相互RSS募集中です

カテゴリ:火器管制レーダー照射事件の記事一覧

韓国国防部、自衛隊に非公表で「威嚇飛行だ」と抗議→「韓国軍が公海上の哨戒活動に反対していると見られたくない」ので非公表の抗議の模様

韓国、「自衛隊が威嚇飛行」と再び抗議 公表はせず(朝日新聞)
 韓国の軍事関係筋によると、「威嚇飛行」は1月末から2月初めにかけて起きた。海自哨戒機は従来と同じ高度と距離を保って韓国海軍艦艇に接近したとみられるが、韓国軍は「挑発行為」として自衛隊に抗議したという。

 韓国国防省は1月23日付の声明で「自衛隊哨戒機による威嚇飛行を強く糾弾する」とし、鄭景斗(チョンギョンドゥ)国防相は同日、韓国記者団に「自衛権的措置」を取る可能性にも言及。今回の抗議は、韓国側の正当性を強調する狙いがあるとみられる。

 ただし、韓国国防省は8日現在、この抗議について公表していない。背景には、公表すれば日韓関係のさらなる悪化が必至なことに加え、「韓国軍が公海上で他国の哨戒活動に強硬な対応を繰り返している」という印象が広がり、韓国の国際的な地位が低下するとの懸念があるとみられる。
(引用ここまで)

 すでに先週、産経新聞が「韓国海軍から5km離れていてすらも警告通信を受けるようになった」という報道はしていました。
 この報道は日本の防衛省関係者への取材の結果でしたね。
 で、今日のこちらの記事は朝日新聞の牧野記者が韓国国防部筋からの取材で確認したとのこと。
 現地での通信による警告ではなく、韓国海軍から自衛隊に向けての抗議。
 「威嚇飛行」は1月末から2月初めにかけて起きた、とありますからおそらくは産経新聞の報じた記事と同じ時期の話題ではないかと思われます。
 やはり「韓国側の正当性を強調する狙いがある」とされています。
 後付けで「日本の紹介活動は脅威飛行だ!」としたい、ということなのでしょうね。

 朝日新聞の記事では「抗議したことを公表していない」とあります。
 実際、例の報道官もなにも語っていません。
 その理由は「韓国軍が公海上で他国の哨戒活動に強硬な対応を繰り返しているという印象が拡がると、国際的な地位が低下するから」……って。
 まあ、これは朝日新聞の推測ではあるのですが。
 実際、公表していない理由を考えてみると思い当たるのはそれくらいなのですよね。
 本当に韓国国防部が「日本の哨戒活動は脅威である」とするのであれば、高らかに「我々は自衛隊に向けて抗議した!」と宣言すればいいのですから。
 それをこそこそと非公表で抗議するというのは自分たちの行動に非があるという自覚があるからに他ならないわけです。
 日本側は変わらず、哨戒活動をすればいいというだけの話。あのタイミングで協議打ち切りで通常任務に戻るのはよい判断だったんじゃないですかね。

ゆがんだ正義感で他人を支配しようとする人 (講談社+α新書)
梅谷薫
講談社
2016/3/17

火器管制レーダー照射事件:韓国艦艇が5km離れた日本の哨戒機に「警告」をしてくるようになった。自らの嘘を後付けで糊塗しようとしている模様

韓国艦艇が繰り返す海自哨戒機への無線警告 「低空威嚇」非難の正当化狙いか(産経新聞)
 韓国海軍駆逐艦による海上自衛隊P1哨戒機への火器管制レーダー照射問題の発生以降、韓国艦艇が海自哨戒機に対し、無線による警告を常態化させていることが分かった。海自哨戒機の警戒・監視活動が「低空威嚇飛行」に当たるとの主張を正当化する狙いがあるとみられる。
(引用ここまで)

