相互RSS募集中です

「韓国でスラムダンクの観客動員が200万人を突破、日韓関係の架け橋になるのか」……いや、コンテンツにそこまでの力ないよ

韓国でも映画「スラムダンク」が大ヒット 日韓関係の架け橋となるか(Forbes)
最近、韓国でもアニメ映画「THE FIRST SLAM DUNK」(井上雄彦監督)が旋風を巻き起こしている。公開から4週目に入っても、ずっとボックスオフィス1位を占めているからだ。現在までの観客動員数は195万人を超え、200万人を目前にしている。 (中略)

こうした現象について、日本のメディアも興味を示し「反日の風潮のなかで、なぜ?」とか「これが日韓関係を改善する架け橋になる」という論調の報道も多数見かけた。

日本側からすると、あれだけ反日を叫んでいた韓国の人たちが、今度はうって変わって日本のコンテンツに熱狂していることが理解できないのだろう。だから、これだけ日本のコンテンツを受け入れられるのであれば、反日は忘れて、これを機に日韓関係が改善すると考えるのかもしれない。だが、果たしてそうだろうか。

かつてコミックの「スラムダンク」が韓国語に翻訳された時、登場人物の名前や学校名は韓国名に入れ替わっている。つまり、日本のコンテンツとして受け入れられたというよりは、自分たちの物語として受け入れられていたのだ。 (中略)

これらがすべて日韓の架け橋になるという考えは少し楽観的かもしれないが、かつてとは異なり、あまり政治や両国の関係を気にせず、このようにエンタテインメントのコンテンツとして韓国の人たちにそのまま受け入れられるようになったことは望ましいことではある。
(引用ここまで)


 「スラムダンクで日韓友好が深まる」とかバカバカしい話をいまだにやっているし、期待している層がいる。
 ホントにバカバカしい。
 コンテンツなんてその場で消費されて終わりなんですよ。
 そしてそれでよし、なのです。

 以前、一橋大学の学生が「韓流を消費するだけではなく、日韓関係の歴史に向き合え」なんてアレな主張をしていましたが。
 そのほうがまだ主張として筋が通っている。主張そのものはアレでも。
 逆にいえば「コンテンツは消費されて終わり」ってことを知っているわけですね。

 冒頭記事の最後にある「エンタメのコンテンツを韓国の人たちにそのまま受け入れられるようになったことは望ましいことだ」なんてのは「ようやくそこに至った」レベルですしね。
 日本人からしたら「いや、おまえなに言ってんだ」ってレベルでしかないんだよなぁ。


 THE FIRST SLAM DUNKを見ながら、「萌え萌えキュン」って日本語を使ったゆるキャラを糾弾して吊すこともできるし。
 韓国ドラマを見ながら、「韓国は約束を守れ!」「仏像を返せ!」って言うこともできる。
 人間は多面的な生き物ですからね(心に棚があるともいう)。

 それと同様の話で「日韓○○万人が互いの国を旅行するから相互理解が進む」なんてのもありますかね。
 旅行して買い物して観光地を訪れて食事するってくらいですかね。
 日韓共に2泊3日くらいが普通。
 それでどんな相互理解が進むのやら。

 というか、日本人の韓国に対する解像度は10年前から圧倒的に上がっていると思いますよ?
 その解像度が上がった結果が「日本人の2/3が韓国人に親しみを感じていない」っていう世論調査なのですよ。
 そういえばそろそろ外交に関する世論調査の結果が発表される時期だなぁ。

Twitterで更新情報をお伝えしています。フォローはこちらから→


対馬から盗まれた仏像、高裁の「所有権は日本の寺」判決でもまだまだ返還への道は遠い模様

「浮石寺仏像」どうなるか… 「日本への所有権」判決にもかかわらず返還論争見通し(ニュース1・朝鮮語)
大田高裁が忠南西山浮石寺金銅観音菩薩座像の所有権が日本にあると判決したことと関連して搬出・略奪文化財の返還可否について関心が集まっている。 (中略)

それでは、浮石寺仏像は日本に行くのだろうか? これに対してある法曹界関係者は「現在では最高裁判所に上告すること以外に他の法的な解決方法は存在しない」とし「しかし、浮石寺側で同一性、連続性を確実に立証できない以上、高裁判決を覆すことは容易ではない」 と話した。 (中略)

ただ、裁判部がユネスコ協約に触れ「国際法的動向に復興して諸国が不法に搬出された文化財を返還した事例がある」、「仏像が日本に搬出されたのなら、韓国に返還されることが望ましい」と説明しただけに、仏像が西山の浮石寺に戻る可能性がないことではなさそうだ。
(引用ここまで)


