相互RSS募集中です

ムン政権時代に北朝鮮へ強制送還していた北朝鮮住民、実際には脱北希望者だった……ムン政権が「反人道的行動」に走った理由とは?

北朝鮮住民の追放事件 「反人道的な犯罪行為」=韓国大統領室(聯合ニュース)
 韓国の文在寅(ムン・ジェイン)前政権時代の2019年11月、船内で乗組員16人を殺害して逃亡した北朝鮮住民の男2人を北朝鮮に追放した事件を巡り、追放に抵抗する男の写真が公開されたことについて、韓国大統領室の姜仁仙(カン・インソン)報道官は13日、「自由と人権の普遍的な価値を回復するため、この事件の真実を究明する」との方針を明らかにした。

 統一部は12日、南北軍事境界線がある板門店で北朝鮮住民2人が北朝鮮に強制送還される際の写真を公開した。写真には北朝鮮への引き渡しに抵抗する様子が捉えられている。
(引用ここまで)


 2019年11月に同僚である漁船の乗組員16人を殺害したとして、韓国政府から北朝鮮に引き渡されたふたりの男性がいたのですね。
 脱北希望者ではないかともされていたのですが。
 当時のムン・ジェイン政権は「凶悪犯罪者であり、北朝鮮に引き渡す」の一点張りでした。
 実際に板門店経由で北朝鮮当局に引き渡してすべてを終わらせたのですね。

 この事案についてユン政権は「当時のムン政権の所業を調査する」と言い出したわけです。
 というのも、韓国政府は憲法で「朝鮮半島の唯一の合法政権」を名乗っています。
 つまり、北朝鮮住人はすべて韓国人である、ということなのですね。建前上というか設定上は。
 なので、このふたりが脱北を希望しているのであれば、憲法上はそれを受け入れるしかない。
 法律違反をしているのであれば、韓国国内に留め置いた上で裁かなければならないのです。

 もちろん、北朝鮮へ帰還することを希望しているというのであれば別です。
 しかし、ユン政権は「彼らは脱北を希望していた」とする証拠を出してきました。
 板門店で引き渡しに抵抗する件の人物の写真です。


 当時から「ムン・ジェイン政権は北朝鮮との間に波風を立てたくないので脱北者と言うことを認めなかったのではないか」という話は出てまして。
 建前上であっても「自国民」を北朝鮮に引き渡したのであれば、重大な犯罪と言わざるを得ない。
 しかも、北朝鮮当局は「脱北しても無駄だ。こうして韓国から引き渡される」という事例として、この件を利用しているそうですわ。

「脱北しても南が送り返す」…北朝鮮、精神教育に脱北漁師強制北送事件を活用(朝鮮日報)

 ムン・ジェインはその任期である5年に渡って、大統領としては一度も「脱北者との面会をしなかった」はじめての大統領です。
 これまでの韓国の大統領は「苦労させた自国民」(という設定)である脱北者と面会してきたものでしたが。
 北朝鮮当局からの覚えをよくするために、その裏切り者である脱北者には一度も会わなかった。
 そして、脱北してくる人民はこうして強制的に送還。

 ムン・ジェインは「人権弁護士」として大統領になったはずの人物でしたが。
 実際には北朝鮮の人々のことなんてどうでもよかった……というか、北朝鮮当局とコネを作ること以外はどうでもよかったということがこのことからもよく分かると思います。
 ムン・ジェイン政権時代、これ以外の脱北でも明らかに「手をこまねいている」シーンが少なからずありました。
 それらは糾弾されて然るべきだとは思いますね。

Twitterで更新情報をお伝えしています。フォローはこちら!→

"ムン政権時代に北朝鮮へ強制送還していた北朝鮮住民、実際には脱北希望者だった……ムン政権が「反人道的行動」に走った理由とは?"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント:[必須入力]