相互RSS募集中です

カテゴリ:韓国教育事情の記事一覧

韓国の共通テスト満点者、顔出しでインタビューを受けるのが恒例……その後、ある人は「韓国ヤクルトの広告塔」に指定され、ある人は「彼女にふられて×人犯」に……

修能満点者「この製品」モデルになった…「情熱的なイメージがよく合う」(中央日報・朝鮮語)
2024学年度大学修学能力試験の満点者ユ・リア(20)氏が広告モデルに抜擢された。

30日、毎日経済によると、hy(旧韓国ヤクルト)側は今年1月に発売した高含量マルチビタミン製品「Vフードマルチビタミンショット」モデルでユ氏を抜擢した。 ユさんは5月からモデルを務めて活動する。

ユ氏の健康で情熱的なイメージが疲れた受験生の健康に役立つように企画された製品コンセプトとよく合致するというのがhy側の説明だ。 (中略)

hyはユさんと一緒に受験生のための活動をする計画だ。 5月中に公式ユーチューブチャンネルを通じて修能勉強のコツ映像など受験生のための各種映像を製作し、6月模擬試験、修能など入試日程に合わせて受験生と両親のための多様な活動を展開する予定だ。
(引用ここまで)


 去年の修能試験(日本の共通テストに相当)で満点を取った女性を覚えていますかね。

韓国の大学入試で満点と全国主席のふたり、どちらも浪人で月謝300万ウォンの塾に通っていた……なお、どちらも医学部志望(楽韓Web過去エントリ)

 満点の女性、首席のふたりとも浪人(首席のほうは仮面浪人)で、同じ塾に通っていたことが注目されました。
 当該の「受験専門塾」は月謝300万ウォン(地方からの寮は月額150万ウォン)と高額なものの、入塾待ちが発生するほどの状況になっているそうですよ。

 で、満点を取った女性のほうがhy(旧韓国ヤクルト)の広告に出ることになったそうですよ。
 この人なんですけどね。



 あ、男の子ほうは「全国首席」(選択科目によって難易度が異なるため満点でも首席にならない)です。
 制服がエロゲみたい? そのあたりも19年前に突っこんでいるのでそちらもご覧ください。
 韓国外国語大学付属高校という韓国でも指折りの名門校のものです。

 修能試験の満点とか首席はけっこうこうして顔出しすることがあるのですね。
 YouTubeで塾のチャンネル上のインタビュー受けてたりします。
 いつもは満点獲得者が5〜6人いるものなのですが、23年は難易度が調整されたためにこの女性のみでした。
 そんなわけで希少性からも広告塔になったって感じなのでしょう。


 さて、こんなほのぼのネタで終わるわけにもいかないですかね。
 韓国でいまワイドショーの話題を独占している事件がありまして。
 それが「修能試験満点者が起こした×人事件」です。

「大学修能試験満点の医学部生、彼女の頸動脈を刺す」…計画×人を是認(国民日報・朝鮮語)

 修能試験で満点を取って医学部に進んだ学生が、彼女に別れ話を出されて刃物で数回刺したとのこと。
 彼にとってははじめての挫折、だったのかもしれませんね。
 修能試験で満点を取るってのは「国民的英雄」ですらあります。そこから転落した気分だったのかもしれません。まあ、話によると医学部で留年とかもしていたようですけども。

 で、この犯人も修能試験満点だったってことでインタビューを受けてて、韓国国内でそれが野火のように拡散されていると。
 「修能試験満点」で顔出しも善し悪しっすな。

Twitterで更新情報をお伝えしています。フォローはこちらから→

韓国の大学入試で満点を取った学生に「釜山大学はどうだ?」と言ってみたらフルボッコで叩かれた理由とは?

