相互RSS募集中です

元慰安婦らから金を搾り取っていた元正義連理事長「母の日を前にカーネーションを持って祖母らのお墓参りに行ってきました」→韓国人「いままで『搾り取らせてくれてありがとう』とでも言ってきたのか?」

ユン・ミヒャン、母の日迎え「慰安婦被害者」墓地訪れた(イーデイリー・朝鮮語)
ユン・ミヒャン共に民主党議員が8日、母の日を前に天安の「望郷の丘」を訪れたと述べた。

ユン議員は7日、自身のフェイスブックを通じて「昨日事務所で名前の分からない方送ってくださった14本のカーネーションの意味を受け抱え、おばあちゃんたちが集まっておられる天安の望郷の丘に行ってきた」と、このように伝えた。

天安の望郷の丘には故金学順祖母、人権活動家であった故金復東祖母など慰安婦被害おばあさん55人の墓地が位置している。
この日ユン議員は「おばあちゃんの一人一人のカーネーション申し上げカーネーションに込められた愛の連帯をお届けし、母の日のお祝いの挨拶をささげた」とし「おばあちゃんの幸せな笑顔が見えるようでした」と述べた。

続いて「日は曇り今にも雨が降るようでしたが、珍しくも望郷の丘に留まる時間にわたって雨が一滴も降らなかった」とし「車に戻ってソウルに向かいますが、その時には前が見えないほど土砂降りの雨だった。ありがたい天気」と伝えた。

ユン議員はまた、「母の日を翌日に控えておばあちゃんたちと挨拶できるよう、カーネーション送ってくださった方に心から感謝する」とし「おかげで花が枯れないようにするという気持ちで天安に行ってくることができた。私を悟らせることまでしてくれた。ありがとう」と付け加えた。

それと共に「すべての父母の苦労がわずかなことから大きなことに至るまで平和に結実することを願いしてみる」とした。
(引用ここまで)


 ユン・ミヒャン議員が「カーネーションを持っておばあさん方に会ってきました」みたいな投稿をFacebookにしたそうで。
 先日の「またひとり元慰安婦のかたがお亡くなりに……胸が詰まる」という投稿と同様にぼっこぼこにNAVERニュースのコメントで叩かれています。
 ピックアップしたイーデイリーの記事はそれほどでもないですが、世界日報の記事だと1200コメントオーバー。ちょっとした事件につくくらいの多さです。

ユン・ミヒャン「カーネーション持って『望郷の丘』へと行ってきた……母の日の挨拶をさし上げた」(世界日報・朝鮮語)

 「墓に『これまでおいしくいただけました』とでも報告してきたのか」とかいうコメントがあって苦笑。
 それでも、ユン・ミヒャンとしてもこうした行動をやめるわけにもいかないのですよ。

 いまだに「慰安婦らの代理人としての自分」を演じざるを得ない。
 1990年に挺対協を設立して、これまでの業績で国会議員(ソンセニム=先生様)にまで登り詰めた。
 そのすべての業績は「元慰安婦の庇護者・代理人である」というものに起因している。
 いまさら「詐欺師でしたー」とか「公金横領してました」なんて話にできるわけがない。

 あくまでも「韓国における最高権威者たる元慰安婦らの代理人」をいつまでも演じ続けなければならないわけです。
 元慰安婦が亡くなったら「胸が詰まる……」とコメントし、母の日が近くなれば「お墓参りに行ってきました。祖母らの笑顔が見えるようでしたよ」とコメントする。
 そして韓国人からぼっこぼこに叩かれる。
 もはやお約束と化しているのですね。

 ちなみに正義連(旧挺対協)の施設にいた元慰安婦のひとりは「正義連とは一緒にやっていけない」として、日本政府を相手にした訴訟の控訴を断念したそうです。

「正義連と一緒にできない」…吉元玉さん、慰安婦控訴断念(中央日報)

 韓国政府、ソウル市から入金がある度に正義連の職員に全額引き出されていた人ですね。
 肋骨が折れても正義連によってヨーロッパを引きずり回されていた、という疑惑もあります。

 それでもユン・ミヒャンはまだ演じ続けるのでしょうね。「慰安婦らの庇護者」である自分を。


"元慰安婦らから金を搾り取っていた元正義連理事長「母の日を前にカーネーションを持って祖母らのお墓参りに行ってきました」→韓国人「いままで『搾り取らせてくれてありがとう』とでも言ってきたのか?」"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント:[必須入力]