相互RSS募集中です

カテゴリ:韓国人vs.外国人の記事一覧

韓国メディア「もしかして我々は『韓国のG8加入』についてキムチ汁を飲んでいたのか?」……え、いまになって気づいたの?

カテゴリ:韓国人vs.外国人 コメント:(145)
タグ: G8 G7 広島G7
G8キムチ汁を飲む韓国? 米国「そんな計画知らない」(ハンギョレ・朝鮮語)
韓国のG7参加およびG8拡大期待感は3月、ユン·ソクヨル大統領が強制動員解決策を発表するなど対日外交に積極的に乗り出し、一部で提起されてきた。

先月4日、キム・ビョンジュン全経連会長職務代行は「自由主義と市場経済、そして韓米同盟のおかげで世界経済のG7に相応する強国に成長した韓国が、今や国際社会で重要な役割を果たす時になった」とし「韓国がG8として参加して価値同盟国際秩序の中に寄与できるよう韓国の同盟国である米国が役割を果たしてくれることを期待する」とも述べた。

チョ・ヒョンドン駐米韓国大使も4日、米シンクタンク戦略国際問題研究所(CSIS)対談で「G7首脳会議と関連して一部で韓国を含めG8に拡大しなければならないという話が出ている。私たちが要請したわけではないので、彼らの決定にかかっているが、私たちとしては幸せな話」と話した経緯がある。
(引用ここまで)


Q.「G7広島でG7を拡大し、韓国がG8のメンバーになることは議論されますか?」
A.「その予定はありません」

 ──とする、アメリカ国務省での記者会見でのやりとりを昨日、ご紹介しました
 ついで「韓国がいかにG7加入に恋い焦がれているか」との話を、外交部長官(外相に相当)がG7各国の大使を集めた晩餐会で「我々のG8に乾杯」とやってしまったことを例として上げました。
 なぜか知らないけど心が痛いよ。

 さて、そうして「韓国の拡大G8加入」はほぼ否定されているのですが、韓国国内ではまだまだ期待されているのが現状です。
 冒頭記事の「キムチ汁を(先に)飲む」は日本でいうところの「取らぬ狸の皮算用」と同じ慣用句。
 逆説的にそうした期待があることを証明していますね。


 んで、そんな中でもいまだに「韓国をG8に!」とする記事は引きも切らない状況です。

再び膨らむG8編入期待感…中・ロ相手の外交政策一貫性確保がカギ(東亞日報・朝鮮語)
政権が変わっても外交政策の一貫性を維持できるのか、G7国家が掲げている厳しい編入条件だ。最近、安保問題に浮上した米中競争とロシアのウクライナ侵攻問題などで外交政策を一貫して推進できるかということだ。2020年にトランプ政権がG10(G7 +韓国+オーストラリア+インド)を浮かべた時も相当数G7国家は「各政府の政権が変わっても、域内外の安保環境に対して政策一貫性を維持できるか」という質問を投げたという。

匿名を要求した元高位外交官は「G7は基本的にグローバルガバナンスを議論するところ」とし「編入を望むと外交だけでなく財政・通商などの領域で韓国が国際社会に寄与するところが大きくならなければならず、朝鮮半島やアジアなどを超えて一貫性のある対外政策を体系的に推進できる外交戦略を持っていなければならない」と話した。
(引用ここまで)

 これ、今朝の記事です。
 ま、書いてあることは比較的にまとも。
 韓国がG8になったら「自由主義陣営のリーダーのひとり」として扱われることになる。
 現状の韓国による国際陣営への寄与はとてつもなく少ない。
 ロシアの制裁についてですら及び腰でしたからね。セカンダリーサンクションの対象になるかもしれないまでアメリカに言われてようやく制裁に参加したなんてことすらあったほどです。

 そしてもうひとつの懸念が「政権が変わっても国際貢献の方針を変えずにいられるか」ですが。
 まあ、無理でしょうね。

 ムン・ジェインは中国に国賓として招待されておきながらあの扱いを受けたにもかかわらず、主権を献上(三不の誓い)し、最後まで平伏したままでした。
 あれは中国に朝貢している国の態度、あるいはソ連に加わっている国のロシアに対する態度そのものですよ。
 左派政権になればいつでもああなる韓国がリーダーになれるわけないんですよね。

