相互RSS募集中です

カテゴリ:伝染病の記事一覧

韓国の「コロナ関連死」、実際には2倍以上の数字に? 12月の超過死亡は2.5倍以上だった模様

「コロナ実死者2倍」… 「非コロナ死者」致命的な罠(中央日報・朝鮮語)
コロナ19隔離期間が終わっても医療スタッフがコロナ死亡と診断すれば政府統計に捕えられる。 だが、高麗大医大予防医学部チェ・ジェウク教授は「コロナ19感染者がウイルス陰性となり、コロナ集中治療室から出て人工呼吸器を付けていて亡くなってもコロナ死亡にとらえられない」と話した。

先月末京畿道のある療養院で集団感染が発生した。 重症でなければ病院に搬送されずほとんどが療養院に隔離されたままで7日過ぎた。 70代、80代の老人2人が隔離解除3~4日後に突然悪化して緊急治療室に入ったがさほど経過せず亡くなった。 これらやはり非コロナ死となった。 京畿道南揚州市コロナ拠点病院現大病院キム・ブソプ院長は「隔離解除後、緊急治療室に入ってきた老人の肺は50%壊れ、2週間治療受けて亡くなった」として「コロナで隔離解除された後、亡くなる患者まで含めば実際のコロナ死亡者は政府発表の二倍に達するだろう」と話した。
コロナ19死亡者で処理されなければ政府の葬儀費支援金(1000万ウォン)対象から抜け落ちる。その後、療養院や病院に抗議する。 英国は医師がコロナ19関連死亡だと判定すれば隔離解除後28日までコロナ19死亡と認定する。
防対本関係者は「政府がコロナ19死亡者をわざわざ縮小する理由がない」として「私たちも医師がコロナ関連死亡だと判定すればコロナ19死亡統計に入れる」と話した。 チェ・ジェウク教授は「コロナのために既存疾患が悪化する場合が少なくないために『コロナ関連死亡』という分類項目を明らかに追加しなければならない」と話した。
(引用ここまで)


 韓国政府は「致死率は他国に比べて低いので安定している」と言い続けているのですが、実際の新型コロナ関連死は倍になるのではないか、との記事。
 以前から「陽性確認から7日間の隔離期間中に死亡しなければ統計に反映されていない」と言われていましたが。
 それが裏付けられた形ですね。

 実際、12月の超過死亡は5000人以上になっているとのニュースが別途出ています。

【独自】コロナで医療崩壊の韓国…昨年12月だけで超過死亡数5000人(朝鮮日報)

 12月の新型コロナによる死亡者数は1900人あまり。
 ですが、例年と比べるとその2.5倍以上となる5000人が亡くなっているとのこと。
 朝鮮日報は「医療崩壊で治療が受けられずに亡くなった」としていますが、どうもそれだけでは説明がつかないと感じます。


 同じく朝鮮日報が「この2年のK防疫はなんだったのだろう」といった記事を掲載しています。

防疫措置を守って2年持ちこたえたが... 死亡・感染者数世界最悪「空しいK防疫」(朝鮮日報・朝鮮語)
国際統計サイトアワーワールドインデータを見ると韓国の一日コロナ死亡者は去る19日327人、20日329人でロシア(それぞれ485人、422人)に続き世界2位を記録した。21日には米国死亡者が急増し、米国・ロシアに次いで3位に位置した。最近1週間(15~21日)の累積コロナ死亡者数は2253人で、米国7534人、ロシア3477人に次いで3位だ。米国とロシアの人口が私たちの3~6倍である点を考慮すれば、実際には韓国の死者数は世界最悪水準だという話だ。人口1000万人以上の国だけを置いてみると、人口100万人に比べ死亡者数で、我々は過去1週間で43.92人で世界1位だ。
(引用ここまで)

 韓国においてオミクロン変異体の流入がかなり遅れたというのは事実です。
 それをもって韓国当局は「これがK防疫2.0だ」みたいなことを言っていましたね。
 「流入を遅らせ、ソフトランディングさせたのだ」と。
 大統領府も「誇らしいK防疫!」みたいなことをやってました。
 遅らせただけ、なんだよなぁ……。
 たった45日間で新規感染者を10倍に増やした国なんてどこにもない。
 今日発表の新規感染者数もほぼ50万人。

新規確定再び50万人迫る… 13万人増加した49万881人(聯合ニュース・朝鮮語)

