相互RSS募集中です

韓国で初の外資系アミューズメントパークとなるレゴランド、2022年に開園できる?

10年目工事中春川「レゴランド」...どこまできたか?(YTN・朝鮮語)
湖の中ほどに浮かぶ島、これまでレゴランドは文化財発掘の問題と不正会計、贈収賄汚職、施工者の交替などの雑音が絶えませんでした。当然、完成期日が延期され続けてきました。現在工事がどこまで進んでたのか、直接中に入って確認してみましょう。

一番最初に目についたのはジェットコースターです。水遊び施設も姿を備えています。レゴブロックの警備艦が実物大のものとなり、曲がりくねった滑り台も置かれました。灰色のコンクリートの建物も塗装が始まり童話の中に出てきそうなわらぶき屋根の建物も骨組みを備えています。すでに枠を備えた造形物と一緒に見ると、土を運ぶショベルがまるでレゴのおもちゃのように見えます。

事業を取り巻く大小の問題が依然として残っていますが、2022年の完成を目指しています。 (中略)

テーマパークの工程率はすでに60%以上。
しかし、施工者の交換の問題が浮き彫りになった周辺インフラの工程率は20%台にとどまっています。
(引用ここまで)


 延々とやっている春川のレゴランド、10年目にしてようやく開園できるのではないかという状況になってきたそうです。
 これまで竣工業者が入れ替わったりなんだりと、あとから建設が決定した名古屋のレゴランドに追い抜かれるという始末だったのですが。
 併設予定だったハローキティーアイランドが計画中止になったりもしていましたが。
 どうにかこうにかレゴランド本体は開園できそうな感じです。ちなみに2022年に予定されているとのこと。
 リンク先の動画を見ても、園内はそれなりには作られている模様。

 ただ、周辺のインフラができておらず、ホテル等は遅れて開業するとのこと。
 レゴランドにかぎらず、こうしたアミューズメントパークは周囲のインフラと一緒になるのが旨みなのですよね。
 そのあたりがうまく廻っているのが日本のディズニーランドであり、USJであると。あれを見て韓国もアミューズメントパークで一発当てたいという意向があるようですが、どれひとつとしてうまくいっていません。
 特にユニバーサルスタジオコリアのぐだぐだ感はなかなかすごいものがあります。

 日本のレゴランドも名古屋港近くの金城ふ頭駅なんていう陸の孤島に作られたのは、併設しているホテルに泊まらせたいという意向があるからでしょうね。
 ちなみにレゴランドのある金城ふ頭駅の近くにある展示場でBABYMETALのライブがあったのですが、帰りのあおなみ線がえらいことになってました。数千人が一気に行ったり帰ったりようなところではないな、というのが実感。
 2日目は見知らぬメイトさんを募ってタクシーで帰りました。余談。

 慶南にあるロボットランドが破綻寸前とされていますが、レゴランドもその轍を踏むのかどうか。
 外資(マダムタッソーの運営会社)によるアミューズメントパーク運営ならなんとかなったりするんですかね?
 ちなみに同じように外国からの算入であったジャズクラブのブルーノートソウルは2ヶ月半でクローズしてました。

"韓国で初の外資系アミューズメントパークとなるレゴランド、2022年に開園できる?"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント:[必須入力]