Twitterで更新情報をお伝えしています。フォローはこちらから→

韓国外相、外務省にG7の大使を集めて「G8のために」と乾杯の音頭を取ってしまう……イタタタ

カテゴリ:韓国人vs.外国人 コメント:(173)
パク・ジン「韓国、世界8強…」グローバル中枢国家として国際社会で役割を果たすだろう」(ニューシス・朝鮮語)
「大韓民国が主要7ヵ国(G7)と肩を並べる少なくとも世界8強水準に来ていると思う」とし「一昨日、外交部が駐韓G7大使たちを招待して晩餐を共にした。その雰囲気はG8の雰囲気。それで『私たちのG8のために』このように乾杯したりもした」と話した。
(引用ここまで)


 今日、最初のエントリで韓国人記者が「広島サミットでG7を拡大し、韓国をメンバーとしてG8に入れる予定はあるのか。また、韓国はその資格があると考えているか」との質問を国務省首席報道官にぶつけて「議論される予定はない」と回答されたとのニュースをお伝えしました。
 国務省の報道官にメディアがこうした質問をぶつける、ということは韓国国内ではそれなりに「すでに我々はG8級」とのコンセンサスができあがっていると見てよいと思います。
 ……まあ、実際はともかく。

 そうした「韓国は政府も韓国人もメディアも『我々はG8なのだ』という認識を持っている」との認識をいくつか見ていきましょう。

・コーンウォールG7での立ち位置は実質G8説
 ひとつ前のエントリで挙げたコーンウォールG7でゲスト国を含めた写真撮影で「ジョンソン首相とトランプ大統領の間にいるムン・ジェイン大統領(すべて当時)」という立ち位置(実際には立ち位置は外交プロトコルで決められている)を勘違いしたなんてのはその典型ですね。

 韓国の文部体育観光部(省に相当)が「これが我々の地位!」と噴き上がったこともそのひとつですし。
 大統領府国民疎通首席補佐官が「ムン・ジェイン大統領の座っている場所こそが韓国の今日なのだ」「韓国は事実上のG8」と舞い上がったことも同様のものとして挙げられるでしょう。

 あるいは当時の共に民主党代表(代表戦での勝因は賄賂)が「事実上G8としての役割を担った韓国を誇らしく報道しろ!」なんて言っていたのも傍証として面白いかな。


・韓国外相、G7国の大使を集めた晩餐会で「G8に乾杯」とやってしまう
 んで、冒頭記事は現在のパク・ジン外交部長官(外相に相当)がG7の大使を外交部に集めて食事会した際に、「G8のために」っていって乾杯の音頭を取ったのだそうですよ。
 ……きっつ。
 いや、きついな、これは。

・韓国メディア「広島サミットで韓国のG8入りが議論されるはず!」
 あとは韓国メディアからも「広島サミットで韓国のG8入りへの議論が行われるに違いない」といった記事がいくつか出てます。

韓国「G8外交戦」総力···日本、「アジア唯一のG7」特権を手放すのか(アジア経済・朝鮮語)
ユンG7出席、韓国「G8」の橋頭堡になるか···「日本も助けるだろう」(国民日報・朝鮮語)

 「もはや資格は十分で現メンバーが認めればすぐだ」っていう認識がたっぷりと味わえると思います。
 お腹いっぱいになるくらいに。
 で、「資格は十分なのに日本が反対している」っていう設定が韓国人の中で浸透していることも理解できるかと。

 ちなみに現状は「G7拡大についての議論はなにも行われていない」だそうです。

Twitterで更新情報をお伝えしています。フォローはこちらから→

韓国メディア、アメリカ政府に「韓国のG8入りはあるのか?」と質問→アメリカ政府「あー……」

韓国を含むG7の拡大改編? 米「加盟国の変化についての議論はない」(中央日報)
米国務省は主要7カ国(G7)サミットを控え、韓国を含むいわゆるG8に拡大する可能性について「関連議論については分からない」と述べた。

