相互RSS募集中です

ムン・ジェイン、「功罪を検証する」記事で功がなにも書かれない……

【寄稿】韓国人が一度も経験したことのない大統領…彼を記憶すべき6つの理由(朝鮮日報)
「無能だからなのか、人は良い」。この5年間韓国を統治した文在寅(ムン・ジェイン)大統領について、このように語る人が結構いる。高い地位にある人物が無能だとしたら、それこそ悪いことではないのかと問い返してみるが、そんなことを言うなら、良い人間はどれくらいいるのかという反論にぶつかったりする。私の評価があまりに辛口なのだろうかと悩んでいたとき、文大統領が孫石熙(ソン・ソクヒ)氏と交わしたテレビ対談を見た。文大統領自身は、退任後「忘れられた人になりたい」と謙遜していたが、こういう人物はわれわれ韓国人が長く記憶しておくべきだという意味で、対談を通して表れた文大統領の実体を整理してみる。

1. 私は「絶対善」だ(中略)
2. コロナ…残念で、ありがたい(中略)
3. 言い訳の帝王(中略)
4. 不利な質問はパスする(中略)
5. 難しい言葉は理解できない(中略)
6. 尹錫悦には強く出るが、金正恩は怖い
(引用ここまで)


 ムン・ジェイン大統領の任期は今日を含めても残り3日。
 この5年間の惨状をさまざまなメディアが振り返っています。
 ピックアップしたこのコラムはムン・ジェイン政権に対して最初から最後まで反発し続けてきた朝鮮日報に掲載されているものなので、そうした党派性があるのは間違いないのですが。
 それでも、こんなのが国家元首だったら悲惨だったろうなぁ……とは感じられます。

 小見出しを見るだけでも「うっわ」ってなりますね。
 さんざん、楽韓Webでも「ムン・ジェインは無謬である(と自分のことを思っているだけの異常者)」という話をしてきましたが。
 正確に言うと「自分と北朝鮮は絶対善」ですかね。

 この記事、後に顧みることもあると思うので、7日で消えてしまう日本版だけじゃなくて大元の記事をピックアップしておきましょう。

一度も経験できなかった大統領… 彼を覚えておくべき6つの理由(朝鮮日報・朝鮮語)

 北朝鮮が南北共同連絡事務所を爆破した件について問われると「批判すべき問題ではない。なぜ批判するのか」って言い出すとか、もうちょっとした恐怖映画ですよ。


 全体的に「なにかやっているように見せかけて、実はなにもやっていない」という政権でした。
 大きな岩を押してるのだけども、ミリほども動いていないので仕事量ゼロって感じ。
 各国から「なんだあいつ」って思われることで負の仕事は充分にしていたかもしれないけど……。

 もうひとつ、時事通信での連載でも5年間の振り返りが掲載されています。

米朝「二股」で袋小路に~韓国・文在寅政権の功罪~(時事通信)
 「いい人」を演じようとするあまり、結局は誰からも信用されなくなる。そんな典型を示した5年間ではなかっただろうか。 (中略)

 任期満了が迫るなか、文在寅は金正恩に親書を送った。その翌日に受け取った返信で、金正恩は文在寅の「苦悩と労苦を高く評価した」という。金正恩にはこれまでの南北対話が無駄ではなかったことを確認しあうことで、保守的な新大統領・尹錫悦をけん制する意図もあったのだろう。しかし、その「苦悩と労苦」を文在寅にもたらした原因が何であったかを考えると、皮肉の極致と思えてならない。親書交換の事実は『労働新聞』や朝鮮中央テレビなど北朝鮮の国内メディアでは一切報じられていない。
(引用ここまで)

 北朝鮮(キム・ジョンウン)からは「苦悩と労苦を高く評価する」とか言われて、中国からは「文政権を高く評価する」と褒められる。

 「功罪」って書かれているけど、功が……功が……。
 朝鮮日報と時事通信によるこれらふたつのコラムだけでも、ムン・ジェインの5年間がどういったものだったか理解できそうですね。

 当選当初から「ダメだろうなぁ」とは思っていたのですが、ここまでダメだとは。
 元駐韓大使の武藤正敏氏が「あれは北朝鮮のことしか考えていない」って言い放って「いくらなんでもそこまでではないでしょ」とも思ってはいたのですが、本当にその通りだったっていうね。
 すごい5年間だったわ。

Twitterで更新情報をお伝えしています。フォローよろしくお願いします。→

"ムン・ジェイン、「功罪を検証する」記事で功がなにも書かれない……"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント:[必須入力]