相互RSS募集中です

カテゴリ:軍事の記事一覧

韓国国内から「観艦式で韓国海軍が旭日旗に向けて敬礼した!」と大騒ぎ……ま、そんな国内事情なんて知ったこっちゃないわな

カテゴリ:軍事 コメント:(94)
岸田首相、「旭日旗」いずも艦で観艦式査閲……韓国海軍も敬礼(MBC・朝鮮語)
日本海上自衛隊が創設70周年を記念し、今日神奈川県相模湾で歴代第2国際観艦式を開催しました。
観艦式は軍統守権者が艦隊と将兵を査閲する意識で、岸田文雄日本首相は午前10時30分ごろ航空母艦級と評価される大型護衛艦「いずも」に上がりました。 (中略)

自衛隊の護衛艦、補給艦、輸送艦、潜水艦が次々と登場した後、護衛艦「あしがら」に沿ってオーストラリア、ブルネイ、カナダなど外国海軍船舶が姿を現しました。
韓国海軍が派遣した最新鋭軍需支援艦「ソヤン艦」(1万1000t級)は、12カ国のうち9番目の順序で航海しました。
YouTubeで中継された映像で韓国海軍は他の国海軍と同様にいずもに向かって敬礼をしました。 (中略)

観艦式のハイライトである対艦敬礼の途中、韓国海軍の乗組員たちは太平洋戦争当時、日本軍機である旭日旗と形がほぼ同じ海上自衛隊に敬礼する姿を見せないだろうという趣旨という分析が提起されたこともあります。
しかし、同日、海軍が海上自衛隊機がついた出雲の方に敬礼する姿が捉えられて「旭日旗」敬礼を巡る議論が加熱するものと予想されます。
(引用ここまで)


 昨日の国際観艦式はそこそこの好天にも恵まれたようでなによりでした。



 韓国国内では「我々の海軍は観艦式に参加はしても、旭日旗に対して敬礼をしないだろう」といった話も出てたのですが。
 韓国人的には残念なことにしっかりと敬礼していましたね。

スクリーンショット 2022-11-07 18.54.55.png
(画像引用元・上記防衛省動画より画面キャプチャ)

 ……というか、観艦式に来て観閲艦に敬礼しなかったらそのほうがとんでもない問題になります。
 世界中の海軍から敵視されますわ。
 海軍の結びつきっていうのは思っているよりも堅いものがありますから。


 韓国国内ではこの敬礼に対しても政争の具とする気満々。

韓国野党「尹政権、韓国海軍が旭日旗に敬礼するようにさせた…どこの国の政府なのか」(中央日報)

 でもまあ、こうして安保関係をとりあえず上辺だけでもつくろったというのは重要な判断としてユン政権の方向性を表してはいると思われます。
 少なくとも対北朝鮮では対決姿勢を捨てない、っていう。

 ただ、韓国人的にはかなり怒りをもって、このニュースに接している模様。

「礼儀のない韓国」…日本インターネット利用者など、旭日旗敬礼の議論に憤り(ソウル新聞・朝鮮語)

 Yahooニュースのコメントなどを引用して、韓国のやりように憤っている日本人という形でまた分断を狙っています。
 このニュースにもコメントは1800件以上。
 冒頭の記事も1600件超え。ちょっとした大事件の扱い。

 ムン・ジェイン政権時代との日本への扱いの違いもあるのでしょうけどね。
 まあ、国内事情であって日本にとってはそんなこた知ったこっちゃない、ですけども。

Twitterで更新情報をお伝えしています。フォローはこちらから→

韓国メディア「中国が韓国の中規模空母検討に反応している」「福建にも匹敵するって言っているぞ」……まるで空母建造が決定しているかのように語るなぁ

カテゴリ:軍事 コメント:(75)
タグ: 空母 軍事 KF-21N
「このままなら最新空母福建号にも匹敵」中国、韓国中型空母検討に緊張(朝鮮日報・朝鮮語)
9月末に開かれた大韓民国防衛産業戦で韓国産超音速戦闘機KF-21の艦載機型モデルKF-21Nが公開されると、中国が敏感に反応しました。 キムスンギョム合同参謀議長は国会で中型空母推進の可能性を示唆したりもしました。