 産経新聞の有料記事なので引用はここまでにしておきますが、このあとに「5km離れていても韓国艦艇から呼びかけがある」「火器管制レーダー照射問題が起きるまで韓国側からこうした呼びかけはなかった。『低空威嚇』であるという主張に”後づけ”で合わせているのだろう」という防衛省の見解が述べられています。
 ちなみにそういった呼びかけに対しては「国際法、国内法に準拠して活動している」と速やかに応答し、従来通りの手順で哨戒活動をしているとも語られています。

 もう、韓国側としても退くことができない状況なのでしょうね。
 5キロ離れていても呼びかけがある、というのは「我が軍は3海里離れて哨戒活動を行っている」という国防部報道官の嘘を現場に押しつけているということなのでしょう。

 なお、木村幹教授曰く「レーダー照射をしていないことに大統領府は自信を持っている」とのこと。



 自分たちの言っていること(STIR-180を照射していない)に間違いはなく、日本側のいちゃもんであると信じているということでしょうね。
 第三国の識者はまったくそんなことを思ってはいないのですが。

 韓国政府側がこの認識である以上、問題はとことんまで長引くことでしょう。
 まあ、それはある意味で日本側にとっても願ったり叶ったりの部分もありますけどね。

海上自衛隊と韓国海軍の将官級交流がすべて延期へ。「強硬対応しろ」なんて言ってる連中と交流はできんわな……

日韓将官級交流、上半期は全て延期へ 照射問題などで(朝日新聞)
 韓国海軍艦艇による海上自衛隊哨戒機への火器管制レーダー照射問題などの影響で、今年前半に予定する日韓将官級交流が全て延期される見通しになった。韓国の軍事関係筋が明らかにした。北朝鮮情勢への対応も含め、安全保障への影響を懸念する声も出ている。

 日韓ではレーダー照射問題に加え、海自哨戒機が低空で威嚇飛行をしたと韓国側が主張する問題も重なり、連日のように双方が相手を批判する事態に発展している。この軍事関係筋によると、防衛省と韓国国防省の双方が、冷却期間を置く必要があると判断。今年上半期の将官級交流の日程を白紙に戻し、再調整することで1月末までに合意したという。
(引用ここまで)

 よいことじゃないですか?
 日韓のどちらでも相手国に行ったら居心地が悪いことでしょうよ。
 なにしろ韓国の国防部長官は「強硬対応する≒撃墜もあり得る」まで言っちゃってますからね。
 交流がなくなっても当然。
 というより、あるほうがおかしいというもんです。
 で、その一方で新しい情報が入ってきてまして。

<Mr.ミリタリー>「旭日旗掲揚禁止」…韓日葛藤の始まり(中央日報)
日本哨戒機を威嚇したというSTIR-180レーダーは本当に照射されなかったのだろうか。海軍によると、「広開土大王」にはレーダー稼働記録装置がない。このためこの艦艇の乗組員を調べたが、STIR-180をつけたという陳述がなかった。海軍戦術指揮統制システム(KNTDS)コンピューターには韓国軍が稼働したすべてのレーダー記録が残っている。ところがここには「広開土大王」のMW-08稼働記録だけしかなかった。KNTDSは合同参謀本部と青瓦台、作戦指揮所と艦艇などで同時に見ることができる。したがって日本の主張は誇張された可能性が高い。
(引用ここまで)

 ……記録があるのかないのかはっきりしてほしいんだけどな。
 「稼働記録装置がないのに、レーダー記録が残っている」ってどういう状況よ。大元の記録装置がないんだから、どこにも稼働記録がないのがむしろ当然。
 なにを書いているんだか理解不能。
 ついでに書いておくと……
当時、哨戒機P-1が高度150メートルの超低空で500メートルまで近づいた。P-1はボーイング737を改造したもので大きな航空機だ。こうしたP-1が近接飛行すれば衝突を憂慮する。「広開土大王」は脅威を感じた。
(引用ここまで)