韓国の大学入学テスト満点者に「ソウル大学」以外を勧めて「無責任」と言われた、ある市民(KOREA WAVE)
韓国の大学修学能力試験(修能、日本の大学入学共通テストに相当)の結果が出たのを受け、オンラインコミュニティやSNSで最近、「修能満点者に地方大学を勧めて起きたこと」というタイトルの投稿が広がった。昨年、地方紙に寄稿された一市民の文章が再び注目されたのだ。

投稿者は、修能で満点を取った高校3年生と昼食を食べる機会があったといい、ソウル大学経営学科への進学を希望していたその本人と親に「釜山(プサン)大学にしたらどうか」と勧めた。

すると、一緒に食事していた人たちから「無責任なことを言うな」と批判を浴び、その高校生も意外な提案に目を丸くして理解できないという表情をしたという。

投稿者は「修能満点者が地方大学に行くことは人生を台無しにすることなのか。ソウルへの私たちの劣等感がどれほど根強いかを示している」と不満を述べた。

そして「ソウル大学で夢を叶えることも大切だが、修能満点という特別な才能を韓国社会のために活用してほしかった。修能満点者が地方に残ることが大した問題にならない社会を夢見ることは誤りではない」と結んだ。
(引用ここまで)


 修能試験(日本の共通テストに相当)で満点を取った生徒に対して「ソウル大学ではなく、(地元の)釜山大学に行ってみたら?」と述べたところ、本人からも周囲からも「なにをバカなことを言っているんだ」との扱いを受けた、とのこと。

 ……これ、韓国の教育事情を多少なりとも理解していないと分からない話ですね。
 まず、ソウル大学が頂点にあるのは間違いないところ。
 医学部だろうが法学部だろうがソウル大学が頂点です。
 工科に関しては他に専門的な大学があるのでまたちょっと話が別になるのですが。
 まあ、とりあえずソウル大学が頂点。

 で、次に来るのが高麗大学、延世大学でいわゆる「御三家」ともいえるSKYを構成しています。
 さて、そのあとに控えるのはいろいろと大学があるのですが。
 まず最初に来るのが「ソウルにあるか否か」なのです。
 え、なにを言っているか分からない?


 んーっと、例えば同じくらいの偏差値で入れる大学があるとしますね?
 それがソウルと……えーっと、どこでもいいや、たとえば大邱にあったとしましょうか。
 であれば、ソウルにある大学のほうが上の扱いを受けます。
 その地方がどこであろうと。
 第2都市である釜山であろうとも、ソウルにある大学のほうが上です。
 KAISTやPOSTECHといった単科の大学は前述のように話は変わってくるのですが。あと医学部もまたちょっと埒外。

 というわけで釜山大学のランクは20位に入るかどうか、といったところ。
 なんならソウル市立大学よりもランクはだいぶ下。

 毎年、中央日報が大学ランキングトップ20を出していまして。
 そのトップ20を見ると今年のランクでは12位まですべてソウルにあるか、ソウルにもキャンバスがある大学。ソウル以外に所在がある大学は3つだけでした。
 なお今年の釜山大学はランク外。15位以下くらいにランクインしていることもありますけどね。

 この構造が延々と固定されているので、「修能で満点を取るような高校生」に「釜山大学はどうだ?」なんて言うのは才能を無駄遣いさせるも同然なんですよね。
 韓国に厳然として存在する地方蔑視はこのあたりも原因のひとつなのです。

Twitterで更新情報をお伝えしています。フォローはこちらから→

韓国の苛烈な受験戦争、実際にはとんでもない狭き門を潜らされていた……ソウル大学ですら「入試」での合格枠は2割だけ、残りは「金の匙」向けの推薦枠で決定していた

大学受験の悩み、相談する人間違えた!? 曺国元法相の娘・曺ミン氏「私は準備したことない」(朝鮮日報)
 ユーチューバーとして活動している曺国(チョ・グク)元法務部(省に相当)長官の娘・曺ミン氏(32)が「悩み相談所」を開いて動画で回答する内容が話題になっている。

 曺ミン氏は10日、動画共有サイト「ユーチューブ」の自身のチャンネルに「曺ミン相談所開所」というタイトルの動画を掲載した。写真交流サイト(SNS)「インスタグラム」を通じて悩みなどの相談を受け付け、これに対して曺ミン氏が自ら答えるというコンセプトだ。

 そこで、ある高校生が「学校の成績に関してストレスがある」曺ミン氏にと打ち明けた。「最上位の成績なのに、試験のストレスがひどい。メンタルケアはどのようになさっているのか教えて欲しい」という質問だった。

