相互RSS募集中です

韓国、新規感染者数が一気に7175人に……病院は「病床が増えても医療関係者は増えない、もう無理!」と叫ぶ

「準備ができていないウィズコロナ……重症者病床を増やしても診療人材がない」(聯合ニュース・朝鮮語)
医療現場でコロナ19集中治療を直接診療中のベク教授は「病院は医学、倫理的優先順位を考慮せずに配分順に無条件患者を受けなければならず、患者を受けなければペナルティを受ける」とし「日常生活能力を喪失した患者、超高齢患者、療養機関の長期入院患者などが転院してきており、重症病床の多くを占めている」と伝えた。

ペク教授は「これらの患者は数週間以上、病床を確保した上で大半は結局回復できず死亡することがある」とし「若いコロナ19重症患者が時折入室できず、集中治療の人員の燃え尽き症候群で治療の質的水準が低下している」と言った。 (中略)

キム・ナムジュンソウル医大感染内科教授はコロナ19集中治療担当者が不足している現実について「冷静に問い詰めたところで感染専門家、集中治療専門家を補強する方法はない」とし「これらを訓練、教育するのに少なくとも2年かかる。このような現実を率直に話してほしい」と批判した。

キム教授は「コロナ19診療医療スタッフの疲労度を解決するとともに、韓国の医療体系が余裕のあるほどの重症患者が発生するように感染を調節しなければならない」とし、「重症患者状態の好転時にこれらを受けられる転院先の病院確保も非常に重要だ」と助言した。
(引用ここまで)


 ……いや、まあ。
 そりゃそうなるよね、というオチ。

 6日に国務総理が「2400の病床を確保した。新規感染者が1万人になっても対応できるように病床をさらに確保する」と述べたのですが。
 病床を増やしたところで、感染症について対応力のある医療関係者がそこらへんから生えてくるわけでもないのですから。

 ただ単に寝かしておくだけのスペースが増えただけ。
 しかも、この病床はおそらくは新型コロナ以外の病床を削って確保している。
 しわ寄せは新型コロナ以外の救急患者に向かっているのは間違いない。

 8〜9月にかけて、日本の医療関係者は「怪我をしないで。病気にもできるだけならないで。交通事故にも遭わないで。もう病院には対応できるキャパがない」と言い続けていました。
 うちの近所でも当時、救急車が出動して道に停まり続けているということがありました。受け入れ先の病院が決まるまで待機していたのでしょう。
 それとまったく同じことが韓国で起きている、ということです。
 日本や世界のなにを見てきたのやら……。


 さきほど発表された昨日の新規感染者数は7000人を突破して、過去最悪をさらに更新しました。
 新規感染者、7175人。日本でいえば約1万8000人相当。
 重篤重症者840人、死者63人。

新規確定7175人・重篤重症840人「歴代最多」…死亡63人(聯合ニュース・朝鮮語)

 これまでの「最悪の数字」は、水曜か木曜にぴょこっと数字が上昇してそれ以降は戻るという形だったのですが──

11月11日 2520人
11月18日 3292人(前週比1.3倍)
11月24日 4115人(1.25倍)
12月1日 5122人(1.24倍)

 12月に入ってからは──

12月2日 5264人
12月4日 5352人

 と、細かく過去最悪を更新をするようになり、今日は7175人。
 1.24〜1.3倍ていどで推移していたものが、今日は1週間前の1.4倍。指数関数的増加、はじまったな……。

 7月末あたりから増加していた日本の新規感染者は8月の終わりでピークアウトし(8月25日に最大の2万5038人)、以降は相当に収束しているのが現状ですが。あれはワクチン接種完了率が上昇したことと、感染拡大を恐れて行動自粛があっとことによる複合効果でした。
 9月9日に接種完了率が50%になり、そこから魔法のように感染者数が減っていったのですが。
 一応、韓国の接種率はすでに80%超。
 唯一の希望はブースター接種ですが……。

Twitterで更新情報をお伝えしています。フォローよろしくお願いします。→

"韓国、新規感染者数が一気に7175人に……病院は「病床が増えても医療関係者は増えない、もう無理!」と叫ぶ"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント:[必須入力]