 P-1がボーイング737を改造した航空機ってまた言ってます(笑)。
 確認できるかぎりではこれで2回目。前回はソウル新聞。韓国メディアのクオリティというものがよく理解できます。
 で、高度150メートル、距離500メートルにいる全長38メートルほどの航空機は豆粒ほどに見えるかどうか。実際に韓国側の映像でも豆粒ほどにしか映っていなかった航空機に対して「衝突を憂慮する」ほどに脅威を感じたんですって(笑)。
 言っていることが根本的におかしいし、この記事を書いている人物がなんの理解もしていないことがよく分かりますね。

 ま、こんなのを延々と相手にするよりは議論打ち切りのほうが生産的ですし、交流もなくしておくのがよいと思います。
 第三国の識者はなにがあったのか理解しているようですしね。

週刊ニューズウィーク日本版 「特集:世界はこう見る日韓不信」〈2019年1月29日号〉 [雑誌]
CCCメディアハウス
2019/1/22

火器管制レーダー照射事件:岩屋防衛相「韓国がなにを言おうとも哨戒活動は今のまま続ける」……ただし韓国軍との接触機会を絶つようなことはないとも

韓国国防長官の「強力対応」にも日本防衛相「哨戒方式は変えない」(中央日報)
韓国の鄭景斗(チョン・ギョンドゥ)国防部長官が日本哨戒機の低高度近接威嚇飛行に対する強力対応を呼びかけたことを受け、日本の岩屋毅防衛相は29日「日本が国際法規と航空法などにより適切に哨戒活動をしているという事実を韓国側が受け入れ、冷静で適切な対応を取ってほしい」と話した。

この日の記者会見で「韓国の鄭景斗国防長官が26日、釜山(プサン)海軍作戦司令部を訪問して自衛隊の哨戒機に対する強力な対応を指示した」という日本記者の質問に対する回答だ。岩屋防衛相は「現在、(北朝鮮の公海上)瀬取りの対応に頑張っている状況で(日本哨戒機は)ルーティンにしたがって飛行をしている」として「現在も適切に(哨戒)活動をしているので(韓国側の低空飛行の主張にもかかわらず、哨戒方式を)変えるつもりはない」という意向も明らかにした。

ただ、岩屋防衛相はレーダー・低空飛行の葛藤が軍事交流の中断に広まることについては「両国間接触の機会を増やしていく過程で信頼回復のために雰囲気を作ることに力を入れたい」として「全体的状況が片付けられれば、高いレベルでも接触と対話の機会を持つことができるだろう」と話した。
(引用ここまで)

 岩屋防衛相が「韓国がなにを言おうとも哨戒活動は続ける」と言明。
 その一方で韓国との接触機会を絶つようなことはしない」とも語っています。

  まあ、防衛省としても……というか日本政府としても韓国とことを構えるのはできれば避けたいというのは本音でしょう。
 これまでの防衛大綱の中でも主敵は中露で、ついで北朝鮮の対ミサイルってところでしたから。
 いくら韓国とは別れ行きが決定的であるとしても、少なくともいまじゃない。
 5年以内でもない。
 できたら2030年代あたりであればよいと思いますが、さすがにそこまでは米韓がもたないかなー。

 北九州と中国地方、特に中国地方は防衛の空白地域なのですが、ここを埋めようとしたら防衛費をどれくらい増やせばいいのやら……。
 1.2倍とか1.5倍とかで済めばいいなぁ。
 もちろん、将来の統一朝鮮(と中国)が日米に敵対するというシナリオは机上ではあるでしょうけども。
 それにしたっていまじゃない。
 少なくとも現状では米韓同盟の軛に囚われていてほしいというのは本音でしょうね。
 実際の外交、実際の政治ってのはそういうもんですわ。