 これに対し曺ミン氏は「私は帰国子女クラスにいたので、韓国の大学修学能力試験(修能、日本の大学入学共通テストに相当)の勉強をしたことがない」と答えた。そして、「私がしたことがないことなので、アドバイスするのが適切なのかどうか分からないが、人生の先輩としてするアドバイスするなら、『1位でなければダメだ』という人がいても、上位『圏』、点数『圏』だと考えてほしい。『私はいつもよくやってきたし、今後もうまくいくだろう』というマインドを持つことが重要だと思う」と話した。

 事実、曺ミン氏は外国語高校-大学-医学専門大学院にすべて筆記試験なしで合格している。この過程で、偽造された表彰状、推薦書、第1著者として不当に記載された医学論文などが両親の助けにより利用された。

 このため、インターネット上では「修学能力試験の勉強をしなかったから親が入試書類を偽造して刑務所に行ったのに、それが自慢になるのか」など批判の声が上がっている。 (中略)

 曺ミン氏は入試について、虚偽作成公文書行使、業務妨害、偽計公務執行妨害で裁判にかけられている状況だ。今月8日に行われた初公判で、曺ミン氏側は「容疑はすべて認める」としながらも、「検察は公訴権を乱用しているので、公訴は棄却されるべきだ」と主張した。

 曺ミン氏は母親の鄭慶心(チョン・ギョンシム)元東洋大学教授(61)と共に2014年6月10日、釜山大学医学専門大学院入学管理課に虚偽作成した入学願書、自己紹介書、偽造された東洋大学総長表彰状を提出し、評価委員らの入学査定業務を妨害したとして起訴された。また、両親と共に2013年6月17日、ソウル大学医学部に虚偽作成された自己紹介書と、偽造されたソウル大学法学部公益人権法センター長名義のインターンシップ確認書、東洋大学総長表彰状などの書類を提出したとされている。
(引用ここまで)


 昨日は「激しい韓国の受験戦争を切り抜けてトップ圏で合格するためには300万ウォンの月謝を払わなければならない」とのエントリを書きましたが。
 その一方でこのようにして「修能試験(日本での共通テストに相当する大学入試)? なにそれ?」ってレベルで筆記試験もせずに通る人物もいるのです。
 まあ……チョ・グクの娘であるチョ・ミンについては極端なパターンではありますが。

 実は現在はほぼ7割以上がチョ・ミンのようなAO入試での入学となっています。
 韓国では「随時募集」と呼ばれていて、修能試験前に合格が決まっています。
 この随時募集は要するに高校からの推薦枠。基本的には成績優秀な学生が推薦されはするのですが。
 根本的には「総合的に学生の資質を鑑みて」決定するのです。
 「政治家に近い」なんてのも評点に入るのかもしれませんね。

 「でも国公立はそうではないでしょ?」と思われるかもしれませんが。
 現状、ソウル大学ですら、8割が随時募集です。延世大学のほうが随時募集の割合が少ないほど。


 ま、大学によっては「修能試験で○○○点以上取らなかったら推薦取消(不合格)」ともなったりするので、修能試験をまったく無視することもできないのですけどね。
 今回はキラー問題をなくすなど、修能試験の問題傾向に変化があったためにこのタイプの随時募集で不合格になった学生が多くいたようです。
 なので今年は随時、定時の割合が変化するかも知れませんね。

 逆にいうと修能試験を受けずに済む推薦もあるわけで。
 チョ・ミンのように偽造+ごり押しで合格できる枠もあるわけです。

 あ、ちょっと前の知識で「7割以上」って書いたんですが、改めてチェックしたら2020年時点で77%でしたわ。もはや約8割ですね。

英語4技能試験は挫折、ポートフォリオは課題山積……韓国の入試改革の教訓は?(EduA)

 ただ、校外活動やボランティアなどの「スペック」をうずたかく積み上げるにはコネとお金が必要になります。随時募集はいわゆる「金の匙」のためのもの、なわけです。

 パラサイト 半地下の家族を見た人は、あの家族の長男が「名門大学の卒業生を装える」くらいに能力があるから、家庭教師を任せられると友人から認められたエピソードを覚えているかもしれません。
 彼はそうした「スペック」が積めずに、修能試験(定時募集)だけで戦おうとして失敗した人物なのですね。

 修能試験だって300万ウォンの月謝で対策しなくちゃいけないのだから、「半地下の家族」には無理。
 随時でも無理、定時でも無理。結果、あのようになる……というのがパラサイトのネタのひとつでもあったのです。
 あー、ようやくこれ書ける機会があったわ。