 判決から2日が経っていますが、韓国メディアからはいくつかまだ報道が出ていますね。
 で、「不法に搬出された文化財は返還されるのが国際的な流れになっている」という部分から「韓国に留まる可能性もなくはない」といった論評になっています。
 引用部分の最後に裁判部(裁判所)がユネスコ条約に言及して「韓国に返還されることが望ましい」と述べた……とあるんですが。
 他の報道にはそうした記述がないんですよね。

 というか、ユネスコ条約に言及したのは「これは民事だから返還云々には言及しない。返還問題については政府同士でユネスコ条約や国際法に基づいて決めるべきだ」って文脈だとされているので。
 韓国メディアがひとつだけ変な主張をしている場合はだいたい間違っているので、今回もそうじゃないかなと思われます。
 こんな「韓国に有利」な部分があるのなら、他のメディアが騒がないわけがないですしね……。


 ちなみに今回の判決について原告の浮石寺からは「勇気のある大韓民国判事であればどうだったかと残念だ」とコメントしていて苦笑させられます。

盗難による国内搬入高麗仏像の所有権は日本の寺に… 2審原告敗訴で逆転(聯合ニュース・朝鮮語)

 つまり、一審の判決は「法理などを省みない、勇気のある判事であった」という話でもあるのですね(笑)。
 まあ、今回の判決以外にも「勇気のある判決」は山ほどありますが。

 言っておきますが「韓国の原則が反日無罪ではなくなった」ってわけではないですから。
 あくまでも「ひとつの異常な判決」が覆されただけ。

 そして「政権による圧力があった」というのも誤った認識。少なくとも仏像の所有権を争った裁判については。
 一審の公判はパク・クネ政権下で行われていましたからね。
 ただ、高裁判決まで5年以上かかったのはムン・ジェイン政権からなんらかの圧力があったとしても不思議ではありません。
 政権に不利になる判決が自分たちの政権下で出されないように調整していた可能性はあります。

 ぐっと返還に近づいたものの、まだまだ時間はかかるのだろうな、といったところです。
 ソースが見つからないので出せないのですが浮石寺側のコメントで「上告でダメなら国際法廷にも打って出る」まで言ってたニュースが判決当日にありましたから。

Twitterで更新情報をお伝えしています。フォローはこちらから→

楽韓さん、本日の動向 - 2TBのSSDを買おうかどうか悩む

【PR】通勤途中に本を聞こう! Amazon Audibleが2ヶ月無料のキャンペーン実施中です

 Amazonのタイムセール祭りが2日目。
 いつものようにおすすめ製品をピックアップしますが、下のバナー経由で買い物してくれても楽韓Webに小銭が入ります。



 ブラウザでカートに入れる→アプリで購入ってすると0.5%ポイント還元。

 2日目は洗剤類をメインにしてみましょうか。
 いつものアリエール、アタック×2で。アリエールのジェルボールが1個25円はかなり安いっすよ。





 あといつものバスタブクレンジングも。こすらずに掃除できるので腰によい。ホントに助かるよ。



 Amazonのリアップことミノキサンは2598円と暴力的な値段に。



 inバープロテインはいろいろ対象になっているのですがとりあえず3つピックアップ。
 たんぱく質16グラムのクランチチョコ、15グラムのベイクドビター、味のよいカフェオレ(10グラム)とあります。
 カフェオレ食べやすいんだよなぁ。





 以前おすすめしたタオル研究所からはハードユース用のタオルが安め。
 これはまだ使ったことがないので買ってみようかな。



 あとSSDはもう少し紹介しておきましょうか。ウエスタンデジタルのWD BLACK 850Xはハイエンドで高価ですが性能は間違いない。2TBのこれはかなり安いですね。



 バッファローの外付けSSD(1TB)は1万円を切っていて「安いなー」と買ったものがさらに安くなって8480円。Type-Cアダプターのついてるさらに高速版も1万円ちょい。
 やっぱりSSDは全般に安くなってますね。




 あと体質によっては花粉症によく効く小青竜湯が安いです。ドラッグストアでは2000円以上します。1451円は安い。



【PR】Kindle Unlimitedが2ヶ月99円のキャンペーン中です

 エーラージでマトンパヤとパロータ2枚のセット。スペシャルメニューですがこの週末くらいまではあるのかな?
 食べたいのなら電話で問い合わせたほうが無難。
 骨付きというか骨ごとというかごろりとマトンが入ってます。コクがすごい。