海上自衛隊「装備」のすべて 厳しさを増すアジア太平洋の安全を確保する (サイエンス・アイ新書)
毒島 刀也
SBクリエイティブ
2016/11/15

火器管制レーダー照射事件を第三国の専門家はこのように見ている模様……なお、韓国はアメリカの仲裁に期待するものの駐韓大使は元P-3C搭乗者だったり……

哨戒機が危険な低空飛行? 動画を見た複数の海外の識者は「普通の飛行」(Yahoo! ニュース個人)
 2018年12月20日に起きた韓国海軍レーダー照射事件について韓国側は真っ向から反論し、逆に日本のP-1哨戒機が危険な低空飛行を行ったと主張しています。そこで哨戒機の低空監視飛行は危険と言えるような飛行だったのか、当事者の日韓を除いた海外の第三国の識者の見解を参考にしてみたいと思います。
(引用ここまで)

 ということで、「低空脅威飛行」として韓国側が糾弾しようとしていることについて、軍事ブロガーのJSFさんがまとめられていたのでご紹介。
 元P-3C乗りの元国防総省日本部長、在英イタリア人のロンドン大学准教授、中国系シンガポール人の海洋安全保障研究者の言葉がそれぞれまとめられています。
 ちょうどこういうまとめのエントリを書こうとしていたのですが、ありものが使えるならそれに越したことはないということで。

 でもって現状、第三国からの意見はどれも「P-1の哨戒活動は通常のものであって、危険とはいえない」というものばかり。
 まあ、そりゃそうで。
 「軍用機には適用されないICAOの距離500メートル、高度150メートルの民間規定」すら遵守している海上自衛隊のやりかたが糾弾されるわけもなく。
 中国の軍事専門家すらですら「日本の哨戒活動は国際法に違反していない」と言わざるをえないレベル。

 んで、韓国からはハリス駐韓アメリカ大使が突然、国防部長官との会談を持ったことで「アメリカがようやく仲裁するのではないか」という期待が出ているのですが。 

冷え込む韓日関係、ようやく重い腰を上げた米国(朝鮮日報)
 ハリス大使は同日午後、報道機関に予告せず非公開でソウル市竜山区の国防部庁舎を訪問、約1時間20分にわたり鄭景斗長官と会談した。先月20日に韓日「レーダー照射問題」が浮上した後に行われた初の公式会談だ。

 ハリス大使が提案したこの会談では、韓米防衛費交渉に関する意見交換もあったが、「韓日哨戒機問題」にかなりの時間が割かれたという。軍消息筋は「鄭景斗長官は日本の主張の不当さと韓国政府の立場を説明し、ハリス大使は両国の確執に懸念を示した」と話す。
(引用ここまで)

 元々、アメリカ海軍のP-3C乗りだったハリス大使に韓国側の詭弁が通用するわけもなく。
 「仲裁」にはなりえないだろうなぁ……。アメリカも中国も日本と同じ基準で哨戒活動をやってるわけで。
 丸腰のP-1、P-3C(パイロンにミサイルを搭載しておらず、爆弾倉を開いていない)といった哨戒機に対して「脅威を受けた者が、脅威と感じれば、それは脅威である」なんて話を受け入れたとは思えませんね。


火器管制レーダー照射事件:韓国メディア「日本の脅威飛行は憲法違反だ」「海軍シンポジウムで問題提起してやる!」……ですって

[ニュース分析】「日本の脅威飛行、平和憲法違反」戦犯国忘却した挑発(ソウル新聞・朝鮮語)
日本の海上哨戒機が、昨年12月から最近まで4回も韓国海軍艦艇に向かって低空脅威飛行をしたのは、単に通常の国家間の軍事的対立次元ではなく、日本の現行の「平和憲法」に違反した重大な挑発行為という批判が高まっている。

これと関連して韓国国防部は4月、ブルネイで開かれる西太平洋海軍シンポジウム(WPNS)実務会議で、日本哨戒機の低空脅威飛行について正式に問題を提起する方針だと28日明らかにした。韓日葛藤が高まっている状況で、ハリー・ハリス駐韓米国大使が同日チョン・ギョンドゥ国防部長官と面談を持ってこの問題を議論したと伝えられ、北東アジア戦略で韓・米・日の安保協力が切実な米国が仲裁に出るのか注目される。