米国務省のベダント・パテル首席副報道官は15日(現地時間)のブリーフィングで、関連質問に「今回のサミットを控え、加盟国の変化に関連していかなる議論についても分からない」とし、「もちろん、我々は会議が開かれることをまず見る必要がある」と答えた。
(引用ここまで)


 韓国の記者が国務省の主席副報道官に「アメリカは現在のG7をG8に拡大して、韓国をメンバーとして加入させる予定はあるのか。また、韓国にはその資格があると考えているか」との質問をしまして。
 返答は「今回の首脳会議でメンバーの拡大を議論する計画があるとは聞いていない」とばっさり。



 まあ、ですよねっていう。

 G7のメンバーである各国が「韓国を加入させなければ」って思っているのだったら、去年のドイツでのエルマウサミットでも招待されていたはずですし。
 そもそもが「これで韓国は実質的にG8になった」とかいう話も当時のムン・ジェイン政権の戯言であったことが判明しています。

 2021年のコーンウォールサミットで「主催国のイギリスのジョンソン首相と、アメリカのトランプ大統領の間にムン・ジェイン大統領が立っている」っていう記念写真の画像があり、さらに会議の場でもジョンソン首相とトランプ大統領の間にムン大統領が座っていたのです。
 その画像を見て韓国人が「見たか、これが現在の韓国の地位なのだ」みたいな話を山ほどしていたのですね。
 もはや我々は実質的にG8だ、と噴き上がっていたのです。


 ……いや、本気で。
 文化体育観光部(省に相当)が「写真1枚で見る大韓民国の地位」として「この位置、この姿が大韓民国の地位です。私たちはこれほどになりました」と公式Facebookに書きこんだのです。
 さらに大統領府国民疎通首席補佐官は「ムン・ジェイン大統領の座っている場所が大韓民国の今日であり、私たちの次の大統領の位置はより栄光のあるものであると確信する」と述べたと。

 まあ、実際には席次は外交プロトコルで定められているものでしかなく。
 主催国が中央に位置する。次いで国家元首である大統領が首相よりも前、あとは在任年数で中央から配置される──と決まっていたのでした。

 これ以来、韓国では「もはやG8なのだから招待されて当然。というよりもなぜG7はメンバーを拡大しないのだ」くらいの意識になっているのです。
 いや、本気で(2回目)。
 でなかったら、冒頭の国務省ブリーフィングでの質問は出てこないですよね。

 G7入りとノーベル賞の自然科学部門での受賞は韓国の念願なのです。
 そのことを軽く解説したエントリもありますので、そちらもご覧ください。
 果てしないG8入りの夢、ですねー。

Twitterで更新情報をお伝えしています。フォローはこちらから→

観光地の住人「もう韓国人、中国人については諦めます」……観光公害にもはや諦観

カテゴリ:韓国人vs.外国人 コメント:(128)
日本でなにをしたのか……「無礼な韓国·中国人観光客はもう諦める」(韓国経済新聞・朝鮮語)
最近、世界各地では新型コロナウイルス感染症のエンデミック(風土病化)に観光客の誘致に神経を尖らせている。 (中略)

しかし、香港内では突然訪れた観光客に向かって不平が殺到している。特に、押し寄せている中国人観光客に向けてだ。9日(現地時間)、ニューヨークタイムズ(NYT)は「香港はより多くの観光客を望んでいる。ただ『良いマナー』を持った」という題下の記事で「低価格パッケージで到着する観光客に対して大衆は歓迎ではなく無礼だという反応を出している」と報道した。 (中略)

日本3大時事週刊誌「週刊新潮」のインターネット版「デイリー新潮」は9日、「海外観光客の増加で観光業界は嬉しい悲鳴を上げているが、副作用も大きくなっている」と報道した。

首都圏神奈川県の代表的な観光地である鎌倉に住むある女性はこのメディアに「韓国や中国系が多いようだが、彼らの無礼さに頭が痛い。ペットボトルや生ゴミをどこでも捨てるのはもちろん、マンション団地の花壇に小便をしたりもする。マンションの管理人も最初は気を使っていたが、最近は完全に諦めたようだ」と吐露した。中国系と見られる観光客が真夜中に大声で叫びながら戦ったこともあったと、このメディアは伝えた。

