相互RSS募集中です

韓国メディア「火器管制レーダー照射で正しかったのは韓国だ」「なのに日本はまだ謝罪もしていない」……うーん、この

軍、韓日関係「低姿勢」議論… 国民感情を見なければ(イーデイリー・朝鮮語)
2018年年末に始まった韓日間、いわゆる「哨戒機脅威飛行」あるいは「レーダー照射」葛藤はまだ終わっていない事件だ。戦後の事情と日本側が「決定的な証拠」と公開した動画、国際慣例などを総合してみると、我が艦艇が日本哨戒機を狙って射撃統制レーダーを稼動したという主張は信憑性が落ちる。むしろ日本側が韓国海軍艦艇に近接して脅威飛行をしたと見るのが妥当だ。

ところがユン・ソクヨル政府に入って両国はお互いの間違いを問うよりも葛藤を縫合する側に舵を切ったようだ。イ・ジョンソプ国防部長官は最近、国会で日本海上哨戒機に対する積極的な対応指針を破棄することも検討しなければならないと述べた。間違いを犯した日本が謝罪すらもなかったのにだ。「低姿勢」と映りかねない。 (中略)

日本はまだ韓日関係改善のためのジェスチャーを取っていない。大法院の判決に対する輸出規制もまだ解決されていない。それでも大統領室関係者は日本指導部の神社参拝を「慣習」といい、駐日大使は先に戦犯企業の資産強制売却に反対するような発言をした。現政府が日韓間協力する部分を考慮して「未来志向的視点」を強調することは理解する。しかし国民感情が考慮されなければならない。速度調節が必要だという話だ。我が軍の対日本軍事協力もそうしなければならない。
(引用ここまで)


 韓国海軍の広開土王艦による海上自衛隊のP-1に対する火器管制レーダー照射事件について、いまだに韓国メディアからは「脅威になる低空飛行をしたのは日本であって、韓国軍は火器管制レーダー照射などしていない」という立場である、という記事。
 徹底的に検証してみればいいのにね。

 韓国、日本ではなく、アメリカ等の複数の軍事評論家に「これらの資料からどのような事態であったかと思われるか」とか「日本のP-1による脅威はあったのか」って質問状を投げてみればいいんですよ。

 すでにコリン・コー氏をはじめとした識者の多くは「通常の哨戒飛行だった」と判断していますし。
 中国ですら「(日本の近接飛行は)非友好的であっても国際法には違反しない」と述べているほど。
 韓国側の立場を語ることが多い(多かった)スタンフォード大のダニエル・スナイダー教授すら「アメリカ政府、軍は日本の説明を正しいものとして受け入れている」と書かなければならなかったレベルで韓国の説明は拙いものでしたから。


 こうした話を見ると、よく分かるなあ……という記事がひとつありまして。
 以前ピックアップしたこともあるのですが。

「在日3世」の私が、「先進国の日本」から移住してわかった「韓国=後進国」という残酷な現実(現代ビジネス)

 この記事の筆者は「韓国人はNAVERでしか検索をしない。Googleなどはほとんど使われていない」ととあります。
 これ、実感としてよく分かります。韓国国内で完結してしまっていて、それ以上のことを調べない。

 そのもっともよく理解できる例として挙げられるのが二冊の嫌日流。
 徹頭徹尾、「ネットで見た」っていうていどの話を描き続けてましたからね。

 旧enjoykoreaでも「ファクトを調べてみろ」って言われたところで調べられない人がほとんど。
 そして貴重な「調べられる人」は「……日本人の言っていたことが本当だった」ってなってしまうのでした。
 彼らにはかわいそうなことをしてしまったなぁ……。

 そうした実感があるからこそ「高度な読解力を持つ韓国人は日本人の1/3」というPIAACによる統計が出たときに膝を叩いたのです。
 そういえばPIAACは第2回が行われたはずです。発表を待ちましょう。

Twitterで更新情報をお伝えしています。フォローはこちら!→

"韓国メディア「火器管制レーダー照射で正しかったのは韓国だ」「なのに日本はまだ謝罪もしていない」……うーん、この"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント:[必須入力]