日本の防衛相が韓国をはじめとする国際社会に向けてこれ見よがしに軍用ジャンパーを着て「武力示威」をしたのも、通常の国家ではない戦犯国日本の立場を度外視した居直り激挑発という批判が出ている。もし第2次大戦敗戦国ドイツが、今、ヨーロッパで日本のように行動した場合、国際社会の巨大な非難が殺到したという指摘も添えられる。 (中略)

キム・ヨルス韓国軍事問題研究院安保戦略室長は「日本防衛相が軍用ジャンパーを着て乗ったP1哨戒機は、ボーイングの航空機を改造した巨大な飛行機で、その飛行機が50~70mの上空に入るのは攻撃行為」と規定した。シン・ジョンオ韓国国防安保フォーラム事務局長も「ドイツとは異なり、日本は過去の歴史を否定しており、侵略戦争を美化するため全世界が疑いの目を送っているだろう」とした。 (中略)

ハリス大使はこの日、チョン国防長官、カン・ギョンファ外交部長官と相次いで会った。15分間行われた姜長官との面談では、韓日葛藤の問題が扱われず、韓米防衛費分担金交渉の会話の重量が掲載されたことが分かった。しかし、先に80分間、非公開で行われた鄭長官との面談では、最近の韓日葛藤の深い議論も行われたと伝えられた。
(引用ここまで)

 P-1がボーイングの航空機を改造した飛行機……なぁ。
 そんな認識しかない人物を専門家として取り上げているメディアである、という自己紹介なのですけどね。
 しかし、哨戒飛行が「平和憲法に違反する」か。
 もう、フレームを「日本の哨戒機が低空飛行をした」という方向に持ってきたくてしょうがないのですね。
 で、その「低空脅威飛行」を海軍シンポジウムで提唱する……と。
 戦後70年以上経過していて、いまだに「戦犯国」みたいな物言いをしているのが中韓くらいなものであることを思い知るんじゃないでしょうかね。

 まあ、日本側は距離で1000メートル離れており、高度は150メートル以上だったというように話をしているので、その証拠もあることでしょう。
 少なくとも海面すら写っていないような証拠といえないような画像しか出せないというバカみたいな事態には陥らないと思われます。
 あの写真を「機体を撮っているのだから海面は写らなくても当然だ」ってしている連中がいるのですが、韓国側が「これが近接飛行した証拠だ」として出してきているのだから批判されて当然でしょうよ。「で、この写真がなにか?」って言われておしまい。

 あ、それと前に書いた高度200フィートの画像云々については韓国側も反論を出してきました。
 他のレーダー画像を出してきて「もともとここにはスペースが入っている」としています。

韓国軍 レーダー画面改ざん説に反論=資料提示(聯合ニュース)

 こうしてバカみたいな「画像処理している」っていう指摘に対してだけ反論させてしまうことで、他の画像についての問題点を無視させて「反論」が終わってしまっている。
 やるべきことは「この200フィートという画像がP-3C接近時のものである証拠」を求めることだったり、「30分も近接脅威飛行されていた」と主張しているのに「動画は10秒ほどしか撮影していない」とかどういうことだっていう話。
 意味のない議論の拡散をすべきではないってことも分からない連中が、背中から撃ってくるんだよなぁ……。


日韓の防衛大臣、国防部長官がそれぞれ自国海軍を訪問 → 現場を激励……まるで交戦直前みたいな状況だな

韓国海軍司令官の日本訪問取りやめ レーダー問題で(聯合ニュース)
韓国国防相が海軍司令部を電撃訪問 威嚇飛行には「厳しい対応を」(聯合ニュース)
 海軍のキム・ミョンス第1艦隊司令官が京都府にある海上自衛隊の舞鶴地方隊を訪問する予定だったが、これを取りやめた。韓国海軍と海上自衛隊は毎年、司令官級の指揮官(少将)が交互に相手国を訪れる交流を行っているが、韓国側は日本側に今回訪問しないことを通知した。 (中略)

