相互RSS募集中です

「日本は敵性国家」で知られるイ・ジェミョン大統領候補、またも反米・反日発言……ただし、支持率はジリ貧

李在明候補「“日米韓”軍事同盟に反対」…「“独島”は日本のトリップワイヤになり得る」=韓国(Wow! Korea)
イ候補はきょう(10日)の午前、プレスセンター行なわれた討論会で、“日米韓軍事同盟への賛否”についての質問に「日米韓3角軍事同盟については反対だ。我々は米国と軍事同盟を結んでいる。しかしここに日本が入ることは、非常に慎重に考慮しなければならない」と語った。

つづけて「我々は独島問題を含めた対日関係において何を心配するのか。日本は完全な友邦国なのか。なぜ独島に対して日本は問題提起をするのか。すでに韓国の領土であることは明確だ」とし「今すぐではないが、いつかは(独島が)日本のトリップワイヤになり得るとみている。そのような疑いをもっている」と強調した。

また「北朝鮮と今すぐ向き合わなければならないが、日本の問題も、領土問題や歴史問題が完全に本当に(解決し)永続的な善隣交流の共存関係となるのなら話は違うが、過去の帝国主義による植民地問題に対して日本は依然としてあいまいさを維持している。日米韓軍事同盟は非常に危険となり得ると考える」と強調した。
(引用ここまで)


 以前からイ・ジェミョンはこのような日本に対する持論を述べていたのですね。
 特に「独島に対する日本の野心は大陸進出へのトリップワイヤになる」という話は外交安保政策を問われる度にしていた印象です。
 まあ、以前から「日本は敵性国家」「日本こそが分断されるべきだった」とするなど、反日気性、かつ反米気性を露わにしてきた人物なのでなんの不思議もないのですけどね。

 ただ、今回大きく異なるのは共に民主党の大統領候補としての発言であるということ。
 これまではただの地方自治体の首長(城南市長、京畿道知事)による話であったものが、「彼が大統領になったら韓国はこうして動く」という宣言になっているこということですね。
 同時に「日米韓の三角同盟にはならない」とも発言。
 まあ、これは願ったり叶ったり。日本がいうまでもなく、わざわざ韓国からこうして言ってくれるのですから。
 というか、これはムン・ジェイン政府によるいわゆる「三不」政策を継承するという話でもありますね。
 三不とは──

・日米韓の3ヶ国による同盟を結ばない
・THAADミサイルの追加配備を検討しない
・アメリカのMD配備網に加わらない

 この3つの不に加え、THAADミサイルシステムの使用についても中国の安保に関わらないように制限せよと王毅外交部長に言い渡されているので、正確には三不一限。
 この対中政策を継承するというわけですね。


 ただ、現在のところイ・ジェミョンは各種世論調査で不利が伝えられています。

韓国大統領選候補支持率 与党の李氏34.6%・野党の尹氏44.4%(聯合ニュース)
支持もユン・ソクヨル46.3%vsイ・ジェミョン32.3%… 当選可能性ユン48.6%vs李39%(ニュース1・朝鮮語)

 世論調査によっても数字は異なっているのですが、10〜14%ポイントほどの差で明らかに誤差範囲外の数字になっています。
 野党の国民の力からの候補がユン・ソンニョル(ソクヨル)氏に決まったことでご祝儀相場的な部分も少なからずあるとは思うのですが。
 問題はイ・ジェミョン候補にはその「ご祝儀相場」が一切なかったことなのですね。

 テジャンドン開発疑惑は韓国人有権者にとって大きな問題である、ということが分かりますね。
 左派ジャーナリスト(実際には左派の太鼓持ち)として知られているキム・オジュン氏は、自分の番組で左派である正義党に対して「候補の一本化をするつもりはないのか」と問いかけているそうですから。

ユン優勢の世論調査出た日… キム・オジュン、シム・サンジョン候補に「完走するつもりなのか」3回尋ねた(朝鮮日報・朝鮮語)

 危機感はかなり高いのだろうなぁ……。
 問題はこの情勢が3月頭の大統領選挙まで続くか、ということですが。
 いまのところ、テジャンドン開発疑惑についてはイ・ジェミョンが「無関係だ」といっているかぎりは続くんじゃないかなぁ……という感じです。
 そうなるとさらに反米・反日発言を重ねて先鋭的になっていくんじゃないか、という感触もしてますが。さて。

Twitterで更新情報をお伝えしています。フォローよろしくお願いします。→

"「日本は敵性国家」で知られるイ・ジェミョン大統領候補、またも反米・反日発言……ただし、支持率はジリ貧"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント:[必須入力]