鎌倉市役所の委託を受けたある警備員は「警察官がパトロールをするが、何の措置も取らずにそのまま行ってしまう」とし「ホイッスルを吹きながら『走り回らないでください』『花壇に上がらないでください』と観光客に叫んでいるが、どういう意味なのか全く分からない」と伝えた。

東京最古の寺院浅草寺がある代表的な都心観光地浅草の中心街である仲見世通りも視界がふさがるほど人で賑わっているが、外国人観光客のマナーの悪さに店主の間から不満が出ているという。浅草寺近くのあるカフェのオーナーは食べ物を人数分注文せず、外部から持ってきたポテトチップスを食べたり、店内に「撮影禁止」案内も無視して勝手に写真を撮るなど観光客に対する不満を吐き出した。
(引用ここまで)


 韓国人、中国人の観光マナーに日本の観光地住人が辟易としている、とのニュース。
 実際問題として分母が増えているので、アレな人々も増えているでしょうね。
 ただまあ、日本での一般的なマナーを知らずにやってしまっている部分も少なくないと思いますが。

 以前、ロマンスカーで箱根に行ったときに、すぐ近くの中国人親子がタブレットをアホほどの音量で鳴らしながら子供に動画を見せていたのですが。
 英語で話したら「それは日本のマナーでしょうか。教えてください」という話になって「車内で騒ぐことは歓迎されない」「公共の場でスマートフォン、タブレット等で動画を音を出して見ることは嫌われる原因となる」等々と話したことがあります。
 単純な知識の問題だったりもするのですね。

 韓国人に関していうなら10年前よりはかなりマナーは向上している感があります。
 特に若い人で、かつカップルで来ている人は比較的ちゃんとしている、との話を知り合いから聞いています。


 傍若無人な中国人が増えててプラマイゼロどころかマイナスのほうが多い気はしています。
 とはいえ、80年代、90年代前半くらいまでのヨーロッパでの日本人観光客の振る舞いを知っている立場としてはなんとも言えない部分もあるのですけどね。
 いまの日本人とははるかに及ばないマナーしか持ってませんでしたよ。

 30年以上かけて日本人が田舎者からそれなりに洗練されてきたって事実を知っているので、韓国人、中国人のそうしたマナーもなんとかなるんじゃないかな、とも思います。

 とはいえ、それで「現在マナーの悪い観光客」が免罪されるわけではないのですが。

スラムダンクの“聖地”は今――インバウンド殺到も、鎌倉市が素直に喜べないワケ(ITmedia)

 この状況でもまだ中国人観光客はコロナ前の2019年比でマイナス80%とかなんだよな……。

Twitterで更新情報をお伝えしています。フォローはこちらから→

韓国メディア「G7に韓国を正式メンバーとしてG8に拡大するアイディアが浮上している!」……実際の発言を見てみると

カテゴリ:韓国人vs.外国人 コメント:(107)
「韓国、G7と対等な水準の影響力…G8国家として参加を」(中央日報)
G7に韓国を正式メンバーに入れてG8に拡大する方案が浮上している。

韓国全国経済人連合会が4日、汝矣島(ヨイド)全国経済人連合会(全経連)会館で米戦略国際問題研究所(CSIS)と共同で開催したウェビナーでグローバル舞台で韓国の地位変化に対する言及が相次いだ。特に韓国がG7国家と対等な水準の影響力を保有している以上、G8国家として参加すべきではないかという主張だ。

金秉準(キム・ビョンジュン)全経連会長職務代行は米国ワシントンD.C.と画像でつないだこの日のウェビナーで「自由主義と市場経済、そして韓米同盟のおかげで、世界経済のG7に相応するほど強国に成長した韓国が、そろそろ国際社会で重要な役割を果たす時が来た」とし「韓国がG8に参加して価値同盟国際秩序の中で寄与することができるように韓国の同盟国である米国が役割を果たすことを期待する」と話した。 (中略)

通商交渉本部長を歴任したソウル大学国際大学院の兪明希(ユ・ミョンヒ)教授は「G7体制下で韓国はすでに建設的な役割を果たしているだけでなく、21世紀問題に対応して解決策を提示できる重要な位置にある」と評価した。