 先週でピークアウトしたのかと思いきや、案の定。
 まあ、K防疫2.0だか3.1だかでがんばってください。

Twitterで更新情報をお伝えしています。フォローよろしくお願いします。→

韓国での新型コロナウイルス、ピークアウトしたように見えてまた前週同日比で増加……明日発表の数字はまた50万人突破か

カテゴリ:伝染病 コメント:(37)
45日ぶりに確定者100万人→1000万人… 食べる治療薬は4月上旬の同日の懸念(東亞日報・朝鮮語)
22日0時基準累積国内確定者は993万6775人。地方自治体などによると、22日にも午後6時までに30万人以上のコロナ19確定者が発生し、23日0時基準集計でコロナ19累積確定者はすでに1000万人を超えた。国内住民登録人口(5163万8809人)を勘案すると、5人のうち1人がコロナ19に感染したのだ。

韓国コロナ19の累積確定者が100万人を超えたのが先月6日だ。最初の確定者発生以来2年以上かかった。当時、防疫当局は「他の経済協力開発機構(OECD)国と比べると(韓国は)100万人の確定に最も遅く到達した水準」と強調した。それだけコロナ19拡散抑制がうまく行われたという「自己評価」だった。

しかしそれ以来、状況が完全に変わった。確定者数が100万人から1000万人に、すなわち10倍に増えるのに要した時間が45日に過ぎない。オミクロン変異ウィンドウは世界的に起きた現象だが、累積確定者1000万人以上の国の中で増加傾向がこのように早いのは私たちだけだ。米国はオミクロン変異が優勢種になった後、累積確定者が1.5倍、英国は1.8倍に増えた。
(引用ここまで)


 ユン政権における日韓関係について書いていたのですが、ちょっと原稿として重いので別ネタで。
 韓国における新型コロナウイルスの感染者数が1000万人を突破しました。
 韓国の全国民中、5人に1人が罹患した経験がある、ということになります。
 冗談抜きでサイコロの目で1が出たら罹患、ですね。

 100万人突破から1000万人突破までわずか45日。
 1日平均20万人という猛烈なペースで感染者を出している、というわけです。
 ちなみに新規感染者数は今日の21時までの集計で47万人を超えています。

午後9時までに47万5276人が確定…昨日より14万6171人急増(聯合ニュース・朝鮮語)
 日曜日発表の数字が20万人台になって「これはもしかしてピークアウトしたのでは?」という期待のこもったコメントや記事もいろいろと出ていたのですが。
 まだちょっと遠いのかな、といったところでした。
 というか、ピークアウトしても急激に減少するというわけでもなさそうですね。
 韓国でもBA.2、いわゆるステルスオミクロンの割合が上昇している影響もあるのでしょう。


 韓国当局は「今週がピークだ」というように認識しているようなのですが。
 ステルスオミクロンが入ってくるとピークアウトしても、減少がなだらかになるいうパターンがけっこうあります。
 まんま日本がそれで。
 上昇してきた勢いほどには減少しない。それでもまあ、日本の場合は実効再生産数はなんとか1を割り続けているので減少は続くでしょうけども。
 ちなみに韓国の場合、実効再生産数はまだ1.1です。ここ1週間で下向きになってはきたのですけどね。
 それ以外にも火葬場の1日に使える回数を5回から7回に増やしたなんてニュースも引用外に書かれています。
 あまりにも死者が急激に増えていることへの対応、でしょうね。
 以前書いたように、隔離期間中以外の死亡は新型コロナによる死亡扱いにはなっていないということなので。
 300〜400人と発表のある死亡者以上の死者数となっているのでしょう。

 あ、それと経口治療薬のパクスロビドの在庫が7万6000人分だそうです。来月早々にも在庫がなくなる可能性があるとのこと。
 当局側は追加導入するとは言い続けているのですが、具体的な日付はまだ。
 一応、モルヌピラビルは備蓄だけは用意されているそうで、緊急承認さえできれば使えるとのことですが。
 まあ……いい加減、関連ニュースを伝えるのもしんどいのでピークアウトしてくれって本気で思います。

Twitterで更新情報をお伝えしています。フォローよろしくお願いします。→

 