Twitterで更新情報をお伝えしています。フォローはこちらから→

韓国の大学入試で満点と全国主席のふたり、どちらも浪人で月謝300万ウォンの塾に通っていた……なお、どちらも医学部志望

カテゴリ:韓国教育事情 コメント:(81)
「医大目標」修学能力試験満点者·全国首席に通った塾「月300万ウォン」(ソウル新聞・朝鮮語)
「歴代級の不修能」という評価を受ける2024学年度大学修学能力試験で唯一満点を取った学生と標準点数全国首席が同じ入試塾出身だと知られた。

13日、教育界によると、今年の修能全領域満点者は、京畿道龍仁の韓国外国語大学付設高校(龍仁外国語大学付属高校)を卒業した浪人のユ・リアさん(19)、標準点数首席は大邱キョンシン高校を卒業したイ・ドンゴン君(19)だ。 (中略)

2人の学生は高校卒業後、ソウル江南区にある有名浪人総合学院「時代人材」に通ったという。

2014年にオープンしたこの塾はいわゆる「ピンセット問題」を土台に最近大峙洞で急成長した入試塾で、ユン・ソクヨル大統領が修学能力試験で「キラー問題排除」を指示し「私教育カルテル」指示をしてターゲットになった塾のひとつだ。 授業よりは模擬試験問題を得るために地方から上位圏の学生たちが上京して授業を受けることで有名だという。 (中略)

また、公教育だけで修学能力試験問題を十分に解くことができるかという質問に「私教育を受けずに満点を取ったならこの質問に答えることができるが、とにかく(私は)浪人総合学院に通っていたので答えにくいと思う」と答えた。 (中略)

時代人材などは受講料と修能対比模擬問題が収録された資料集、読書室費用などを合わせて月300万ウォンに達する塾費を受け取る。 私設寮の費用月150万ウォンを合わせれば、塾費は最大約450万ウォンに達する。

それでもこの塾に登録しようと「塾浪人」をする学生たちが集まっている。
(引用ここまで)


 毎度のことなのですが、修能試験(日本の共通テストにあたる大学入試)で満点を取った人物と、標準点数主席が顔写真まで出して報道されるっていうことに呆れるというか。
 唖然としますね。

修能トップ.jpeg

 まあ、満点の女の子はまだよいですが。
 なお、この制服は故アンドレ・キムがデザインしたものです。

「アンドレ・キムデザインの制服」(楽韓Web過去エントリ)

 アンドレ・キム。なにもかも懐かしい。
 18年ほど経つけどまだ変わってなかったのか。当時、「エ□ゲの高校っぽい」とか言われていたものですが。
 標準点数主席の男の子はさぁ……この韓国独自のヘアスタイル、本当にやめたほうがいいと思うよ(笑)。

韓国人「全世界で韓国だけにしかないヘアスタイル」(カイカイ反応通信)

 あとちょっと眉毛をケアしよう?

 ま、それはともかく。あ、満点=標準点数主席でないのは選択科目制度で、科目によっての難易度が異なるからです。
 満点の女性は選択科目の問題からソウル大学医学部には進めず、延世大学の医学部に進むとのこと。
 標準点数主席の男性は他の大学の医学部に合格していたのですが、今年の2月から再受験の準備を整えていたそうです。……仮面浪人すらするつもりすらないな、これ。
 志望はソウル大学医学部。でしょうね。


 ふたりとも浪人生。
 このふたりがまったく同じ塾に通っていたことから、当該の塾が注目されています。

 んで、その塾が月額300万ウォン。
 地方から寮に入るのであればさらに150万ウォン。
 塾に入るための塾浪人すらいる。

 まあ、中流には手すら届かないレベルのところですね。
 1年だけであれば、爪に火をともすようにすればやってやれないことはないかもしれませんが。一種の投資として。

 もちろん、彼らにもそれなり以上の素養はあったのでしょうが。
 最高峰に到達するにはそれでも「受験専門塾」で300万ウォンの月謝を払って、浪人生活を送らなければならない。
 まさに「韓国人に生まれなくてよかった」、ですね。