IMG_5025.jpeg

 エーラージのスペシャルは外せないんだよなー。

 今日のKindle日替りセールからのピックアップこちら。
どんな時代もサバイバルする人の「ビジネス力」養成大全
小宮一慶
ディスカヴァー・トゥエンティワン
2022-08-26

ムン・ジェインの最推し事業「太陽光発電」「AIデータラベラー」ともに汚職の温床となる……ですよね

文政府太陽光・AI事業投入された血税、業者がチューチュー…5人拘束起訴(文化日報・朝鮮語)
ソウル北部地検、国家財政犯罪合同捜査団(団長ユ・ジンスン部長検事)は、太陽光産業と人工知能(AI)学習用データ構築事業の不正を捜査して5人を拘束起訴し、関連資産の約66億ウォンを凍結したと2日明らかにした。

まず合同捜査団は産業通商資源部新再生エネルギー、金融支援事業による融資金計557億ウォンを横領した太陽光発電施設の施工会社代表3人を特定犯罪加重処罰法上の詐欺などの容疑で拘束起訴し、関係者17人を立件した。 捜査団によると、会社の代表A(46)氏は2019年5月から2021年12月まで計236回にわたって工事代金を水増しした偽の税金計算書を金融機関に提出する手口で太陽光発電所工事費の名目融資金の合計315億ウォンを受け取った容疑を受けている。 また、別の会社代表B(33)氏は、同様の手口で180億ウォンを、C(56)氏は62億ウォンを横領したものと調査された。 (中略)

捜査団はまた、科学技術情報通信部のAI学習用データ構築事業で、虚偽の職員を登録し、情報通信振興基金13億7000万ウォンを騙し取った疑い(特定経済犯罪加重処罰法上詐欺・補助金法違反など)で、データ加工会社代表のD(47)容疑者を拘束起訴し、関係者8人を立件した。

D氏は2021年5月から12月まで名義貸与者50人余りを組織的に募集し、韓国知能情報社会振興院からAIデータの構築事業関連の課題を受注した後、受けた研究開発費の一部を秘密資金で造成したり、マネー・ロンダリングした容疑を受けている。 (中略)

捜査団は「国家財政投入事業に対する慢性的・組織的な不正を明確に解明し、関連機関と協力して、国富の海外流出、犯行をして追跡して厳しく対処する」と強調した。
(引用ここまで)


 ムン・ジェイン政権が推し進めていた再生可能エネルギー事業、AIデータベース事業で詐欺があったとして相次いで逮捕立件。
 30億円だの6億円だのの数字が並んでいます。
 ……まあ、でしょうね。

 国家単位でこうした推進事業があって、民間が代行する場合にはこうした詐欺を働く団体が必ず出てくるのです。
 あ、ちなみにタイトルの「業者がチューチュー」は、実際には「業者がジャバジャバと」くらいの感じなのですが。
 うちの気分でこうなりました(笑)。


 ムン・ジェイン政権というかムン・ジェインの「理想とするキレイナ韓国」が空虚なものだったというのがよく分かるのではないでしょうか。
 実際には太陽光パネルが糞害で汚されて発電量は極小になり、それを清掃するために洗剤で水質汚染を招く
 そして、こうして利権、汚職の温床となる。
 石炭から天然ガスに移行するので石炭火力として建設していた発電所を天然ガス火力に変更させようとしたら、天然ガス価格が一気に高騰。
 そして電気料金の引き上げを凍結していたためにそのしわ寄せが全部いまになってきている。

 そして、AI向けデータラベラー ── AIに対して「この画像はこういうものを写している」と教える単純作業を10万人分の青年雇用を生む目玉としていたのです。
 なんでも「このスキルがその後にもつながるはず」とかいった話で。
 「韓国版ニューディール政策」でしたっけ?

 当然のことながら「電気管理士(大学の教室で電気が点けっぱなしになっていないかヘチェックする仕事)となにが違うんだ」ってされて、こうして「データラベラーに登録したことする」輩が出てきて汚職の温床。
 まあ、とても韓国らしいオチでしたね。

Twitterで更新情報をお伝えしています。フォローはこちらから→

韓国左派紙「日本の軍事大国化は世界が認めてしまっている事実」→分かる→「そこで国際市民社会が立ち上がり軍縮を公論化するのだ」……え?