当初立てた軽空母開発計画を変えて一挙に排水量万トン級前後の中型空母に5世代ステルス戦闘機まで備えているのではないかというのが中国側の分析です。 このままなら中国が経った6月に進水した最新の空母福建号に匹敵する水準です。 韓国空母が米国の中国牽制に活用されると見る見方もありました。

中国CCTVは防衛産業戦開幕日の9月21日「韓国が軽空母代わりに中型空母開発を検討して艦載機も米国産F-35Bの代わりに独自開発したKF-21を選ぶこと」と報道しました。 試験飛行中のKF-21の性能についても詳らかに扱いました。 の放送分が2分51秒で、かなり長かったんです。

官営の中華網は「韓国は、日本のように兵器開発において平和憲法の拘束のようなものがなく、十分な開発能力も備えている」、「日本のように、自国の安全保障の旗印を掲げて軍備を拡充して米国の中国牽制に協力することが起こらないことを希望する」と書きました。 (中略)

実は空母軍備競争を促したのは中国です。遼寧、山東など2隻の空母をすでに実戦配備しており、3番目の空母である福建も進水して性能を試験中です。日本も大型護衛艦であるいずもを軽空母に改造したのに続き、かがも改造作業を進行中です。

空母の戦闘力を測るにはいくつかの基準があります。スケールも大きな変数の一つです。軽空母は離陸距離が短く、F-35Bのような垂直離着陸機を艦載機として使用します。しかし、垂直離着陸をしてみると、離陸重量が少なく、多くの燃料と武装を乗せることができないのが欠点です。作戦半径や活動範囲に制限があります。 (中略)

我が国の中型空母計画はまだ検討段階ですが、隣人中国と日本がこのように空母開発に乗り出す状況で私たちだけ腕を組んでいることはできないようです。
(引用ここまで)


 韓国の発表した……というか、案のひとつとして出ている中型空母建造案について中国が言及した、中国が韓国の空母について気にかけている……というニュース。
 なんかこう。
 排水量4〜6万トンていどの中型空母建造が事実上決定しているかのような空気になってますね。

 現在、韓国メディアに出ている中型空母案はこんな感じです──

・排水量4〜6万トン
・通常動力
・艦載機はKF-21の艦載型KF-21NF-35Bは弱い
・電磁カタパルト搭載
・カタパルトはアメリカからの技術移転希望

 軽空母にしろ中規模空母にしろ、どうにかこうにかガワはできるとは思いますが。
 空母単体では戦力として成立しません。空母は僚艦があってなんぼの存在ですから。


 かつ、艦載機とされているKF-21Nも海のものとも山のものともつかない状況。
 というか、大元であるKF-21もまだ制式採用、戦力化されていない。
 「電磁カタパルト搭載!」って噴き上がっていますが、通常動力でそんなもん動かせるかって話もあります。
 中国の3隻目の空母である福建もがんばって電磁カタパルトを搭載したのですが、通常動力なのでまともに動いていない(らしい)。

 ただまあ……艦船にしてもかなりのトップヘビーでやることの多い韓国ですから。
 中規模空母を建造するとしたら全部入りを望むのだろうなぁ、という感じ。

 それだけエンターテインメントになる機会は多いわけで。
 たとえば「アメリカからF-35Aを買ったらAESAレーダーをはじめとした技術移転がある」としていたのですが、実際には拒絶されたってことがありましたね
 まあ、実際にはそんな契約なんてなかったから移転されなくて当然なんですが。
 ああいった光景がさまざまなシーンで見られると思うのですよ。
 というわけで、楽韓Webでは韓国の中型空母建造を応援しています!