米国側も韓国の飛躍と地位変化に同意した。CSISのジョン・ヘイムリ所長は「米国が韓国の先端産業を学ぶところを見て大きな変化を感じている」とし「韓国自ら、辺境の小国と考えていた時期があったが、今や韓国自身が重要なグローバルリーダー国家だと考える認識の転換に感心する」と述べた。ヘイムリ所長は「韓米が共に発展していき、グローバルアジェンダを一緒に扱わなければならない」とし「両国は競争し合うのではなく、協力しなければならない」と付け加えた。

CSISのマシュー・グッドマン副会長は「G7は市場を中心に民主主義を発展させる国家」としながら「G7を拡張して韓国とオーストラリアが『プラスアルファ』に入るべき」と主張した。グッドマン副会長は「G7は同好会のようなサークルではなく、目標と目的意識を持っている」とし「大韓民国は責任を遂行する準備ができていると考える」と述べた。
(引用ここまで)


 「韓国をG8に!」という声が韓国で広がってまして。
 全経連とCSISが行ったウェビナーでそのように韓国側が述べています。
 また、それ以外にもアメリカのヘリテージ財団が「韓国をG8に入れるべきで、今度のユン・ソンニョル大統領の国賓訪米をその道筋とすべきだ」とのレポートを出しているとのニュースも先月にありました。

「G7、韓国を含めてG8に拡大しなければ」… 米シンクタンクの提案(韓国経済新聞・朝鮮語)

 当時、韓国系アメリカ人のアンソニー・キムが書いたんだろうなぁ……と思ったのですが。
 その通りでした。あ、この名前ちょっと覚えておいてくださいね。

U.S.-South Korea Alliance at 70: Moving Onward and Upward(The Heritage Foundation・英語)

 まあ、知ってた。
 さて、この中央日報からはよく見えてこないのですが。韓国メディアの中にはこのウェビナーの詳報をしているところがありまして。


韓国、先進国「G8」合流?ロシアの欠場を狙う(マネートゥデイ・朝鮮語)

 アメリカ側から出席があったのはCSISのジョン・へイムリ所長、マシュー・グッドマン副会長、ハリー・ハリス前駐韓大使、エリオット・カン国務省国際安全保障次官補、ヘリテージ財団のアンソニー・キム氏ら。
 で、アメリカ側からの出席者で韓国をG7に云々って言っているのはこのアンソニー・キムだけ。
 マシュー・グッドマン氏は「G7を拡大して韓国とオーストラリアをプラスアルファの形で入れなければならない」と述べたとされています。
 実際にどんな話をしたのかを聞きたくて映像を探したんだけどなかったんだよな……。どうもこの話だと「G7+α」という形をみているような感じ。

 まあ、実際に提唱している人物もいるので「アメリカで韓国のG8入りを望むものはいない」とするのであれば嘘になりますが。
 基本的には韓国側の願望でしかない、というのが実際でしょうね。

Twitterで更新情報をお伝えしています。フォローはこちらから→

韓国人「ASEANからの好感度は日本には負けるものの中国には勝っている!」……その数字は「韓国による調査」だからかもね?

カテゴリ:韓国人vs.外国人 コメント:(73)
タグ: 世論調査 ASEAN
ASEAN諸国の韓国への好感度 日本下回るも中国しのぐ(聯合ニュース)
韓国国際交流財団のASEAN文化院が14日に発表した報告書によると、ASEAN(東南アジア諸国連合)諸国の人々の韓国に対する好感度は100点満点中81.3点で、日本の85.1点をやや下回ったものの、中国の61.1点を大きく上回った。一方、韓国人のASEAN諸国に対する好感度は平均61.7点と低かった。

 報告書は昨年11月8~25日に19~69歳の韓国国民1000人とシンガポール、ベトナム、タイ、マレーシア、インドネシア、フィリピンの6カ国の国民2400人(各国300~500人)を対象に行ったオンライン調査の結果をまとめたものだ。

 ASEANの人々が韓国について魅力的だと考える分野としては、37.0%が「韓国料理」を挙げた。以下、「映画・ドラマ」が36.3%、「観光名所」が33.1%、「美容・化粧品」が27.1%の順だった。

