない」という人間を増やしていけばいいと思いますよ。

[明治150周年記念] 名著から問題を読み解く! 明治から日本の未来を考える (4) 明治人物誌[4] (impress QuickBooks)
平田 周三
インプレス
2018/2/9