相互RSS募集中です

韓国でも新型コロナの感染者数が1週間前の倍、2週間前の4倍に……

韓国の新規コロナ感染者 前週比2.1倍=海外流入は2日連続300人超(聯合ニュース)
 韓国の中央防疫対策本部は14日、この日午前0時現在の国内の新型コロナウイルス感染者数は前日午前0時の時点から3万9196人増え、累計1864万1278人になったと発表した。新規感染者数は1週間前の2.1倍に上る。

 前日からは1070人減ったものの、前週の今月7日(1万8504人)の2.1倍、2週間前の先月30日(9591人)の4.1倍と急激に増加している。

 感染者の規模が急速に拡大していることを受け、政府は前日にワクチンの4回目接種の対象者を50代以上と18歳以上で基礎疾患がある人に拡大したが、感染防止策「社会的距離の確保」の強化は見送るとする防疫・医療対策を発表した。 (中略)

 重症者数は前日より2人多い69人となっている。重症者病床の使用率は11.0%で医療提供体制にはまだ余裕がある。
(引用ここまで)


 韓国の新型コロナの新規感染者数がだいたい4万人ほどに。
 日本でいうところのおおよそ10万人規模で、人口あたりで見る感染者数はほぼ同じレベルとなっています。

 より感染力の高いBA.5がどれだけ支配的か、ということによる感じですね。
 都内の感染者数も1万5000人を超えて2月の最大数を超えそうな勢い。ちょっと運が悪ければ感染の可能性がある、という感じになってきました。

 あと日本の場合は12歳未満の子供へのワクチン接種を努力目標としなかったことで、小児科がパニック状態に陥っている模様。
 「子供は重症化しない」っていうても、熱痙攣起こしたり、意識なくなったりしても挿管しないかぎりは重症じゃないってだけですからね。
 まだ3回目を打っていない人はノババックス摂取を視野に入れてもよいかもしれません。


 幸い、日韓共にまだ重症者数は少なめ。
 とはいえ、完全に1週間前の倍々ゲームが続いています。
 韓国では昨日から4次接種の対象者を50代以上+18歳以上の基礎疾患患者と変更したそうです。

韓国首相「ワクチン4次接種の対象者を拡大…50代・18歳以上の基礎疾患者にまで」(Wow! Korea)

 ムン・ジェイン政権は「K防疫最高!!」みたいなことを言っていましたが。
 普通の防疫措置を淡々とするだけになってきましたね。
 まあ、オミクロン変異体以降はそれまでとは対応が違って当然ってことでもあるのか。

 ちなみにいまだにゼロコロナを標榜する中国ではPCR検査にかかった費用が軍事費超えとの話も出てます。

中国「ゼロコロナ」維持のため、市民にPCR常態化政策 検査費用が国防予算を上回るとの試算も(東京新聞)

 コロナ禍の当初では、独裁国などの強権を振るいやすい国のほうが防疫において最適解を出せるのかもしれないとの言説が出てました。
 うちでもそんなことをちらっと書いてましたね。

 ただ、感染力が一定を超えた場合はそうではなく、かつ独裁国は柔軟性を持って措置を変更することができないので、よりたちの悪いことになるのかもしれません。
 それを考えるとK防疫から現状に変更できた韓国は中国に比べればまだ柔軟性があるということになるのか。

Twitterで更新情報をお伝えしています。フォローはこちら!→

"韓国でも新型コロナの感染者数が1週間前の倍、2週間前の4倍に……"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント:[必須入力]