[コラム]日本の軍事大国化をめぐる不都合な真実(ハンギョレ)
 日本が反撃能力(敵基地攻撃能力)の保有と5年以内に防衛費2倍引き上げを骨子とする新たな国家安全保障戦略を採択したことを受け、韓国でも様々な声があがっている。まず尹錫悦(ユン・ソクヨル) 大統領は「頭上でミサイルが飛び交い、核が飛んでくるかもしれないのに、それを防ぐのは容易ではない」とし、これに対応するための日本の軍備増強について「誰もとやかく言えないだろう」と述べた。

 一方、韓国内の中道・革新陣営では日本の軍事大国化とこれを擁護する尹錫悦政権に対して批判の声を高めている。日本が平和憲法と専守防衛の原則を無視し、攻撃能力の保有を試みること自体が問題だという主張だ。(中略)また、日本は有事の際、韓国の同意なしに北朝鮮を攻撃できるという立場を示しているが、これは北朝鮮を領土と明示した大韓民国憲法を無視するものだという批判もある。 (中略)

 しかし、国内ではあまり取り上げられない、しかし直視しなければならない不都合な真実もある。まず、北朝鮮は国連加盟国であり159カ国と国交を結んでいる。厳密に言えば、国際法的には主権国家である。(中略)国際法的に主権国家であり、北朝鮮政策の上で認めるべき対象である北朝鮮を韓国領土だと主張し、日本の敵基地攻撃論を批判することに果たして説得力があるのかという問いは、ここから始まる。韓国も北朝鮮の核使用の兆候を把握した場合、先制攻撃を認める軍事戦略を採択しているため、なおさらそうだ。

 現実的にはさらに重要な問題もある。世界のほとんどの国は自衛力を求めており、その要となるのは抑止力であり、抑止力を強化するためには攻撃力を備えなければならないという立場だ。 (中略)

 むろん、これらは日本の軍事大国化とこれを事実上支持している尹錫悦政権の態度を擁護するためではない。韓国のリベラル勢力が朝鮮半島や韓日関係の特殊性を掲げて批判ばかりしていては、国際社会から疎外されかねないという点を指摘するためだ。さらに重要なのは、普遍的価値に基づいた新たな代案の公論化の必要性を強調するためだ。 (中略)

 このような複合危機の悪循環に注目すれば、代案の公論化も可能になる。多国間による軍拡統制と軍縮がまさにそれだ。ちょうど5月には日本の広島でG7サミットが開かれる。また、9月には新しい気候サミットの開催が推進されている。もちろん、主要国の政府が自発的に軍縮に乗り出す可能性はほとんどない。そのため、国際市民社会が乗り出さなければならない。「何が重要なのか」を問いかけ、軍縮を公論化することに力と知恵を集めなければならない。
(引用ここまで)


 韓国の左派紙、ハンギョレによるコラム。
 日本の防衛能力増強について韓国では批判の声が多いが、日本のやりようはそこまで非難できるものではないとか書いていて「あれ?」ってなったんですけどね。
 「世界の国々で自衛力の要となるのは抑止力であり、そのためには攻撃力を備えなければならないと認識している」なんて部分はちょっと驚きをもって読みました。
 現実を見ているなぁ。

 実際のところ、ハンギョレをはじめとした左派は韓国において「自主国防」を掲げているので、日本の防衛能力増強に反対しにくい立場だっていうのもあるとは思います。
 ムン・ジェイン政権で掲げられた「空母、原潜保有」なんかも自主国防のためと認識したほうがよい代物。
 その究極的な目標は在韓米軍を追い出すことなのですけどね。ここ大事なのでテストに出ます。
 「韓国左派のいう『自主国防』の最終目標は米軍追い出し」


 日本ではちょっといろいろなものが足りない人たちが「岸田内閣が(中略)『抑止力』などという怪しい言葉が〜」とか「戦争の準備をすれば、戦争になる確率が高い」とか言っていますが。



 これらのアレな人々に比べるとハンギョレのコラムはまだ現実を見ているかな、と感じます。
 「韓国国民は日本の軍事大国化に不満を抱くのは当然かもしれないが、世界はそうは見ていない」ということ自体は理解していますからね。少なくとも抑止力というものの意味と意義を把握していますし。

 すでに岸田総理はドイツを除くG7各国を訪問し、首脳会談の場で防衛能力増強について賛同を得ています。
 世界がそのように動き、かつそうした現実があることは把握しているだけまだマシ。
 ただまあ、最後は「多国間による軍拡統制と軍縮を各国の市民社会が力と知恵を集めて乗り出さなければならない」とか言ってて苦笑を禁じ得ないのですが。
 市民社会がなにかできるんだったら早めにやってほしいですね。
 いや、マジで。

Twitterで更新情報をお伝えしています。フォローはこちらから→