Twitterで更新情報をお伝えしています。フォローはこちらから→

韓国人「韓国にふさわしい空母のサイズは正規空母、艦載機はKF-21Nだ!」

カテゴリ:軍事 コメント:(109)
私たちの国力に3万t級空母は適正か(ソウル新聞・朝鮮語)
「韓国型空母」はいつも論争の中心にありました。来年政府予算の中で空母関連予算は0ウォン。昨年策定した今年の基本設計予算72億ウォンも政府の金庫で寝ています。大規模な予算が投入される事業なので、慎重な検討が必要なのは正しいといえます。最近変わった状況も考慮する必要があります。

空母導入に賛成する方も不満なのは同様です。なぜよりによって3万トン級の「軽空母」で導入しなければならないのか。空母を保有すべき理由が明らかであれば、むしろより圧倒的な空軍力を備えた「中型空母」として開発しなければならないという主張です。

最近、これと関連して興味深い論文が一つ出ました。 (中略)

国力は人口と軍事力が含まれた「国家の力量総合指数」(CINC)、経済力は「国内総生産」(GDP)を基準に指標を設けました。 これを総合評価して効率性の点数が1なら適正規模、1を超えれば適正な規模ではないと判断しました。 (中略)

韓国型空母は何点でしょう。 1.062点で国力に比べて小さい規模で評価されました。 研究チームはこれを土台に韓国の国力に合う空母の規模を満載排水量基準で中型空母級の「5万8300t」として提示しました。 長さは279m、幅は68mです。

イギリスのクイーンエリザベスやロシアのクズネチョフに合わせるサイズです。既存に政府と海軍が提示した軽空母は基準排水量3万t、満載排水量4万5000t、長さ263m、幅43mとはるかに小さいです。

中型空母導入世論は最近、国産戦闘機「KF-21ボラメ」の艦載機派生型である「KF-21N」模型が公開され、さらに盛り上がりました。 (中略)

垂直離着陸方式ではないKF-21Nは離着艦に距離が必要なため、中型空母が必要となります。(中略)

もし艦載機を純粋国内技術で作れば空母事業費をかなり減らすことができるようになります。それなら、中型空母の開発に重さが増えるかもしれません。
(引用ここまで)


 韓国の国力にふさわしい規模の空母は中型空母、という論文が出てきたよというニュース。
 経済規模、人口、軍事力から導き出すと軽空母では韓国には足りていない。
 韓国には軽空母では役不足である、と。
 あとついでにKF-21の艦載機バージョンであるKF-21Nを開発すれば、空母+艦載機で見たときには軽空母計画と大差ないのではないか……と。

 現在、軽空母で運用できる短距離・垂直離着陸機はF-35Bしか存在しません。
 つまり、サイズにかかわらずカタパルトのない空母・強襲揚陸艦ではF-35Bを運用するしかない。
 ただ、F-35Bは韓国国内では「高価なのにF-35Aよりも弱い」とされていて忌避され気味。
 さらに先日は「F-35BよりもKF-21Nのほうがいい」といった主旨のコラムも掲載されるなどしています。


 「軽空母+F-35Bよりも中型空母+KF-21N(KF-Xネイビー)を選択すべき」というのはムン政権時代からも述べられていたことです。
 いろいろと自由の利かないF-35Bよりも自国製造のKF-21Nのほうがいい、との声は常に上がっていました。
 というわけで、今回の論文にもつながっている……というわけですが。

 まあ、正直なところをいえばこの論文は造船企業のロビーかな、といった感じ。
 このまま軽空母事業が終わらせられるのであれば、かなりの痛手でしょうから。
 記事中にある「人口、軍事力、経済力からふさわしい空母サイズを導き出した」とかいう数字、いくらでもどうとでもできるようなものですからね。

 何度か書いているように、楽韓Web的にはこの中型空母+KF-21Nはだいぶおすすめしたい組み合わせ。
 いまだに戦力化していない戦闘機を艦載機に改変する。
 さらに空母なんて作ったこともない国がカタパルト(それも電磁カタパルト希望)を搭載した中型空母を建造するってんですから。
 もうワクテカが止まりませんわ。

Twitterで更新情報をお伝えしています。フォローはこちらから→

BTSの兵役問題、担当省庁は「服務が望ましい」と口を揃える……その背景には少子化時代の兵役問題の公平性が?