Twitterで更新情報をお伝えしています。フォローはこちらから→

韓国人に生まれなくてよかった
武藤正敏
悟空出版
2017-06-09

OECDの行う学力測定テストPISA、日本は世界でも上位圏にランクイン。以前「日本の読解力が15位に落ちた」と大騒ぎした韓国メディアはなぜか日本の成績には言及せず

カテゴリ:韓国教育事情 コメント:(68)
韓国の学生数学の点数、20年前より20点「ぽっきり」···科学は24点下落(ニュース1・朝鮮語)
韓国の中·高校生の国際学業成就度が経済協力開発機構(OECD)加盟国の中で上位圏に入ったが、領域別平均点数は下落傾向を示したことが分かった。

OECDは5日、このような内容の「国際学業成就度評価(PISA)2022」結果を発表した。

PISAは3年周期で実施する学業成就度国際比較評価で、2022年評価はOECD37加盟国と44非加盟国満15歳の学生69万人余りを対象に実施された。 韓国は中学校352人、高校生6482人、各種学校97人など計6931人が評価に参加した。

分析の結果、約20年前のPISA2000で数学領域の平均点数は546点だったが、PISA2022には527点に落ちた。 22年間で20点が落ちた。

同時期の読みは525点から10点下落した515点、科学は552点から24点下落した528点と集計された。
(引用ここまで)


 OECDがOECD加盟国以外にも行っているPISA(Programme for International Student Assessment)という学力測定テストがありまして。
 日本でも韓国でも大きく報じられています。
 ランキングについてはOECDのオフィシャルの数字では誤差を考慮して2〜7位というように記されるのですが。
 面倒なのでここでは平均点のピックアップだけチェックしましょう。

 PISAは15歳の児童に対して科学的応用力、数学的応用力、読解力の3点においてテストが行われます。
 たとえば日本の成績はこんな感じ。括弧内は順位。

科学的応用力 547点(2)
数学的応用力 536点(5)
読解力 516点(3)

 んで、ざっくりランキング上位5カ国を書き出すとこんな感じ。


●数学的応用力
1 シンガポール
2 マカオ
3 台湾
4 香港
5 日本

●読解力
1 シンガポール
2 アイルランド
3 日本
4 韓国
5 台湾

●科学的応用力
1 シンガポール
2 日本
3 マカオ
4 台湾
5 韓国

 そりゃアメリカの名門校がアジア人ばっかりにもなるわ。ちなみに韓国の数学的応用力は6位。

 ざっくりと10くらいの記事をチェックしたのですが「コロナ禍後のPISAでも韓国は世界トップレベル」みたいな記事ばかりでなぜか日本への言及は最小限……というかほぼなし。
 すべての点数で日本に負けたのですけどね。

 ちなみに前回のPISA2018で日本の読解力が15位になった時にはえらい騒ぎでした。下手をしたら日本よりも韓国メディアのほうが騒いでいたくらいであったと記憶しています。
 くすっ、不思議ですね。

Twitterで更新情報をお伝えしています。フォローはこちらから→

韓国では「頭がよい? では医学部に行くといい」となってしまう……それでも医師不足であるという社会の謎

カテゴリ:韓国教育事情 コメント:(61)
[コラム]韓国では成績が良ければ医学部? いびつな偏りのブーメラン(ハンギョレ)
今年初めに取材の過程で出会った大学生のAさんは私立大学の人文系に入学したが、仮面浪人して韓医学部に乗り換えた。修能の点数が上がったため「医歯韓薬獣」へと進路を変更したケースだった。Aさんはもともと哲学に興味があると言っていた。韓医学部は適性に合うのかと尋ねたところ、「通っているうちに適応するのではないか」という答えが返ってきた。もうひとりの大学生Bさんは4浪の末、医学部の合格証を得た。彼は3浪して韓医学部に合格した時、「これくらいなら満足」だと思った。だが医学部に通う友人たちが韓医学部を一段階低くみなしているのを見て、もう一度受験したと言った。「医歯韓薬獣」の中でも細かく序列が付けられていたのだ。