韓国政府、治療薬不足で新型コロナ経口治療薬「モルヌピラビル」を緊急承認へ……泥縄だなぁ

今週コロナピークアウトするか…重症・死亡者頂点が再び峠(聯合ニュース・朝鮮語)
30万9千779人→ 36万2千303人→ 40万694人→ 62万1千281人→ 40万7千16人→ 38万1千454人→ 33万4千708人。

去る14日から20日まで一週間集計された新規確認者数だ。

週間確定者数は週末検査件数が減少する影響で、週初めまでは停滞し、週半ばから週末初入までは増加するパターンが繰り返される。 オミクロン変異が大流行が頂点区間を通過しながら減少傾向に入ったのではないかとの期待が出てくる。

しかし、週末で休日の20日の新規確定者数が先週と比較しても減少したという点は注目に値する。
(引用ここまで)


 先週日曜日に発表された数字に比べて1万5000人あまり少ない。
 1月の頭以来、10週間ぶりに前週比で減少したそうですよ。

 というわけで韓国メディアからは「ピークアウトしたのではないか?」との観測がぼちぼちと出てきています。
 「もしかしたならば……もしかしたならば」
 「なにもかもが韓国政府の目論見通りに転がるのではあるまいか?」

 ってなところですね。
 いや、どうなるか分かりませんが。人口の60%以上が追加接種を受けていることでどうにか「一時的な社会的キャパシティの麻痺」くらいで済めばいいのですが。
 まあ、それ以前に1日60万人まで感染拡大させるこたなかっただろとは思うのですけどね。


 あ、そうそう。
 新型コロナの経口治療薬であるパクスロビドの在庫ですが、あと2週間持たないそうです。
 朝鮮日報が16日に「なんでこんなに供給が薄いんだ」って報じてから供給がまともになったようで。
 でも、1日40万人前後の感染者数に対して、韓国政府が購入できたのは16万人分ちょっと。
 圧倒的に在庫が少ないことに変わりはありません。

 というわけでいまになってモルヌピラビルの緊急承認をしようとしているそうです。

政府「患者激増に経口治療剤モルヌピラビルを緊急承認レビュー」(聯合ニュース・朝鮮語)

 だっさ。
 韓国政府は去年の年末にモルヌピラビルの承認をしなかったのですよ。「パクスロビドに比べて効果が低い」として。
 ですが、パクスロビドは使用禁忌がいろいろとあって使いづらい薬でもあります。
 新型コロナで重症になるのは既往症のある患者。そうした患者はすでになんらかの治療薬を使っていることもあって、パクスロビドが使えないことも多いようです。

 で、いまになってモルヌピラビルを導入しようとしている。
 すでに韓国国内には24万人分が備蓄されているそうで。
 ……最初からやっておけばいいのに。

 こういうのを泥縄っていうんだろうなぁ。
 ムン・ジェイン政権のありかたそのものですね。

Twitterで更新情報をお伝えしています。フォローよろしくお願いします。→

韓国当局「新型コロナの隔離期間解除後になくなったらコロナ死亡者としてはカウントしない」……え、マジで?

カテゴリ:伝染病 コメント:(91)
オミクロン株が無差別拡散…防疫緩和で無防備の韓国政府(中央日報)
政府はこれほどの感染者急増を全く予測できていなかった。金富謙(キム・ブギョム)首相は1月25日、「政府と仕事をする専門家は3万人程度でピークを迎えると予想している」と述べた。2月7日には鄭銀敬(チョン・ウンギョン)疾病管理庁長が「2月末に感染者が13万-17万人になる」と予想した。専門家らは、感染によって自然免疫を得た人が少なく、人口が密集する韓国の特性を考慮しなかったのが問題だ、と指摘した。高麗大のチェ・ジェウク教授(予防医学科)は「2月に入ってオミクロン株が広がり始める時から政府はすべての防疫を放棄して放置し、現在はマスクを外していないだけで国民はほとんどコロナ以前のように生活している」とし「国民の犠牲を前提に集団免疫を実験した格好」と述べた。 (中略)

高麗大九老病院の金宇柱(キム・ウジュ)感染内科教授は「季節性インフルエンザによる死亡者は年間2000-3000人である半面、コロナによる死亡者はすでに1万人を超えた」とし「インフルエンザの致死率は0.01%だが、新型コロナは0.14%であり、高齢者は致死率が高まるが、政府はむしろ防疫を緩和した」と批判した。 (中略)

