相互RSS募集中です

交通事故を起こして半引退の選手の復帰に韓国メディアが「前科4犯の人物が大統領候補になるような国だから」と揶揄

【コラム】「たかが飲酒運転くらいで何をそこまで」(朝鮮日報)
韓国プロ野球のキウム・ヒーローズは今年3月、韓国野球委員会(KBO)に、姜正浩(カン・ジョンホ)内野手(34、ポジション:三塁手、遊撃手)に対する任意契約解除(任意脱退)復帰承認を要請した。姜正浩選手は「飲酒運転三振アウト」の前歴があり、懲役の刑事処罰(懲役8カ月、執行猶予2年)を受け、2年前に韓国野球界への復帰を試みたが失敗した。キウムのゼネラルマネージャーは「野球界の先輩として姜正浩に野球人生を終える最後のチャンスを与えたかった」と語った。こうしたキウムの動きを批判する記事を書いたところ、ある読者がメールを送ってきた。内容をそのまま転載する。

 「前科4犯の李在明(イ・ジェミョン)氏も大統領選挙に出たのに、何年か前の飲酒の前科ありの姜正浩選手が人々に受け入れられないのはなぜなのだろうか。ひどい破廉恥犯でもないのに…石を投げるのはもうこれくらいにすべきではないだろうか?」

 第20代韓国大統領選挙は、新種のチョウを誕生させた。「前科4犯」候補が1600万票(得票率47.8%)を越える票を集め、わずか0.73%差で惜敗する嘆息の中でふ化したこのチョウは「能力があればいいのであって、何が問題なのか」と羽ばたく。「有能な経済大統領」というスローガンが、飲酒運転をはじめ大庄洞開発を巡るスキャンダルや法人カードの私的流用、違法儀典など各種の問題を突き破ってしまうのを韓国国民は体験した。原則・常識などがばかばかしくなってしまうバタフライエフェクトが、大統領選後に多方面で出現する兆しが見られる。 (中略)

 姜正浩選手は、KBO復帰が承認されても、有期失格1年の懲戒を受けたせいで、早くても来年にならないと韓国国内の舞台には立てない。実戦の空白期間が3年を超えた数え年36歳の選手が、うまくいけば韓国野球の底が割れ、うまくいかなければ本人にとって恥となる。結局のところ、残るのは「やはり韓国では何をやろうと粘れば最後には大目に見てもらえる」という、崩壊した原則だけだ。 
(引用ここまで)


 カン・ジョンホはその頃の韓国人野球選手としては珍しく日本を経由せずにピッツバーグ・パイレーツに入団し、1年目はホームラン15本(怪我でシーズン途中で終了)、2年目は1/3をリハビリで棒に振ったものの20本塁打を記録した選手です。
 内野手としての守備は「まあ、それなり」ではありましたが、二割半ばで20本打てるという選択肢はわりと魅力的です。
 レジェンド選手だったジータですら最高で24本ってことを考えると、その貴重さは分かってもらえるんじゃないですかね。
 A-ROD? あれはアスタリスクつきだから。

 ただし、メジャー2シーズン目となる2016年のオフに自損+物損の飲酒運転をかまして有罪判決を受けます。それまでに飲酒運転で2回の検挙があり、3度目だったことから懲役8ヶ月、執行猶予2年の軽いとはいえない判決だったのですね。
 カーブを曲がりきれずに反対車線に飛び出すひどさ。まあ、有罪もしかたない。



 結果、アメリカからワーキングビザが出なくなってほぼキャリア終了しました。
 2017年は1試合すら出場できず。
 2018年はメジャーでのシーズン終わりにも出場し、翌2019年も夏までに10本塁打を打ったものの、打率が1割台半ばで解雇されました。

 日本に来るのではないかという噂もちらと出たりしましたね。
 2020年に韓国に復帰を申請するもののファンからブーイングを食らって申請取り消し。
 で、2022年になって再度申請。もっとも1年間の失格処分が科せられているために、本格復帰は来年から……というもの。


 飲酒運転がなければメジャーであと5〜6年ほどやって、うち3年くらいはフルシーズン、それ以外はプラトゥーン出場でなんだかんだ100本塁打くらいは行けてたんじゃないか……という感じでしたが。
 すべてのライフプランが飲酒運転ひとつで潰えたという好例ですね。

 で、そのカン・ジョンホが再度KBOへの復帰を目指すことになったのですが。
 それを朝鮮日報が「前科4犯の人物が大統領選挙に出て僅差で負けるような国では、こうした事例が多く出る」と揶揄するコラムを掲載。
 まあ、言いたいことは分からないでもないですが。

 さすがにもういいんじゃないかって気もしますね。
 執行猶予期間も終えているし。
 幸いなことに、被害者のいる事故でもなかったのですから。
 当時、身代わり出頭させた友人女性はいたけども。
 まあ、本当に反省しているのかどうかなんて本人にしか分かりませんけどね。

Twitterで更新情報をお伝えしています。フォローよろしくお願いします。→

"交通事故を起こして半引退の選手の復帰に韓国メディアが「前科4犯の人物が大統領候補になるような国だから」と揶揄"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント:[必須入力]