相互RSS募集中です

韓国防疫当局、ファイザーの経口治療薬だけを承認。「こっちのほうが効果が高いから」……ですって

韓国政府がパクスロビドを承認し、モルヌピラビルの承認を先送りした理由とは(ハンギョレ)
 キム・ガンリプ食品医薬品安全処長は27日のブリーフィングで「検討が完了し、関連手続きと法廷委員会を通じて承認された製品(パクスロビド)について、今日承認決定をした」とし、「モルヌピラビルも緊急使用承認申請を受けて検討しているが、効果に関する資料を追加検討する必要がある」と述べた。

 食品医薬品安全処は22日、コロナ飲み薬のパクスロビドに対する疾病管理庁の緊急使用承認申請を受け、モルヌピラビルは先月17日、緊急使用承認申請を受け付けた。承認申請は、モルヌピラビルの方が1カ月ほど早かったが、最初に報告したものより投薬効果が低いことが分かり、韓国をはじめ一部の国々は緊急使用承認に二の足を踏んでいる。 (中略)

 新型コロナ患者の重症化を予防する効果はパクスロビドの方が高いが、新型コロナの感染拡大の勢いを見極めにくい現状では、モルヌピラビルも確保しておくべきだと専門家らは指摘する。嘉泉大学吉病院のオム・ジュンシク教授(感染内科)は「実際の効果は臨床で使ってみなければ分からないが、重症患者に対してはパクスロビドよりモルヌピラビルの方が効果がある可能性もある」とし、「パクスロビドをできるだけ多く確保しなければならないが、(パクスロビドを)使用できない場合に備え、プランBとしてモルヌピラビルに対しても使用を承認する必要もある」と述べた。
(引用ここまで)


 韓国政府がパクスロビドだけを承認して、モルヌピラビルを承認しなかったのだそうで。
 で、その理由が「パクスロビドのほうが効果が高いから」なのだそうですが。
 なんだろうな……武器の種類を自ら狭くしていくのなんででしょうね。

 薬である以上、使用禁忌は絶対にあるはずで。
 併用できない薬もあります。
 というかむしろ効果が高いからこそ、副作用も多いはず。

 なんでも韓国当局は36万人分のパクスロビドについて購入契約を済ませたそうですが。

韓国、「ファイザー飲み薬」12歳以上の中等・軽症患者に症状発現5日内に投与へ(中央日報)
韓国政府はこの日までパクスロビド36万2000人分とモルヌピラビル24万2000人分など計60万4000人分の先行購入契約を完了した。この他に追加契約の協議が進められている。来年1月初めまでに計100万4000人分を確保する予定だ。
(引用ここまで)

 どうやら7万人分から積み増せたようですね。

 
 こういう対応を見ても本当に韓国政府の防疫当局には専門家がいないんだなぁ、というのが実感できますね。
 ワクチンの入手失敗も韓国産の治療薬がうまくいくという前提でしたし。
 今回も同様なオチになりそうだなぁ、という感触。

 なんで専門家グループとか導入しないんでしょうかね。
 まあ、初期のK防疫がそれでも成功してしまったから……なのでしょう。おそらくは。
 そして「我々が世界だ」とか言い出して、その1年半後にこうなったわけです。

Twitterで更新情報をお伝えしています。フォローよろしくお願いします。→

"韓国防疫当局、ファイザーの経口治療薬だけを承認。「こっちのほうが効果が高いから」……ですって"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント:[必須入力]