大韓医師協会新型コロナ対策専門委員会はこの日、「コロナ患者の適切な治療のための医療機関移送が事実上中断した状態であり、多数の死亡者が発生する可能性が高い」とし「防疫緩和の中止を強く求める」と反発した。医師協は「現在の死亡者数でも人口に対する比率は世界最高水準だが、ここには短い隔離期間解除後に死亡した人たちは含まれていない」とし「オミクロン感染後に基礎疾患が悪化して死亡する人も増えていて、現在集計されている死亡者数はむしろ過小評価されている可能性がある」と主張した。
(引用ここまで・太字引用者)


 太字部分、マジか……って感じですが。
 隔離期間解除後に亡くなられた場合は「コロナ関連での死亡」とは扱っていない、って。
 先日、60万人を超えるの新規感染者数があった際に、死者も400人を超えるという事態になりましたが。
 その際にも当局から「400人のうち半分ほどは基礎疾患があったので、正確に言えばコロナ関連死ではない」みたいな説明がありました。
 もう無茶苦茶だな。

 あと引用冒頭部分のピークアウトが度々後ろ倒しになっていく、というのも同様で。
 その都度、その都度で防疫措置を緩和させているのですよ。
 私的会合は4人まで+飲食店は21時までの営業制限でした。
 それが22時までに。ついで6人までに緩和。さらに23時に緩和。
 そして週明けからは8人までになります。
 18日現在の実効再生産数は1.29。
 まだぴくりとも1.3前後から動かない。
 でも緩和。


 これが1.1くらいだったら、まだ緩和の方向に向かうのも分からないでもないんですけどね。
 1.3で緩和……なあ。

 2月の頭の旧正月頃には2万人だった新規感染者数は20〜30倍規模に。
 日本の感染者数は10万人を超えていたころでしたか。
 声高に「ほら見ろ、日本の防疫のほうが優れているなんて言っていたやつらはどうだ!」とか言っていたんですが。
 いまや韓国が世界一の感染対国ですからね。
 どの国も達成したことがない、人口の1%がたった1日で感染するという偉業を成し遂げたほど。

 鳴り物入りで導入した防疫パス(ワクチンパスポート)も有耶無耶の中に消えていったのは記憶に新しいところですが。
 個人的にはあれが韓国政府を「もういいや」という投げやりな方針に陥らせた最大の原因かな、とは感じます。
 「ワクチンパスポートで国民を守ってみせる」くらいの勢いだったのですが、初日にシステムダウン。
 その後も裁判所から「人権侵害だから取り除いて」って判決が連発されて、本当に有耶無耶になったのですよ。

 あれで「もういいや、もう知らん」って後は野となれ山となれ、と放置された感じがします。
 ま、それにしたって1日に人口の1%感染はないけどね。

Twitterで更新情報をお伝えしています。フォローよろしくお願いします。→

感染爆発の韓国、予防接種の乳児と新型コロナ検査待ちの患者が同じ待合室に……発熱外来で分けたりしない模様

「近所の病院に行ってコロナにかかったら」…一般患者など「不安」(聯合ニュース・朝鮮語)
4ヶ月になった子供を育てるAさんは最近予防接種をしに近所の小児科に行って驚いた。

病院の待合室には診療を見に来た子供の患者よりも迅速抗原検査を受けに来た成人がはるかに多かったからだ。大気空間は全く分離されておらず、一般患者とコロナ19発熱患者が混ざっていて、迅速抗原検査を受けた人が医師診療を受けるために一般患者が利用する診療室に入ったりもした。

Aさんは「狭い待合室に検査を受けに来た大人たちがいっぱいで、迅速抗原検査を終えた後、確定判定書を持って出て行く人もいた」とし「マスクもできない4ヶ月の赤ちゃんを抱えて発熱患者と並んで座って待つ。感染するかと思いすぎて不安だった」と話した。

去る14日から専門家向け迅速抗原検査だけでコロナ19への感染が認められ、近所の病院・医院が検査を受けようとする患者で賑わっている。

しかし、迅速抗原検査者と一般患者が同じ空間で待機したり診療を受けるなど、動線が分離されないところが多く、病院内感染の懸念が提起されている。

過去14日一般診療のために近くの内科を訪れたというBさんは「迅速抗原検査をしに来た人が多すぎて待合室で2時間待ったが、私の隣に座っていた人が確定者だった」とし、「診察を受けるために病院に行ってコロナにかかるところだった」とした。

