相互RSS募集中です

韓国の大統領選が実質スタート、与党の統一候補選で激しい争いが起きる理由とは?

「祖国事態」リングで鮮明になった民主党の反イ・ジェミョン構図(ソウル新聞・朝鮮語)
 共に民主党の大統領予備選挙が「チョ・グク事態」と「反イ・ジェミョン」という2つの軸に固まっている。特にチョ・グク前長官の立場の違いをリングに反イ・ジェミョン戦線が強化されており、最終的に民主党は大統領予備選挙と本選でもチョ・グク事態の沼から抜け出せないという懸念が出ている。

 ソン・ヨンギル代表がチョ・グク事態に対して謝罪してどうにか収めた時限爆弾は1日の予備選挙の国民面接官に「チョ・グクたぶん」の著者であるキム・ギョンユル会計士を選定したが、2時間で撤回して炎上した。イ・ジェミョン候補は「かなりまともなアイテム」と肯定的に評価したが、イ・ナギョン・チョン・セギュンなど他の候補は、「80万の権利党員に対する冒涜」と指導部の謝罪を要求した。

 面接官3人がすべて交代するという紆余曲折の末、4日に開かれた国民面接でも、チョ・グク事態は難問となった。チョ前長官を擁護しチンムン(親ムン・ジェイン)候補であることを自認するイ・ナギョン候補は「(チョ元長官を)任命しないほうがよいという意見を(首相として大統領に)ささげた」と述べた。ややもするとジョー前長官の支持者の反発を買うだけの発言だったが、イ候補は「なぜなら(チョ元長官が)あまりにも多くの傷を既に受けていたために大統領にも負担になると思われた」と説明した。チョ元長官とムン・ジェイン大統領への忠誠だったという意味だ。

 3日夜開かれた最初のTV議論は反イ・ジェミョン戦線が明白になった。チョン・セギュン候補は、イ候補が基本所得が1番公約ではないということについて「頻繁に言葉が変わるようだ」とし、パク・ヨンジン候補は「表裏が異なる政治家」と批判した。他の候補も「嶺南逆差別」、「占領軍」、「薬売り」といったイ候補の発言をめぐり、与党の安定候補になることができないと大統領選本戦でのリスクを指摘した。予想とは異なり、チュ・ミエ候補だけがイ知事の基本所得と全国民災害支援金の主張に共感した。イ候補は4日、フェイスブックの「8対1に近い一方の議論で反論する機会もなかった」とした。

 チョン・セギュンとイ・グァンジェ候補が5日、一本化の結果を発表した場合、反イ・ジェミョン戦線はさらに具体化されて拡大される見込みである。イ・ナギョンとチョン・セギュン候補は、前日の昼食会会合を持ち、「民主政府4期の誕生のために一緒に努力する」と合意した。追加単一化を念頭に置いた歩みに解釈される。民主党関係者は「決選投票を念頭に置いた単一化の動きはさらに活発になるしかない」とした。
(引用ここまで)

 与野党共に大統領選に出馬宣言が行われ、まず党内の統一候補を出すための予備選がスタートしています。
 与党の共に民主党からは9人が出馬表明をしています。
 でもまあ、イ・ジェミョン京畿道知事、チョン・セギュン元首相、イ・ナギョン元首相、チュ・ミエ元法務部長官(大臣に相当)くらいまでがなんとか候補としてまっとうかなぁ……というところ。
 あとは「大統領予備選に出馬した」ということを次やその次の大統領選に使うか、もしくは孫子の代に伝える勲章代わりなんて人もいるんじゃないでしょうかね。

 そして論争点にチョ・グク事態をどう見るのか、ということになっている不思議。
 まあ、共に民主党の党代表が謝罪に追いこまれているほどなのでイシュー化されていて当然ともいえるのですが。
 これ、単純にチョ・グクの話云々をしているわけではないのですよ。

 チョ・グク元法務部長官が自分の娘の大学・大学院入学に際して便宜を図ってもらうよう様々な悪事を行ってきた。
 それによってムン・ジェイン政権を「この政権もまた公平ではなかった」と見切りをつけた若者層をどのようにして引っ張ってくるかということが話題になっているのです。
 そしてその集結先がチョ・グクやチェ・ミエ(息子の軍脱営に関与した疑い)と対抗した形になったユン・ソンニョル(ソクヨル)前検察総長というわけです。

 なので「チョ・グク事態をどう批判するか」というのは次の政権で公平性をどのように担保するか、という意味でもあるのですね。
 ですが、チョ・グクはいまだにムン・ジェインの後継者としての威光がある。ムン派にとっては「ムン・ジェインとチョ・グク」は、セットでもあるのです。
 チョ・グクを批判することはムン・ジェインを批判することにつながる。
 つまり、党内多数派のムン派の離反をも意味するわけで。
 なかなかに塩梅が難しいところ。

 いまのところ最有力候補とされているイ・ジェミョン京畿道知事はムン派ではない。
 でも、党内多数派はムン・ジェイン支持派。
 構造がねじれている。
 というわけで反イ・ジェミョン、イ・ジェミョン包囲網が形成されているのです。
 うまいことイ・ジェミョンの首を取ったらムン派からの支持が集まるだろう、という思惑があるのですね。

 なお、統一候補が決定するのは9月5日。
 誰も過半数が取れなかった場合は翌日に持ち越しで決選投票。
 野党のスケジュールも同じようなものだったはず(要確認)。
 ここ何回か記憶にないレベルで激しい戦いになるんじゃないかなぁと予想します。というかもうすでになってますね。

"韓国の大統領選が実質スタート、与党の統一候補選で激しい争いが起きる理由とは?"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント:[必須入力]