相互RSS募集中です

韓国のイ・ガンイン、悪質タックルで一発退場 → スペイン紙「いつかやると思ってた」

アトレティコ戦でまたも悪質タックル仕掛けた韓国の至宝イ・ガンイン…西紙「間違いなく自制が必要」(GOAL.com)
イ・ガンイン退場に断固とした非難「はじめてでもないラフプレー、学ばなければならない」(スポルタルコリア・朝鮮語)
ベルギーのメディア、イ・スンウ訓練態度を指摘... デビュー延期の理由か(スポルタルコリア・朝鮮語)
韓国の至宝と称される18歳のイ・ガンインは、このアトレティコ戦の77分から途中出場を果たしたが、91分に退場に。アトレティコ・マドリーDFサンティアゴ・アリアスに対して後方から襲いかかり、足裏でふくらはぎのあたりを踏みつけた。主審はVARで確認した後、イ・ガンインを一発退場としている。

イ・ガンインの悪質なタックルは、これが初めてのことではない。今季であれば、チャンピオンズリーグ・グループH第2節のアヤックス戦(0-3)で、途中出場した直後の警告を受け、すでに試合の決着がついた状況で悪質なタックルをアヤックスの選手にお見舞いしている。ただし、2回目のタックルはなぜかお咎めなしで、退場となることは免れていた。
(引用ここまで)

しかし、現地メディアの指摘は厳しいものだった。イ・ガンインのプレイを見ると、なるべくしてなったとの評価だ。「デフォルテバレンシアノ」は「イ・ガンインは退場自体ははじめてだが、過度なプレーはよく出ていた」と批判した。

この媒体は「イ・ガンインの退場シーンは経験不足から出たものだが、実際に彼がプレーしたすべての試合で非紳士的な行動があった。昨日のように退場はなくとも、数枚のイエローカードをすでに受けている」とし「まだ幼いイ・ガンインが今回のことでグラウンドで絶対してはならならないことを学んだだろう」と成長に有益な薬になることを願った。
(引用ここまで)

去る19日、「VOETBAL belgie」は、「シント=トロイデンはイ・スンウに120万ユーロ(約15億ウォン)を投資したが、まだ試合に出場していない。今の状況が続けば、投資の損失になることがある」と憂慮した。

イ・スンウは去る8月末、イタリアのエラスヴェローナを去り、シント=トロイデンに移籍した。出場機会のあるクラブを選んだイ・スンウの選択に拍手が続いたが、二ヶ月以上の出場のニュースは聞こえない。マーク・ブリス監督が新人選手を長く見守る保守的な性向でイ・スンウが約束なしに出撃命令を待っていると分析された。

地元メディアは、別の話をする。VOETBAL belgieは最近、イ・スンウが練習で不誠実な態度を示して排除されたと発表した。このメディアは「10代でFCバルセロナでプレーしたとしても成功を保証することができない。イ・スンウはまだ過去にとどまっているようだ」とし「現在、11節が消化したがイ・スンウは1分すら走らなかった。今後、別の姿を見せてくれる希望する」と述べた。
(引用ここまで)


 ヨーロッパサッカーでの韓国人選手の動向をふたつほど。
 バレンシアCFに所属するイ・ガンインが「21世紀生まれとしてははじめての一発退場」ということでちょっとだけ話題になっています。
 で、当該のプレーをDAZNの見逃し配信で見てみたのですが、あれはダメだ……。
 足裏を見せてのレイトタックル、ボールではなく完全に足に行っている等々、最初のカード提示でレッドにならなかったのが不思議なくらい。

 マルカ、デフォルテバレンシアノといったスペイン紙は「またも悪質タックル」「出場したすべての試合で非紳士的プレー」と酷評しています。
 今シーズン見たのは久保のいるマヨルカ戦くらいで、この時の出場は5分ちょっと。そこまでの印象はないのですが。
 でもまあ、複数のメディアがこう言っている以上、ひどいのでしょうね。
 当該の試合で出場してからの動き全体は見てみたのですが、守備に関しては動き出しが一歩遅い上に足が遅い。
 なのでこうして悪質なタックルでしか止められないって感じでした。

 今季はオフシーズンに「出場できないから移籍する」と大騒ぎしていました。
 それでも9節のうち5試合に出場。先発1試合。出場146分。
 そこそこ期待されている若手、というポジションであるのは間違いないようですが。

 さて、もうひとつは「韓国のメッシ」こと元バルセロナ下部組織に所属していたイ・スンウの話題。
 DMMが経営権を持っているベルギー1部のシント=トロイデンに8月末に完全移籍したのですが、10月の半ばを過ぎても1分すら走っていません。
 というかベンチにすら入ったことがない。
 当初は「ビザに問題が」とされていたのですが、実際にはチームにフィットできていないとのこと。
 練習で機嫌を損ねて抜け出した、ともされています。
 かねてから性格の悪さはいろいろと伝わってきています。

 韓国国内では「ドルトムントが興味を」だの「シャルケに移籍」だの言っていたのももはや懐かしい思い出。
 バルセロナBでもろくに出場できず、移籍したセリエAでも降格したセリエBでもさほどの出場機会がなく、出場機会を求めて移籍した若手育成の場ともされているベルギーリーグで干されている。
 「コリアンメッシ」なぁ……。
 ここから「DMMがオーナーだから干された」というところまで行けるかなぁ。
 ちなみにバルサの下部組織所属の頃には「楽天が胸スポンサーになったから干されたんだ」って話がわりとリアルなトーンで語られていました。

"韓国のイ・ガンイン、悪質タックルで一発退場 → スペイン紙「いつかやると思ってた」"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント:[必須入力]