カテゴリ:軍事 コメント:(64)
タグ: 軍事 BTS 兵役
韓国国防部長官「BTS、軍服務が望ましい…国会で法改正すれば結果尊重」(中央日報)
韓国の李鐘燮(イ・ジョンソプ)国防長官がボーイズグループBTS(防弾少年団)の兵役問題に関連して「兵務履行の公正性と公平性という次元でBTSの軍服務が望ましいと考える」と明らかにした。 (中略)

李長官はBTSに兵役特例を付与することに対して否定的見解を明らかにしながらも「国会で兵役法が改正されればその結果を尊重する」と言及した。
(引用ここまで)


 BTSの兵役問題について、国会監査で質問が大量に飛んでいます。
 国防長官は「兵役に就くべきだ」と発言。
 その一方で「法律ができればそれに従う」とも。

 要するに「俺らの問題じゃねーんだ、国会でどうにかしろ」って話をしてるわけですね。
 現状、議員立法はいくつも出ているようですが、いまのところ成立の感触はなし。
 男性層からの支持を失うことも恐れているのは間違いないですね。
 国防長官はこのように述べていますが、兵務庁長も同様。

BTS兵役問題 韓国兵務庁長「軍服務が望ましい」(聯合ニュース)

 少子化も見据えて公平性を確保したい、というのは本音でしょうね。
 BTSだからといって兵役特例なんてしちゃらんねーんだよと。


 ちなみに実際に芸能人やスポーツ選手に対して兵役特例を出せるかどうかというのは文化体育観光部の役割。
 で、その文体部長官は「決定を早くしたい」との言葉が出てます。

BTS兵役問題 韓国文化体育観光相「早期に立場決める」(聯合ニュース)

 これらの発言がそれぞれ4日(国防部長官)、5日(文体部長官)、7日(兵務庁長)というもの。
 韓国国内でかなりのニュースバリューがあるということが分かってもらえるのではないですかね。
 昨日もスマホゲームの年齢レーティングで男女分断があることを報じましたが。

 このBTSの兵役問題でも同様に分断されているんですよね。
 まあ、もはや韓国社会はありとあらゆる部分で分断されているというべきなのですが。
 それをブーストしかねない事柄であるのは確かです。

Twitterで更新情報をお伝えしています。フォローはこちらから→

韓国軍が北朝鮮への対抗措置で発射した地対地ミサイル、基地内に落下して爆発炎上……なお、軍は当初なにも発表せず。近隣住民「戦争がはじまったのかと……」

カテゴリ:軍事 コメント:(91)
韓国軍ミサイル発射事故「制御系統装置の欠陥で起きた」(中央日報)
金承謙(キム・スンギョム)合同参謀本部議長が6日、龍山(ヨンサン)庁舎で開かれた国会国防委員会の合同参謀国政監査で、江原道江陵(カンウォンド・カンヌン)地域で発生した「玄武(ヒョンム)2C」ミサイルの落弾と後続対処について謝罪した。

金議長は「北朝鮮のミサイル挑発に対する韓米地対地ミサイルの対応射撃中に発生した状況と、これについて地域住民やメディアに説明できず、住民や国民の皆様にご迷惑をおかけしたことに対して大変恐れ入る」と述べた。 (中略)

金議長は国民の力のシン・ウォンシク議員が落弾の原因を尋ねると「武器製作上、一部の欠陥と推定される」として「初期評価は特定装置の欠陥と評価している」と答えた。共に民主党のアン・ギュベク議員には「ADD(国防科学研究所)が制御系統装置の欠陥だと初期評価した」と説明した。
(引用ここまで)


 北朝鮮による4日の中距離弾道ミサイルの発射でこれまでとは各国の対応が異なっています。
 日米はその日のうちに戦闘機を飛ばし、空自のF-15J、F-2、在日米軍のF-35Bが東シナ海で共同訓練を行っています。
 北朝鮮への対抗措置であるとされていますね。

日米戦闘機12機が共同訓練 北朝鮮ミサイルに対抗―防衛省(時事通信)

 さらに北朝鮮側も戦闘機、爆撃機を出して編隊飛行を見せたとされています。

北朝鮮の戦闘機など12機が編隊飛行 示威行動か=韓国軍機30機出動(聯合ニュース)