 政府筋は「現在の状況で司令官が訪日するのは適切ではない」とした上で「しばらく冷却期間を置く必要がある」と話した。
(引用ここまで)
韓国の鄭景斗(チョン・ギョンドゥ)国防部長官が26日、南部・釜山にある海軍の作戦司令部を電撃訪問した。同部が伝えた。日本が韓国駆逐艦から火器管制レーダーを照射されたと主張する哨戒機が所属する海上自衛隊の基地を岩屋毅防衛相が25日に視察したことを受けての訪問で、鄭長官は日本の哨戒機の韓国艦艇への威嚇飛行に対しては規則に従い、適法かつ厳しく対応するよう指示した。 (中略)

韓国軍の安全を脅かす威嚇飛行が今後も繰り返された場合、強力な対応を取るよう兵士らに求めた。
(引用ここまで)

 23日に「次に低空哨戒飛行があったら自衛的措置をとる」と宣言していた韓国の国防部長官が作戦司令部を電撃訪問。
 で、その場で「適法かつ厳しく対応するように」と指示。

 この訪問は岩屋防衛相が厚木基地を訪問したことに対抗するものであるとされています。

岩屋防衛相、P1哨戒機に搭乗=厚木基地を視察(時事通信)

 岩屋大臣はP-1に搭乗して「君たちのおかげで国民が守られている」と訓示したとのこと。

 いや、これは面白い。
 両方の国の担当大臣がそれぞれ相手に対応する現場を激励しているっていう。まあ、厚木基地は韓国に対する現場かと言われたら違いますが。
 でもまあ、どちらの大臣による訪問も現場の士気を高めるためにでしょうね。

 ただ、もうちょっと踏み込めば準交戦状態まで行きかねない状態ですわ。
 いやぁ……ホントに一気呵成にここまで来てしまったなぁ……という感じ。
 隣国なのだからこんなことがあったりもするでしょう。これまでが異常であった、ということです。

韓国側が「証拠能力がない」とする日本に再反論。日本側のやるべき唯一のこととは?

韓国国防省、日本に再反論「常識的に起きた事案でない」(朝日新聞)
韓国国防部、日本の「証拠写真」反論に「では日本が相応する資料出すべき」(中央日報)
 韓国国防省が海上自衛隊の哨戒機の飛行に抗議して自衛権の行使に言及した問題で、同省関係者は25日、韓国記者団との懇談会で、韓国側の対応に問題はないと強調した。問題が起きたとされる東シナ海の岩礁「離於島(イオド)」付近は公海上で飛行自体に問題はないという日本側の主張については「常識的に起きた事案ではない」と反論し、哨戒機の飛行の異常性を指摘した。
(引用ここまで)
国防部報道官は25日の記者懇談会で、「首相官邸のある幹部が前日公開された写真は証拠にならないと話した日本メディアの報道に対する立場」について質問を受けて「では日本側がそれに相応する資料を出すべきだ」と25日、明らかにした。
(引用ここまで)

 韓国の記者には無能しかおらんのか……。
 どう考えても「これが証拠写真だ!」って出てきた写真に水面が写っていないことを突っこむべきでしょうに。
 「日本側がこう言っているが」でもいいし。
 540メートル離れた機体の写真には見えないけども、なにか意図があるのかとか聞けない理由が分かりませんわ。
 そんなことを聞こうものなら、ヴォイス・オブ・アメリカの記者同様にカカオトークのグループチャットから追放されて干されるのかもしれませんけどね。

 で、韓国はあくまでも通常の哨戒活動を「常識的に起きた事案ではない」として、妨害することを言明。
 問題はこんなことを言っている韓国側ではなく、海上自衛隊が粛々と哨戒活動を続けることができるかどうか、なのですが。
 韓国がなにを言おうが、どんな「証拠」を出してこようが、一切無視を決めこんで防空識別圏の哨戒活動をすること。
 そこだけが問われているのですよ。