 韓国と周辺国がASEAN諸国の経済においてどれほど重要かについては、韓国は7点満点中5.8点で、日本の6.1点、米国の6.0点に次いで3位だった。国際関係における重要度も、韓国は日本、米国に次ぐ3位だった。
(引用ここまで)


 ASEANうのち、6カ国(シンガポール、ベトナム、タイ、マレーシア、インドネシア、フィリピン)における韓国の好感度が81.3点。
 中国は61.1点、日本に対しては85.1点。
 日本には劣るものの、それなりに高い点を持っている……とのこと。

 まあ、主催したのが韓国国際交流財団(KF)が行ったものでどんな形式で行われたかも分からないのでなんともいえない数字です。
 KFのサイトを見にいってもこれについてのリリースなかったもので。

 ちなみにASEANは「東南アジアの情勢調査(State of Southeast Asia Survey)」とする知識層による国際関係についての世論調査を毎年発表していまして。

State of Southeast Asia Survey(ISEAS・英語)

 この調査がなかなかに興味深いのです。


 この調査を見ると中国への信頼度はもうちょっと高い。というか、ラオスとカンボジアの数字が突出しすぎていてASEAN全体の平均を歪ませているのでこの6カ国をピックアップしたのは正解かもしれませんね。

 ただ、ISEASの調査では韓国がASEANからどう見られているかがもっと如実に分かってしまいます。
 たとえば「東南アジアでもっとも経済的に影響力のある国は?」との問いでは韓国と答えた知識層は0%〜2.5%の間。平均で1%。
 中国が59%、アメリカが10.5%、日本が4.6%。

 「米中以外の第三極を選ばなければならないとなった場合、信頼できるところは?」という問いではEUが42.9%、日本が26.6%、韓国は3.2%。
 「観光に行きたい国はどこ?」という質問では日本が27.3%でトップ、韓国は7.2%。

 韓国人が言うほど、そして望んでいるほどの信頼度、親密度はないのが実情ですかね。
 もちろん、対韓国でだけの質問するのであればもうちょっと変わってくるのでしょうが。
 多極の中で韓国を選ぶようなことはないわけです。

 韓国人は常に「アジアの中で日本を超えたリーダーになりたい、扇の要になりたい」というか、「なるべきだ」「そのように韓国を扱うべきだ」といった意識があるのですが。
 当のASEAN諸国からはそうは見られていないのでした、というオチに終わるのです。

Twitterで更新情報をお伝えしています。フォローはこちらから→

駐フィリピン韓国大使館、フィリピン人に観光ビザを出さない→フィリピン人「もういいや、日本や台湾に行こう」……そりゃそうよ

カテゴリ:韓国人vs.外国人 コメント:(58)
タグ: 観光ビザ 反韓
【独自】「韓国ではなく日本・台湾に行こう」…フィリピンで高まる反韓感情(朝鮮日報)
 今年は韓国政府が指定した「韓国訪問の年」です。多くの外国人観光客を誘致して経済を活性化させるという趣旨ですが、こうした流れとは違い、フィリピンの韓国大使館ではビザ申請そのものをほとんど受け付けておらず、韓国観光を望むフィリピン人たちが他国に行き先を変える事態となっています。反感感情まで広がっているそうです。 (中略)

 ビザ申請のためではなく、申請する日を予約するための行列ですが、月に一度だけ、こうして行列しなければ予約できません。

 それも1-2時間で受付が終わります。

 韓国大使館前の様子がCNNのほか、現地メディアなどで伝えられたことから、韓国に対するイメージは悪化の一途をたどっています。

 大使館のソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)公式アカウントには抗議のコメントが殺到し、インターネット上では「フィリピン人はもっと良い待遇を受ける資格がある」という投稿が拡散されています。 (中略)

 「アジア地域を旅行しようと思ったのですが、韓国ではなく日本や台湾に行きます。韓国行きのビザの発行が難しいからです」 (中略)

 韓国に来たいという外国人の入国を阻んでしまっている政府。「韓国観光の年」というキャンペーン・スローガンも色あせてしまいます。
(引用ここまで)