彼は「待機空間が狭くて分離ができなければ迅速抗原検査と一般患者診療時間帯を違うなど、病院内感染を防ぐ方案を講じなければならないようだ」と付け加えた。 (中略)

ある小児科医は「迅速抗原検査に対する健康保険点数が既存の診療に比べてはるかに高く策定されたため、病院が多く参加するようだ」と話した。
(引用ここまで)


 現在の韓国では最大で1日に人口の1%が罹患しています。
 ということは1週間で5%台後半〜6%台前半が罹患するといったところ。
 1週間で15人に1人ほどが感染するわけで。

 以前に「対面の必要がある仕事をしている人は6面ダイス振って1が出たら感染です」と半ば冗談めかして書きましたが。
 もはや現実はそれどころじゃない感じですかね。あ、一部の世の中には6面以外のサイコロがいっぱいあるのです。

 もちろん、場所によって危険性の濃淡はあると思いますが。
 記事にあるように病院や検査所といった場所はだいぶ危険なのでしょう。
 であるにも関わらず、一般患者と抗原検査を求める人々が同じ待合室にいる、という状況。


 韓国ではこの14日から医療用抗原検査でも感染確定となるので、街中の医院でもやたらめったら検査が行われているそうですよ。
 医療用抗原検査を行うと保険点数が高いとのことなので。

 日本では発熱外来は時間をずらしてやってますよね。
 あるいは発熱外来だけの導線が異なる場所で診察等をワンセットで行っているか。

 韓国では小児科で予防接種を受ける子供と、抗原検査を受ける人々が同じところにいる。
 ……雑。
 まあ、韓国らしい、K防疫らしいといえばらしいですけどね。

Twitterで更新情報をお伝えしています。フォローよろしくお願いします。→

韓国の感染者急増で医療崩壊、薬局からは解熱剤が消滅、保健所はパンク、企業・学校も大混乱

二日間で新規感染者100万人…「隔離急増で業務麻痺」会社も学校も大混乱=韓国(ハンギョレ)
 専門家用迅速抗原検査を行う地域の病院や医院(呼吸器専門クリニック)は、患者が押し寄せ、ごった返している。17日正午、ソウル市鍾路区光化門(チョンノグ・クァンファムン)駅周辺の耳鼻咽喉科医院のスタッフは、「20分ほど待たなければならない。普段は待ち時間が40分ほどだから、今(検査を)受けた方が早い」と語った。すでに待合室には少なくない人がいたが、昼食時間を利用して迅速抗原検査を受けようとする会社員たちが次々と入ってきた。京畿道高陽市一山(コヤンシ・イルサン)に住むLさん(54)は「この近くに新型コロナ検査指定病院が3カ所しかないため、1時間待つのは基本」だとし、「病院前の廊下にまで長い列ができている。保健所の検査より時間もかかりそうだし、かえって危ないかもしれない」と話した。

 解熱剤や風邪薬の需給にも問題が起きている。ソウル冠岳区(クァナクク)のある薬局は「新型コロナの症状が現れた人があまりにも多く、タイレノールは底をついた。ほかの解熱剤を推奨している」と話した。京畿道龍仁市(ヨンインシ)に住む40代のCさんは「新型コロナの陽性判定が出て、喉の痛みに効くと噂になった薬を求めて、夫が近くの薬局4カ所を回ってソウルまで行ったが、結局手に入れることができなかった」と語った。 (中略)

 新規感染者が急増したことで、保健当局の管理が行き届かないケースも増えている。新規感染者のうち60歳以上は集中管理群に分類され、医療機関から1日2度電話をかけ、患者の状態をチェックすることになっているが、それがきちんと守られていない。自宅療養中の80代のLさん(慶尚南道金海市)は、「昨日は病院から電話があったが、今日の午前中にはかかってこなかった」と話した。ソウル冠岳区に住むMさん(67)は、「孫が自宅療養をしているが、熱が40度を超えたのに、薬を処方してくれた小児科と電話がつながらず、気をもんでいる」と語った。
(引用ここまで)


 左派紙であり、現在のムン・ジェイン政権をほぼ手放しで是認してきたハンギョレですら、さすがに現在の防疫措置には不満らしく。
 昼で扱った社説も同様に批判的なものでしたが。
 こうしたニュースでもどことなく批判的な空気が漂ってますね。

