相互RSS募集中です

韓国大統領室、日韓首脳会談の報道に対して「ノーコメント」と態度変化、韓国メディアからは「大統領府が外交順序を間違ったのでは?」との分析も……

大統領室、韓日首脳会談に否定的な日本の報道に「今はノーコメント」(アジア経済・朝鮮語)
大統領室は18日(現地時間)「韓日首脳会談開催の可能性は不透明」という日本メディアの報道と関連して「今は言及することは多くない。ノーコメント」と立場表明を控えた。

ユン・ソクヨル大統領のイギリス・アメリカ・カナダの3カ国歴訪に随行中の大統領室の上級関係者は、同日、イギリスロンドンで取材陣の関連質問に「韓日首脳会談については公式にノーコメント」と話した。

この関係者は「突発事項?これほどではない」とし「今後、良いきっかけと結論があるときに申し上げる」と話した。
(引用ここまで)


 「大統領室の上級高官」が「日韓首脳会談についての報道に対してはノーコメント」と言い出しました。
 誰かは分かりませんがユン大統領の外遊に随行しているということなので、相当に高位なのではないかと思われます。
 まあ、これで正式会談は完全になくなったかな。

 そもそも噛みあってませんでしたからね。日本政府とも外交部とも。

 大統領府が「首脳会談やるぞ」と言い出して。
   ↓
 日本政府は「なにも決定していない」と反論。
   ↓
 日本のメディアは「なにも聞いていない」「なんであんなことを言い出すのか」との政府高官の話を報道
   ↓
 韓国の外交部長官が「最終調整段階だ」とか言い出す。
   ↓
 日本メディアからは「首脳会談がなくなった」→韓国大統領府「発表に変化はない」
   ↓
 大統領府「やっぱりノーコメントにしておく」←イマココ

宇宙猫.jpeg

 国連総会では立ち話ていどの対話はあるだろう、くらいですかね。
 韓国メディアからは「大統領室が外交手順を知らなかったためにこうなった」との指摘が出ています。

慣行破った韓日会談発表に… 日本「事実無根」と抗議(ソウル新聞・朝鮮語)
首脳会談開催計画は、通常両国が確定した後、同時に発表するのが外交的慣例だ。ところが今回は大統領室が慣行を守らずに論議を呼んだわけだ。就任の初めから「未来志向的」韓日関係を標榜してきた韓国政府が成果を見せようとする意欲にあまり前進していったのではないかという観測が出ている。 (中略)

元外交部関係者は「内閣責任制である日本政府は議会との調律以前に首脳外交日程を公式発表することが難しい点を韓国政府が勘案していないようだ」(中略)日本国内では大統領室が急いで韓日首脳会談計画を発表したという雰囲気が支配的だ。(中略)外交消息筋は「韓国の一方的な発表に日本政府が不便だという立場だが、このような日本の状況をユン・ソクヨル政府が理解していない」とした。
(引用ここまで)

 外交プロトコルが分かっていなくて、こうなってしまったと。
 言ってみればこれもムン・ジェイン政権下でジャパンスクールの外交部官僚がどんどん辞めていった尻ぬぐいといえるかなぁ。


 ムン・ジェイン政権では完全に大統領室だけが外交を牛耳っていました。
 カン・ギョンファ外交部長官は完全にお飾りで「女性を長官(大臣に相当)にした」という実績解除のためだけに使われたというだけの存在で。
 たとえばGSOMIA破棄も大統領府だけで決定され、その決定をカン外交部長官は知らされただけとされていました。
 ムン・ジェインがヨーロッパ歴訪で唐突に「北朝鮮への制裁を解除することが重要だ」とか言い出した件についても、外交部は知らされていなかったとも。
 結果、「あの人はちょっとおかしい」って某国首脳から言われるようになったわけですが。

 そうして外交部自体を完全にお飾りにして冷遇した結果、人材が流出しまくったそうです。
 なおのこと「外交を知る人物」が少なくなって、大統領府が突出した形になった……と。

 今回もその系譜を継いでしまったのではないか、という感じがしますね。
 その結果、日本からは怒りを買い。
 アメリカとの首脳会談もいまだに正式発表ができない状況になっている、というわけです。
 ユン・ドクミン大使とか頭を抱えてそうだな……。

Twitterで更新情報をお伝えしています。フォローはこちら!→

"韓国大統領室、日韓首脳会談の報道に対して「ノーコメント」と態度変化、韓国メディアからは「大統領府が外交順序を間違ったのでは?」との分析も……"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント:[必須入力]