 韓国軍もF-15Kなど30機をスクランブルさせたとのこと。
 母港の横須賀に戻る予定だった空母ロナルド・レーガンも踵を返して再度日本海に向かいました。

米空母ロナルド・レーガン、「極めて異例」の再展開…ミサイル発射の北朝鮮に抑止力誇示(読売新聞)

 乗組員からヘイトを買ってそうだな……。


 日米間では首脳、外務、国防、NSCとそれぞれのカウンターパートが電話会談を速やかに行っています。
 米韓間、日韓間でも同様でしたが米韓首脳間ではなにもなかったのは既報
 いまだに米韓首脳の電話会談はないようです。

 さて、在韓米軍と韓国軍は対抗措置の一環として地対地ミサイルを発射したのですが、うち1発が基地内に落下して爆発炎上。



 よう燃えとる。
 この炎上について韓国陸軍は周辺地域、メディア等になにも発表せずに傍観していたとの話で。

韓国軍がミサイル発射失敗、民家近くで炎上 すぐ公表せず…批判続々(朝日新聞)

 ……いかにも韓国軍らしい所業というか。
 最寄りの民家まで700メートルしかないところで炎上して近隣住民からは「戦争がはじまったのかと思った」との声もあったそうで。
 そりゃそうよ。
 お笑い韓国軍の面目躍如ってところでしたね。

Twitterで更新情報をお伝えしています。フォローはこちらから→

韓国軍士官、80%以上は軍人年金を受けられずに退役していた……

カテゴリ:軍事 コメント:(65)
「韓国軍幹部80%以上は軍人年金受けられず…服務期間20年満たせず対象外」(中央日報)
韓国の副士官級以上の軍転役幹部のうち80%以上は、軍人年金を受けることができる服務期間を満たせず転役していることが分かった。軍人年金は服務期間20年以上で受給対象となる。

国会国防委員会所属の金起ヒョン(キム・ギヒョン)国民の力議員は国防部が提出した資料を検討した結果、昨年の転役幹部1万9151人のうち軍人年金受領年限(19年6カ月)を満たすことができず転役した幹部が1万5758人で、全体の82.3%にのぼると12日、明らかにした。 (中略)

国防部は服務年限19年6カ月以上は20年と見なす。受領資格を満たせなかった転役幹部は服務期間に納入した保険料から市中平均利率を適用した金額を一時金として受ける。

金議員は「階級定年制を実施する軍人事制度の特性上、軍人年金の対象者になれない可能性が高いのが現実」とし「早期に転役する軍人の安定した就職支援が結局、現役軍人に対する士気向上および国防力強化につながるという側面で、国防部の転職支援制度が強化されなければいけない」と述べた。
(引用ここまで)


 これ、ちょっと個人的には面白い記事です。
 韓国の年金制度はちょっと前までまともに整備されているとは言いがたいものでして。
 そんな中、まともなものとして──

・公務員・国公立教職員年金
・教職員年金(私立)
・軍人年金

 ……という3つの年金があったのですが。
 そのうち、軍人年金がまともに使えていないというオチだったと。他のふたつの年金は10年で受給資格ができるのですが、軍は20年だったか。

 うーん、これは厳しいな。
 韓国の軍人といっても大半は徴兵で1年半から2年弱ほどの腰掛けで終わるので軍人年金なんかとはほど遠いのですが。
 それでも職業軍人のほとんどが年金を受給することすらできない。もうちょっとどうにかならんか、これって感じですね。
 現在でも高齢者の過半数が無年金ですから。
 社会不安の要因にしかならないでしょ、こんなの。


 靖国神社を爆破しようとしたチョン・チャンハンという人物がいましたが。
 彼は下士(三等空曹相当)として入隊し、6年間勤務して下士のまま退役した……との話でした。
 昇進せずに、おそらくは試験を受けても合格できなかったと思われます。
 そうした鬱屈から「世間に認めてもらいたい」という欲求からああした行動に出たのではないか、と当時の自白などから考えられます。
 さすがにあんなのは稀かもしれませんが。