 病院では医療崩壊。
 薬局では鎮痛解熱剤等がなくなり。
 保健所もケアができなくなる。
 社会全体が混乱し切っている。


 韓国当局は「致死率が低い」だの「重症者は安定的」だの言ってますが、致死率がどうこうとかの話じゃないんだよな。
 感染の絶対数が高くなったらこうして社会全体に負荷がかかるのは間違いない。
 その上にここに防疫措置緩和しようとしてますからね。
 同じくハンギョレは「これからがほんとうの地獄だ」みたいな記事も掲載されています。

韓国、一日のコロナ死亡者429人…「重症・死亡急増、始まりにもなっていない」(ハンギョレ)
イ・ジェガプ教授(感染内科)は、「報告が遅れていた人がこの日に含まれたとしても、死亡者数は大幅に増えている状況」だとし、「今日の死亡者は、2週間前に20万人の感染者が出た時のものが反映された死亡者であり、(感染者の急増による)本格的な死亡者の増加は、まだ始まりにもなっていない水準」だと述べた。
(引用ここまで)

 オミクロン変異体が流行していた(ピークアウトした)国々を見ても、感染者がピークに達してから2〜3週間後が重症者や死亡者のピーク。
 60%以上に達するワクチンの追加接種がどれだけ効いているか、ですが。
 というか、もう人口あたりで比べるとすでに死亡者では日本を超えていたりします。

 正直、そろそろ食傷気味ではありますが。
 なにせK防疫は世界標準らしいですからね?
 もうちょっとだけ続くんじゃ、っていうところで。

Twitterで更新情報をお伝えしています。フォローよろしくお願いします。→

韓国政府、新型コロナの経口治療薬を出し惜しみ。5日以内に投与が必要な薬を申請後2週間してから届ける

今度はコロナ治療薬が品薄、韓国政府が防疫で果たした役割とは一体何なのか(朝鮮日報)
連日30万人台の新型コロナウイルス感染者が発生しているが、医療現場では新型コロナ経口治療薬(パキロビッド)を入手できず、悲鳴を上げている。政府が確保してあると言い切った新型コロナ治療薬はみんなどこへ行ってしまったのだろうか。 (中略)

 感染者が増えても、治療薬の供給がスムーズに受けられるなら、重症化や死に至る状況は大幅に減らせるだろう。政府は発症後5日以内に治療薬を服用すれば、入院や死亡の確率を88%減らせると言った。だが、最近は政府の処方基準である60代以上などで感染が分かっても治療薬をもらえないケースが増えている。防疫当局が治療薬を確保したまま解放していないからだ。政府はパキロビッドを約76万人分契約し、現在まで約16万人分を受け取った。ところが、これまで2カ月間の処方件数は4万件(24%)に過ぎない。感染者数がピークに向かいつつある今こそ治療薬が最も必要な時期なのに、確保したまま開放しないとは、一体どこに使おうとしているのか。 (中略)

 政府が当初から新型コロナ治療薬を適切な時期に十分確保していたら、このようなことにはなっていなかっただろう。人口比で見ると、韓国の治療薬契約量は米国・英国・日本などほかの国に比べて少ない。それでも少しずつ韓国に入ってきているものの、最も必要な時に品薄現象に陥っているのだ。今回の新型コロナ対応で、政府はマスクやワクチンを適切な時期に供給できず、国をひどく混乱させた。そして今、治療薬すら適時に確保・供給できず、国民を危険にさらしているのだ。世界がうらやむという「K防疫」で政府が適切な時期に自らの役割を果たしたことがあるだろうか。国民がプライバシー保護や生存権を犠牲にして政府の方針をよく守り、従った結果を、政府が自ら公認したことかのように自分の手柄だと言っただけだ。
(引用ここまで)


 感染状況が拡大するだけしている韓国ですが、昨日の死亡者数は429人。今日発表の数字は301人。
 重症者数は前日から減少して1049人。110人減少した理由は、「退院したから」じゃないだろうなぁ。
 その重症化を防ぐための経口治療薬が出回っていない、との話。

 現在、韓国ではパクスロビドだけが承認されています。
 モルヌピラビルは承認外。
 パクスロビドが重症化を約9割防ぐとされているので、こちらだけでいいという判断だったとのことです。

 ところがまず契約で躓いて、ファイザーから供給当初は7万人分しか契約することができませんでした。
 その後、30万人分の契約にこぎつけたらしいのですが。
 実際には1日平均13人にしか投与されないという体たらく。
 現在までに供給されたのは16万人分ちょっととのこと。