 医学部への偏りにはいくつかの共通点が見られる。誰もがそうというわけではないが、ひとまず適性は聞かれも問われもしない。別の専攻に関心があったとしても、成績が少し良くなったと思われたら医学部を勧められる。塾での成績が上位圏であれば、医学部志望でなくても「医学部クラス」に編入される、という具合だ。医学部準備の開始年齢は次第に下がり、医学部入試に挑戦する年齢は上がっている。「小学生医学部クラス募集」の横断幕はもはや見慣れない風景ではない。医大に入るために5浪、6浪も辞さない「修能浪人」が生まれており、理工系学科は学生の中退で苦労している。この3年間で全国の国立大学医学部に定時選考で入学した1121人のうち、浪人生は911人(81.3%)を占めた。競争の激化で現役生が入ることが難しくなっているのだ。

 医学部への偏りは、入試に数年余計に投資しても一生の高所得が保障される医師免許で補償されるという信念から生じている。経済協力開発機構(OECD)の報告書によれば、韓国の開業医の平均所得(2021年、専門医)は一般労働者の6.8倍にのぼる。その格差は加盟国中で最大だ。 (中略)

必須医療である「内外産小(内科、外科、産婦人科、小児科)はそっぽを向かれ、収益性の高い「皮眼整(皮膚科、眼科、整形外科)に医師が集中している結果だ。
(引用ここまで)


 昨日、韓国の共通テストに相当する大学就学能力試験が行われまして。
 ちょっと前のエントリにもあったように相当数の浪人生が受験したとのこと。
 今回、予備校に行っていないと解けないようなキラー問題が修能試験から除かれる方向性になりまして。

韓国で「予備校に行っていないと解けない問題」を大学入試から排除しようとする「キラー問題」問題、あまり熱心に取り組まれていない模様(楽韓Web過去エントリ)

 それもあって修能試験をすでに受けた人々が「キラー問題がないなら医学部受験も行けるのでは?」と戻ってきたとのことです。

 とにかく韓国人は医師になりたがってますから。
 医師と言っても美容整形医か皮膚科医。
 歯科医といってもインプラントばかりをやることが前提。


 自費診療ばっかりやっているんですよね。
 そういえば成長ホルモンの投与も自費診療がほとんどだったなぁ。

 そして社会もそれを是認している。「頭がいいのだから医者になりなさい」と。
 ……というか、普通からそれなりのお金を稼ぐルートはそこしかないんですよね。
 大企業に入れてもどうせ45才で肩たたきルートなので、花形の半導体企業ですら忌避されている。
 半導体企業に優先就職ができる半導体関連学部ですら募集人数が埋まらないっていうね。

 まあ、どちらにしてもきつい社会ですよ。
 元駐韓大使の武藤正敏氏が言っていた「韓国人に生まれなくてよかった」っていうのはこうした社会構造を指しているんですよね。

Twitterで更新情報をお伝えしています。フォローはこちらから→

韓国人に生まれなくてよかった
武藤正敏
悟空出版
2017-06-09

韓国で「大学に籍を置きながらもう一度入学試験を受ける」人数が一般受験生よりも多くなる……合格済なのに「入学試験のやり直し」をここまで多くの学生がやる理由とは?

韓国・今年の修学能力試験、「半修生」9万人近く(KOREA WAVE)
韓国で大学に通いながら大学修学能力試験(修能)を受ける「半修生」が今回9万人に迫ると予想されている。

鍾路(チョンノ)学院は2024学年度修学能力試験(今月16日)の受付者数から今年6月の模擬評価の受付者数を除けば、半修生の規模を見積もることができるとし、その規模を8万9642人と推定した。

半修生8万9642人という規模は2011学年度の修能以来最も多く、今年の修能試験全体の受付者(17万7942人)の半分(50.4%)に達するという。
(引用ここまで)


 韓国では「とりあえず文系大学生」として籍を置いて、その後に修能試験(韓国版共通テスト)を受けるという仮面浪人が多数いることが知られています。
 その理由は「医系に進みたいから」。
 韓国では医科、歯科、薬学科に進むことは特別の意味を持ちます。

 ソウル大学でも入学と同時に休学するのが6%(225人)、その後の調査では新入生の10%以上(418人)が休学しています。

ソウル大学の入学者、6%が即休学……「最難関大学で仮面浪人」をする彼らの行く先は……?(楽韓Web過去エントリ)
ソウル大学の新入生、いきなり418人が休学。念願の医学部に進むために「とりあえず文系で合格」し、仮面浪人となる……(楽韓Web過去エントリ)