 それと賭け金が市中金利をつけて一気に渡されるというのもアレだなぁ。
 たしか料率は本人8%だったはずですから、10年勤務したとしたらちょっとした大金が手に入るわけです。
 「これを元手にチキン屋でもやるか!」とか多そうですね。そしていつものパターンと。
 一定の期間以上、勤務した軍人にはそれなりに道ができていてほしいものですわ。

Twitterで更新情報をお伝えしています。フォローはこちら!→

BTSの兵役問題、国防部は兵役に向かわせたい模様……その背景にある「不公平感」の問題とは?

カテゴリ:軍事 コメント:(103)
タグ: 兵役 分断 軍事 BTS
BTSの兵役特例巡り韓国政府が対応に苦慮 当局は慎重姿勢(聯合ニュース)
韓国の人気グループ、BTS(防弾少年団)の兵役問題を巡り、担当官庁の国防部や兵務庁が頭を悩ませている。 (中略)

BTSメンバーの兵役を巡っては、一部の与党関係者が特例の対象にすることを強く求めているものの、国防部や兵務庁は公平性や公正性を考慮して慎重な態度を示している。

 国会国防委員会で一部の議員はBTSの兵役特例に関し国民の意見を問う世論調査の実施も提案した。ただ国防部は世論調査を実施したとしても、その結果だけでBTSの兵役問題に関する意思決定はしないとの立場を表明した。 (中略)

 国防部と兵務庁はBTSに特例を与えることに否定的だ。李鐘燮(イ・ジョンソプ)国防部長官は8月29日に開かれた国会国防委員会の会議で同問題に絡み、「兵役特例の対象者を減らしている中、兵役義務の履行に対する公正性と公平性の価値がますます重要になる点を考慮せざるを得ない」と述べた。

 また李基植(イ・ギシク)兵務庁長は6月、記者団に対し「(兵役は)BTSだけでなく若い男性にとって共通したもの」とし「公正というテーマは兵役義務において不変ではないか(と考える)」との立場を明らかにした。 (中略)

 国防部が慎重な態度を示しているのは、兵役の義務を履行しなければならない20代の心理を無視できないためとみられる。

 軍の消息筋は「人気が高く、万博の誘致活動に寄与するからといって兵役特例を与えようという論理は、法と原則、公正性に照らして妥当ではないというのが軍内の雰囲気」と伝えた。また「主務官庁の国防部は世論調査をせず、ほかの公的機関が世論調査をしても、それによって意思決定はしない」と述べた。
(引用ここまで)


 BTSの兵役問題について、いまだにぐだぐだやってます。
 先月末に「世論調査の数字に従うのはどうだろう」というしょうもない提案がありましたが。
 さすがに国防部はそれに乗ることはなかったようです。

BTS兵役特例 「世論調査結果では決めない」=韓国国防相(聯合ニュース)

 国防部、兵務庁が苦難しているのは「公平性をどのように確保するか」という問題。
 世界最悪といえるレベルで少子化が進んでいる韓国において徴兵制度をどのように継続していくのか、という問題に直面しています。

 20年前に兵役を忌避し、アメリカに逃げた芸能人はいまだに韓国に入国することすらできません
 フランスに帰化して兵役忌避しようとしていたソク・ヒョンジュンというサッカー選手に対してはパスポートを失効させて海外での移籍を阻止するという手段にも出ています。

サッカー元韓国代表選手が兵役逃れ疑惑でパスポート失効、フランスへの帰化を検討か―韓国メディア(レコードチャイナ)

 かなり厳しめに対応しているのが分かります。


 ちなみにソク・ヒョンジュンは「帰国して兵役に就く」と言い出している模様。

「第2のユ・スンジュン」議論となっていたサッカー選手ソク・ヒョンジュン「帰国して入隊する」(中央日報・朝鮮語)

