相互RSS募集中です

韓国、太地町よりも多くのイルカ類を「混獲」していた……なお、ミンククジラの「混獲」は年間80頭……でも流通する鯨肉は240頭分

何と91.8%を韓国が獲得、これよりさらにある恥さらしは……(オーマイニュース・朝鮮語)
混沌は単にスナメリや鮟鱇網の問題ではない。ミンククジラ、カマイルカ、マイルカのように韓国に生息する数多くのクジラが鮟鱇網、定置網、刺し網などにかかって死ぬ。海洋警察庁によると、2015年から2020年まで毎年1000~2000頭のクジラが混獲された(クジラ虐殺で悪名高い日本の太地町で2020/21シーズンに死んだイルカ687匹より多い)。虐殺を越える規模で韓国でクジラ類が死んでいるということだ。

この数字は他の国のクジラ類の混獲数を大きく上回る。2014年に国際捕鯨委員会に報告された国別クジラの混獲量に関する統計結果は、かなり衝撃的である。オーストラリア、ブラジル、デンマーク、韓国、オランダ、ニュージーランド、ペルー、スペイン、イギリス、米国など、10カ国で2014年の間に網に混獲されたクジラが合計2008頭で、そのうち1835頭が韓国で捕獲された。全世界の混獲量のなんと91.8%を韓国が占めていた。

これ以上の恥もある。韓国では網で窒息死したクジラの一部を肉で流通する。ミンククジラの場合、まだ保護種に指定されておらず、委託販売が可能である。混獲されるミンククジラは鯨肉として流通する。意図的な捕獲痕跡がない「偶然な」混獲であることが証明されると、海洋警察が漁民に流通証明書を発行する。このようなミンククジラは数千万ウォン、多くは数億ウォンで取引される。
(引用ここまで)


 「海のロト」とされるクジラ類の混獲。
 海洋警察の統計によると2015年から2020年の6年間で9202頭のクジラ類が「混獲」されたとのこと。
 年平均1533頭。
 1日に4.2頭のペース。
 ただし、これはスナメリをはじめとしたイルカも含めた数字。

 ちなみにIWCを脱退して自由に捕鯨ができる日本の場合、令和4年の漁獲枠は383頭。

令和4年捕鯨可能量据え置き 383頭、漁業法管理下に(産経BIZ)

 さらに混獲で34頭のミンククジラが獲れると想定しているとのこと。

 韓国で「混獲」されるミンククジラは年間で80頭ほど。
 「海のロト」とか称されていますが、週1以上のペースで「混獲」されているのですよ。
 混獲してしまっている、というよりは混獲を積極的に狙っているとしか思えない部分がある。


 鯨を見つけると定置網に追いこむなんてことをやるそうですわ。で、無事に引っかかったら「なんてことだ、魚を捕っていたらクジラがかかってしまった。どうしよう」とか言うわけです。

 あと「1頭混獲が出ると、1頭分よりも多くの肉が出る」なんてこともまことしやかに伝えられています。

「海のロト」鯨のミステリー……網にかかったのは80頭、売れたのは240頭(中央日報・朝鮮語)
ミンククジラは一年平均80匹ほど混獲される。しかし、クジラ保護団体のホットピンクドルフィンズ代表は「全国120~140店舗あるクジラ肉食堂で、年間最低240頭のミンククジラが販売されている」と推定する。混乱で報告されたよりもはるかに多くの数が不法捕獲で犠牲になっているわけだ。
(引用ここまで)

 どのような手法を使っているかというと、実際に混獲されたミンククジラに対して「販売許可証」が発行されるのですが、それをコピーして肉を販売してしまうっていう。
 まあ、いつもの「書類偽造」ですね。
 原発部品高速鉄道、あるいは大学入試の提出書類でやっているヤツ。  こんな風にして韓国では「鯨漁」が続いているのだ、という話でした。
 韓国での「鯨の混獲」についてはいつかまとめようと思っていた事柄のひとつなので、とりあえずはとっかかりができてよかった。

Twitterで更新情報をお伝えしています。フォローよろしくお願いします。→

"韓国、太地町よりも多くのイルカ類を「混獲」していた……なお、ミンククジラの「混獲」は年間80頭……でも流通する鯨肉は240頭分"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント:[必須入力]