 フィリピンでは韓国の観光ビザ取得がとんでもなく難しくなっているとのこと。
 これ、日本でやってたのと同じことですね。
 手書きでビザを発行するので1日に200枚とかのビザしか発行できないってアレ。

 それをもってあたかも「韓国旅行は大人気!」みたいな話にしていましたが。
 ボーイング737の1機分にしかならないような数のビザしか発行しないのだから、すでに航空券とった人にとっては大問題になるので並ばざるをえないっていう。

 フィリピンではどんな状況下というとこんな感じなのだそうで。
 去年9月からこうして行列を作らせたままだと。



 まあ……本当は来てほしくないんだろうな、これは。


 夜明け前からこの行列作って、かつ発行できない可能性もあるわけですからね。
 そりゃ「フィリピン人をバカにしている」って思っても当然でしょ。

 フィリピンの人たちにしてみたら「じゃあ、韓国じゃなくてもいいか」くらいになるのも当然。
 その分、台湾や日本に向かっているそうですよ。
 「日本に行って雪を見てみたい」なんて希望もあるそうで。
 日本の観光局もそんな動画作ってます。



 あんまり見られてないけど(笑)。
 台湾の人も同様に「雪が見たい」って希望あるようですしね。このあたりをもっとセールスポイントにしてほしいところ。
 あ、韓国ですか。うーん、そろそろモルゲッソヨ像でも撮りに行きましょうかね?

Twitterで更新情報をお伝えしています。フォローはこちらから→

韓国で行われた7人制ラグビー決勝、香港−韓国で「香港国歌」として「グローリートゥ香港」を流す……反政府デモのテーマ曲じゃんか

仁川ラグビー大会で「グローリートゥ香港」… 国歌の代わりに反政府デモソングが鳴り響いた(朝鮮日報)
韓国で開かれた国際ラグビー大会のうち、香港反政府デモ隊を象徴する歌が鳴り響いたことと関連して、香港政府が駐香港韓国領事館に公式抗議した。

14日(現地時間)、香港サウスチャイナモーニングポスト(SCMP)、CNNなどによると、ジョン・リー香港行政長官はこの日、あるイベントに出席した後、記者たちに「エリック・チャン政務副総理が韓国総領事に会って強く抗議した。該当事件を見て、責任所在がどこにあるのかを明らかにしてほしいと要求した」と明らかにした。

先立って去る13日韓国仁川南東アジアドラグビー競技場で行われた2022アジアラグビーセブンスシリーズ2次大会男子韓国-香港決勝戦の直前にあった国家演奏時間に中国国家である「義勇軍行進曲」ではなく「グロリートゥ香港」が再生された。「グロリー・トゥ・香港」は「民主主義」と「自由」、香港デモ隊の代表スローガンである「光復香港」、「時代革命」などの歌詞が含まれている。この曲は現在、香港国家保安法違反と見なされるものだ。香港とアジアラグビー連盟から抗議を受けた組織委は、国家が誤って再生されたことを認識し、すぐに中国国家である「義勇軍行進曲」へと変えた。 (中略)

アジアラグビー連盟も公式ホームページに声明文を公開して「アジアラグビーと韓国ラグビー連盟は今回の事件について香港ラグビー連盟、香港政府、中国政府に心から謝罪する」、「今回の事件は正しい国歌の代わりにインターネットからダウンロードされた歌曲を開催現地組織委員会職員の単純なミスで行われたこと」と釈明した。
(引用ここまで)


 たまにはこうした小ネタも。
 韓国の仁川で行われた7人制ラグビーの大会で香港−韓国で決勝戦。
 香港の国歌斉唱で「グローリートゥ香港」がかかったっていう。



 まあ、確かに国歌っぽい。
 グローリートゥ香港は香港の反政府デモ、雨傘運動で使われた曲。
 香港では中学生が演奏して逮捕されたりもしているそうです。


 しかし、「最悪のタイミングで最悪の選択をする」は伊達じゃないなぁ。
 「なんかの手違いでこうなった」じゃないんだよ。しかも、韓国ウォッチャーが大好きな仁川で。
 その間違い方がなんというかロックです。
 真似できるレベルじゃないわ。

Twitterで更新情報をお伝えしています。フォローはこちらから→