 そうこうしている間に、ご存じのように1日に人口の1%が罹患する事態になったのですが。
 治療薬はさっぱり出回らずに治療機会を逸しているそうです。
 なんでも「申請してから2週間後に来た」なんてケースが続発しているとのことです。

パクスロビドの不足事態… 「申し込みしてから2週間後に受け取る」(文化日報・朝鮮語)

 パクスロビドは症状が出てから5日以内に投与を開始しなければいけないのですけどね。
 韓国政府は今月末には追加供給があるとしているのですが、2週間ほどは現在残っている8万8000人分の在庫でやりくりするしかない。
 こういうこともあるから、モルヌピラビルも承認しておけばよかったのですよ。
 それでなくてもパクスロビドは使用禁忌が多くて使いづらいんだから。
 持てる武器を自ら少なくしてどうするんだって話ですわ。

 シンシアリーさんのところによると「治療薬スワップをすればいいんだ」みたいなことを言っているそうですが。
 ピークアウトした国が多数とはいえども、感染が続いているところばかりなのにどうするつもりなんでしょうかね。

Twitterで更新情報をお伝えしています。フォローよろしくお願いします。→

韓国の新型コロナ感染者数、実数でも人口あたりでも世界一に……当局「それでも致死率は低い!」……確率の問題じゃないんだが

新規感染者4人中1人は韓国…世界で最も多い(ニューシス・朝鮮語)
韓国オミクロン大流行が頂点期間に入り、連日30万人台の確定者が発生するにつれて、全世界コロナ19新規確定者25.8%が国内確定者であることが分かった。全世界の確定者4人のうち1人は韓国人のようだ。

16日のグローバル統計サイトワールドオメーターによると、過去14日(現地時間)に基づいて、国内の1日の新規確定者は30万9769人で、世界中で最も多い数を記録した。全世界の新規確定者120万2401人のうち25.8%が韓国から出たのだ。 (中略)

パク・ヒャン中央事故収拾本部防疫総括班長は去る15日定例ブリーフィングで「1月中旬オミクロン頂点当時確定者規模は米国の場合120万人、フランスは50万人以上発生した」とし「現在まで累積致命率はそれぞれ1.21%、0.61%」と述べた。

彼は「(国内)日々確定者数が30万人以上発生し、持続的な増加傾向を見せているが、確定者数が多く発生した他の国に比べると低い致命率を見せている」と診断した。
(引用ここまで)


・人口あたりの新規感染者(オールタイム) 世界1位
・3月17日時点での新規感染者数 世界1位

 さすが韓国とでも言うべきか。
 人口あたりの新規感染者数だと実数で50万人を記録したフランスと1、2位を争うところですが、さすがにフランスでも1日で人口の1%が罹患するなんてことはなかった。
 いまだに韓国政府当局は「致死率が低い」としているのですが、感染者の母数が大きすぎるのとまだピークに達していないからでしょう。
 死者が増えるのはピーク到達数週間後ですから。

 「致死率は季節性インフルエンザと同等」とか言ってますが、インフルエンザには1日60万人もかかるような感染性の高さもなければ、脳が縮小するなどの重篤な後遺症もないしな。
 韓国は世界の中でも追加接種率が高いので、致死率が低いままで推移してくれるとよいなとは思いますが。


 そんな中、さらに防疫措置緩和に重きを置く模様。
 これまで私的会合は6人まで、飲食店等の営業は23時までだったものを8人・23時に変濃くするとのこと。21日から。

新規確認60万人台の爆症に… 防疫措置「8人-11時」へ小幅緩和(聯合ニュース・朝鮮語)

 感染者の増加に対しては「抗原検査キットでの陽性も感染扱いにして、隠れていた感染者が見つかるようになった」のが原因と発言。
 さらに死者の増加についても「400人の半分は基礎疾患を持っていたので新型コロナが死因とはかぎらない」……ですって。
 基礎疾患は新型コロナの重症化要因なんだが。

 今日最初のエントリでも書きましたが「ムン・ジェイン政権のやることに間違いはない」ので、こうした話になっているのですね。
 ちなみに治療薬については韓国ではパクスロビドだけを承認しているのですが、これを出し惜しみしている模様。
 これについても後ほどエントリ予定。

Twitterで更新情報をお伝えしています。フォローよろしくお願いします。→