 フランスで韓国人女性と結婚して子供がおり、パスポート失効したままではまともに暮らすこともできない、ということで帰国を決意したとのこと。

 ソク・ヒョンジュンの場合は韓国代表としてプレーしたこともあり、そこそこ知名度があったためにこういうきつい対応になった感じがします。
 つまり、スポーツ選手にしろ芸能人にしろ、兵役義務を持つものはすべて兵役に就かせるのが兵務庁の基本方針というわけです。

 BTSといえども、というかBTSだからこそ兵役に就かせたいという部分があるのでしょうね。
 そして若者の間で拡がる「不公平感」をなんとか落ち着かせたい、と。
 先日の「兵役にいくべき」との結果が出た世論調査でも、20代の数字は「兵役にいくべき」が圧倒的なものでした。
 それにしてもユン政権はなんもかんもが綱渡りだな……。

Twitterで更新情報をお伝えしています。フォローはこちら!→

BTS、韓国国民の多くが「兵役に行け」との世論調査が出てしまう

カテゴリ:軍事 コメント:(107)
タグ: 軍事 兵役 分断 BTS
国民の半分以上「BTS、兵役義務尽くさなければ」… 「特例反対」20代73.2%(ニュース1・朝鮮語)
国民の半分以上は防弾少年団( BTS )の兵役特例に対して反対することが分かった。

世論調査専門業者チョウォンシ&アイがストレートニュースの依頼で去る4日全国有権者1001人を対象にBTS兵役特例に対する意見を調査した結果、「義務を果たさなければならない」という回答は54.1%、「特例恩恵を与えなければならない」の応答は40.1%であった。

「義務を果たさなければならない」という回答率は全地域で「特例恩恵」賛成回答率よりも高く、特に大邱・慶北地域と江原・済州地域ではそれぞれ兵役特例反対意見が69.3%、69.6%と高い割合を占めた。

年齢別では20代が「義務を果たさなければならない」という回答が73.2%で最も多く、続いて30代(60.4%)、40代(49.4%)、50代(48.3%)、60対以上(47.5%)の順に現れた。

「義務を果たさなければならない」という回答率は、男性(58.1%)と女性(50.3%)を問わずいずれも半分以上であり、特に男性が女性より7.7%ポイント(p)高い。

理念性向としては、保守(63.8%)、中道(52.3%)、進歩(47.3%)の順で「義務を果たさなければならない」応答率が高かった。
(引用ここまで)


 BTSに対して「徴兵免除をすべきか否か」という問題についての世論調査で、過半数が「徴兵義務を果たさなければならない」という結果になったとのニュース。
 なんとなく感じていた結果とほぼ同じ数字になったかな、という感触です。
 注目すべきは20代、30代と現役で徴兵をこなした、もしくは徴兵の記憶が新しい世代で「義務を果たすべき」との回答が多かったことですかね。

 20代が73.2%、30代が60.4%。
 以降の世代は歳を経る毎になだらかに「まあ、ええんとちゃう」的な感じになっていく。
 徴兵の記憶も薄れているということだろうなぁ。
 そして、韓国の若者たちがもっとも嫌う話が「不公平」であるということが決定打になっていると思われます。


 スポーツや他の文化での兵役免除は分かりやすいのですよ。
 オリンピックでメダルを取るか、アジア大会で金メダル。
 文化系であれば国際的なコンクールで2位以内、もしくは国内で優勝。
 すでに規定ができている。

 まあ、サッカーや野球でちょっと出場しただけという控えの選手が免除になるという部分もあるので完全に平等かと問われたらそんなことはないのですが。
 でもまあ、すでに規定がありその通りに運用されてはいる。

 それに比べて「ビルボードで1位」「国際的に活躍した」っていうあやふやなもので「義務」を免除してよいのかと。
 ビルボードで2位だったらダメなのか。3位は? 15位は?
 ……といくらでも恣意的に使えるようになってしまうわけで。なんならファンがその規定された数字に届くために(いつものように)数字を操作する可能性もあるわけで。

 とはいえ、別の時期や別の世論調査会社の調査結果では賛成が上回っていたこともあるので、質問の設定次第という気はしますけどね。
 国民投票ではなく、あくまでも「世論調査」ですから。

Twitterで更新情報をお伝えしています。フォローはこちら!→