 ひとつ前のエントリにあったように、韓国では45〜50才くらいで退職を余儀なくされます。
 現在の韓国における花形産業である半導体製造企業に就職が確約されている大学ですら定員が満たせないほどです。
 研究職だろうと同じことで結果が出せなければ追い出されるからです。


 というわけで大学に籍を置きながら、もう一度修能試験を受けてよりよい大学(もしくは医学部等)に入ろうとしている学生が多数存在するわけです。
 その数がついに修能試験を受ける一般的な高校生や浪人生よりも多くなった、と。

 まあ、分からないでもない。
 ソウル大学のような高いレベルの試験では得意分野が試験問題として出たかどうかが合格と不合格を分けたりすることがままあります。
 どうしても出題される時点で運の要素がからんでくるのです。
 突き抜けた天才ならともかく、そうでない人間にとっては不得意分野で難問が出るとそれだけで詰みになったりします。

 であれば、「もう一度サイコロを振って得意分野が出るかどうか試してみよう」と考えるのもありでしょう。
 医者(歯医者、薬剤師)になれば自分が引退したいと思ったときに引退できる。
 少なくとも45才を過ぎたらいつ肩を叩かれるのか戦々恐々としなくても済むわけですから。
 それでダメでもソウル大生なりなんなりの学生としての地位はすでに確約されているのですから、そちらに行くのも消極的な選択肢としてあり得る。

 理屈としては分からないでもないですが。
 ……きつい社会だな、これ。

Twitterで更新情報をお伝えしています。フォローはこちらから→

韓国政府「医学部を拡充して定員を1000人増やす」と宣言、「韓国には医者が足りていない」現実にどう対応するのか

カテゴリ:韓国教育事情 コメント:(71)
医学部の定員拡大の気流にKAIST、ポステックも「そわそわ」(東亞サイエンス・朝鮮語)
政府の医学部定員拡大案の発表が既定事実として受け入れられている中、KAISTなど科学技術特性化大学に新規定員が割り当てられるか関心が集まっている。

これに先立ってKAISTとポステックは医師科学者養成のために医大と付属病院設立を推進するという計画を明らかにしたが、医大定員確保という難関を置いて事業を進展させることができなかった。科学界では、もし今回医学部の定員が拡大すれば、両大学に定員が割り当てられるだろうという見通しが慎重に出ている。

16日、科学界によると、KAISTとポステックは医大設立の際、適正な年間定員をそれぞれ50人と見ている。具体的な医大設立案をまとめるために内外部研究を実施した結果だ。このような計画が盛り込まれた新設案は、先立って医師科学者養成を議論するために用意された席で、関係省庁の関係者にも伝えられた。科技特性化大学に医学部が設立されれば採択される可能性が高い案と考えられる。
(引用ここまで)


 2025年に向けて韓国政府は医大、医学部拡充を目指す方針を発表しました。
 人数規模でいうと年間の合格者数を1000人増やすとのことで。
 かなりの増強になるのは間違いないところ。
 ちなみに日本も韓国も国際的に見ると人口あたりの医師数は少ないことで知られています。

 2019年の資料では日本は1000人あたりで2.4人、韓国は2.3人。
 ギリシャが6.1人、オーストリアが5.2人だそうです。
 まあ、日本の場合はひとりの医師への負担が大きいのは間違いないところ。
 韓国の場合はそれよりも少ないのだから推して知るべし。


 増員の理由として「地方の医療体制を充実させたい」って部分があるらしいのですが。
 医学部等の定員が1000人増えたところで地方の医療体制が潤沢になるとも思えません。
 なにもかもがソウルに集中している中、わざわざ「お医者様」が地方に行く必要がないというか。
 違うな、行く利がないのか。

 そんな中、KAISTやPOSTECHといった科学系の大学が医学部設置に色気を見せているそうです。
 両大学共に授業の大半は英語。
 ソウル大学が韓国における大学教育の頂点であることには変わりはありませんが。
 KAIST、POSTECHはソウル大学とはちょっと違ったところで頂点を築いているといっても過言ではないですね。
 んで、両校共に50人ていどの医学部を設置したいと考えているとのこと。


 どちらかというと「医者」というよりは「研究者育成」を見据えている感じですかね。
 こちらも「医者の総数を増やしたい」との政権の考えとはちょっと違っている感じ。

Twitterで更新情報をお伝えしています。フォローはこちらから→